俳句は【五・七・五のリズムでつくる定型詩(言葉の数や並び方が決まっている詩のこと)】ですが、どこかに季節を表す言葉をひとつ入れる(2つでも3つでもよい)というルールがあります。. 冬の季語を一覧にまとめました。 ※後半に「冬の俳句」の例句を300句ほどまとめてあります。 冬の季語:三冬(11月~1月)の時候 冬ざれ / 冬暖か / 盤渉調 / 冬の日 / 冬の朝 / 冬の暮 / 短日 / 冬の夜 /... 俳句で使用する新年の季語を一覧にまとめました。 ※後半に「新年の俳句」の例句を300句ほどまとめてあります。 新年(1月)の時候 新年 / 正月 / 初春. 俳句に秋らしさを出す!秋の季語を知ろう . Copyright © 2015-2020 骨董・着物買取の徳望庵 All Rights Reserved. 秋 9月. All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License. 稲刈りが終わると、 秋祭り が各地で行われます。 季語といえば、俳句。茶道で季語というと、ちょっと違和感を持つ方もいるかもしれませんね。, 季節感を大切にする茶道の世界では、茶杓や茶碗の「銘」には季節に関する言葉をつけてその季節に合ったお道具を取り合わせるのです。茶道でよく使う季節の言葉を、四季別にご紹介しましょう。, いよいよ暖かさも本格化。「若菜」が芽吹き、「春風」、「東風(こち)」が吹き、「霞」が立ち上ります。, また、雛祭りに関する言葉、 学校の卒業シーズンですので、「旅立ち」を意味する言葉も好んで使われます。, 花が咲き乱れ、春爛漫の季節。「花吹雪」「花錦」「花筏」といった花に関する言葉が好まれます。, また、桜の名所「隅田川」「吉野」もこの季節の言葉。「雲雀」も飛び交い、季節の言葉に不足はない月ですね。, 暦の上で夏に転じれば、茶道では炉をしまい、風炉を取り出します。「新緑」「若葉」が美しく、「薫風」爽やかで、「時鳥(ほととぎす)」の声が響く時季。, 後半は、梅雨に入り、うっとうしい季節。雨そのものを表す言葉よりも、涼しさを感じさせる「滝の糸」, 梅雨が明ければ、夏の強い日差しが差し込みます。「夕立」後には「虹の橋」がかかることも。「夏草」はグングン成長します。雑草のことなのですが、「八重葎」というと美しく響きますね。, お盆には、各地で「篝火」がたかれ、先祖の「おもかげ」を感じる方も多いのではないでしょうか。, お盆をすぎれば、秋の訪れが感じられます。日暮れも早まり、「秋の星」が夜空に美しく輝きますね。「蜩」が鳴き、そろそろ「虫の声」も聴こえてきますね。, 秋の嵐「野分」が通り過ぎると、「秋風」が吹き、 「秋の野」にはススキなどの秋草が満ち 「武蔵野」の風景が思い起こされます。, 「月影」「玉兎」は、お月見に 「菊慈童」「着せ綿」は、重陽の節句に関する言葉ですね。, 稲刈りが終わると、秋祭りが各地で行われます。 「里神楽」「笛の音」が響くことでしょう。, 茶道では、名残の趣向が好まれる時期。 「秋風」「秋の暮」「秋深し」といった 詫びた風情を醸し出す言葉が好まれます。, 立冬を過ぎれば、茶道の正月、炉開きです。 炉開きの席では、「吉祥」といった 御目出度い言葉が好まれます。, 紅葉が美しい頃合いですので、 「峰の紅葉」「錦秋」といった言葉に加え 「小倉山」「龍田川」といった紅葉の名所も好まれます。, お正月は「慶雲」「蓬莱」「宝船」「高砂」「三番叟」 といった、おめでたい言葉が好まれますね。, まだまだ寒い季節。 春の訪れを待ち望んで 「福寿草」「若菜摘」もこの時季に好まれます。, 季節の移り変わりの時季は、地域によって異なります。 また、温暖化によって、季節の訪れのタイミングも 変わってきました。, 月毎に、一般的に茶道で使われる言葉を選んでみましたが、 実際の季節の感覚と少し違っているかもしれません。, あくまで、こちらは参考にしていただいて、 自分の肌で感じる季節感を信じて 使うお道具の銘などは選んでくださいね!, ※実は着物を売った人の実に90%以上の人が タダ同然の値段で着物を売ってしまっています。, ・自宅まで無料で出張査定・買取 ・帯・帯締め・草履・小物も買取OK ・業界内トップシェア級で信頼できる ・電話対応で面倒な入力必要なし, また今は世界的に日本文化が人気で
着物の需要が 高まっているので
高価買取が期待できます。. top ☆ 【春の季語】 三春 初春 仲春 晩春 【夏の季語】 三夏 初夏 仲夏 晩夏 【秋の季語】 秋の嵐「野分」が通り過ぎると、 「秋風」 が吹き、 「秋の野」にはススキなどの秋草が満ち 「武蔵野」の風景が思い起こされます。 「月影」「玉兎」は、 お月見 に 「菊慈童」「着せ綿」は、 重陽の節句 に関する言葉ですね。 10月. 律の調べ / 秋の日 / 秋の朝 / 秋の昼 / 秋の暮 / 秋の宵 / 秋の夜 / 夜長 / 秋麗 / 秋澄む / 秋気 / 爽か / 身に入む /, 秋色 / 秋晴 / 秋旱 / 秋の声 / 秋の空 / 秋高し / 秋の雲 / 鰯雲 / 鯖雲 / 月 / 月代 / 上り月 / 降り月 / 弓張月 / 夕月夜 / 秋の星 / 星月夜 / 流星 / 碇星 / 秋風 / 色無き風 / 爽籟 / 秋の嵐 / 秋曇 / 秋湿り / 秋の雨 / 秋の村雨 / 稲妻 / 秋の虹 / 霧 / 露 / 秋の夕焼 / 釣瓶落し / 龍田姫 / 秋の山 / 山粧う / 秋の野 /, 秋園 / 花園 / 花野 / 秋の狩場 / 秋の田 / 秋の水 / 水澄む / 秋の川 / 秋の湖 / 秋の海 / 秋の潮 / 秋の浜 /, 秋の服 / 鱸膾 / 裂膾 / とろろ汁 / 夜食 / 枝豆 / 猿酒 / 秋の燈 / 燈火親しむ / 秋の宿 / 秋の蚊帳 / 秋団扇 / 秋耕 / 添水 / 案山子 / 鳴子 / 鳥威し / 田守 / 鹿火屋 / 鹿垣 / 砧 / 若煙草 / 新絹 / 野菜の秋蒔き / 下り簗 / 鯊釣 / 烏賊干す / 虫売 / 虫籠 / 秋の野遊び / 秋意 / 秋思 / 秋興 / 秋渇き / 運動会 / 夜学 /, 鹿 / 馬肥ゆる / 渡り鳥 / 色鳥 / 稲雀 / 鵙 / 鵙の贄 / 懸巣 / 鶸 / 交喙鳥 / 入内雀 / 鶺鴒 / 椋鳥 / 鵲 / 鶉 / 啄木鳥 / 鴫 / 落鮎 / 江鮭 / 鰍 / 黄顙魚 / 鰡 / 鱸 / 鯊 / 秋鰹 / 宗太鰹 / 秋鯖 / 秋鯵 / 鮗 / 鰯 / ひしこ / わらさ / 太刀魚 / 鮭 / 秋の蚊 / 秋の蠅 / 秋の蜂 / 秋の蝶 / 秋の蝉 / ちっち蝉 / 蜻蛉 / 赤蜻蛉 / 虫 / 竈馬 / 蟋蟀 / 蹊蚸 / 蝗 / 稲舂虫 / 稲虫 / 浮塵子 / 横這 / 蟷螂 / われから / 螻蛄鳴く / 蚯蚓鳴く / 地虫鳴く / 蓑虫 / 茶立虫 / 放屁虫 / 菊吸虫 / 芋虫 / 菜虫 /, 秋果 / 梨 / 青蜜柑 / 木の実 / 木天蓼 / 蔦 / 芭蕉 / 鶏頭 / 葉鶏頭 / 白粉花 / 鬼燈 / 菊 / 南瓜 / 糸瓜 / 夜蒔胡瓜 / オクラ / 秋茄子 / 芋 / 自然薯 / 薯蕷 / 仏掌薯 / 何首烏芋 / 唐辛子 / 生姜 / 稲 / 稲の花 / 陸稲 / 秋草 / 草の花 / 草の実 / 秋の七草 / 薄 / 刈萱 / 白茅 / 荻 / 葛 / 狗尾草 / 牛膝 / 藪虱 / 相撲草 / 忍草 / 初茸 / 椎茸 / 毒茸 / 天狗茸 / 月夜茸 / 紅茸 / 猿の腰掛 / 川苔 /, 残暑 / 新涼 / 文月 / 初秋 / 秋めく / 処暑 / 八月尽 / 立秋 / 八月 /, 送りまぜ / 秋の初風 / 秋の雷 / 盆東風 / 盆の月 / 初嵐 / 御山洗 / 天の川 /, 新豆腐 / 休暇明 / 相撲 / 鳩吹 / 小鷹狩 / 燈籠 / 豆引く / 秋扇 / 鷹打 / 大豆干す / 焼米 / 豇豆飯 / 秋の鵜飼 / 八月大名 / 大根蒔く /, 盆花 / 精霊舟 / 牽牛 / 願の糸 / 送り盆 / 気比祭 / 眠流し / 盆用意 / 六道参 / 百八燈 / 終戦記念日 / 庭の立琴 / 大文字 / 苧殻 / 文覚忌 / 蓮の飯 / 梶鞠 / 踊 / 盆綱引 / 震災記念日 / 盆竈 / 七姫 / 宗祇忌 / 摂待 / 応挙忌 / 二星 / 木歩忌 / 施餓鬼 / 七日の御節供 / 織女 / 星合 / 北野祭 / 相撲の節 / 七夕 / 竿燈 / 精霊火 / 衝突入 / 御射山祭 / 釜蓋朔日 / 玉取祭 / 吉田火祭 / 三島祭 / 二十六夜待 / 星の薫物 / 深川祭 / 盆 / 奉燈会 / 六斎念仏 / 七日盆 / 乞巧奠 / 了以忌 / 水巴忌 / 地蔵盆 / 盆狂言 / 清水千日詣 / 妻迎舟 / 支倉忌 / 迎火 / 送り火 / 硯洗 / 盆節季 / 数方庭祭 / 盆路 / 鹿島祭 / 墓参 / 後の薮入 / 燈籠流 / 刺鯖 / 梶の葉 / 真菰の馬 / 貸小袖 / 道灌忌 / 中元 / 聖母聖心祭 / 戸隠祭 / 盆休 / 七箇の池 / 解夏 / 清水星下り / 草の市 / 迢空忌 / 風の盆 / 義秀忌 / 愛宕火 / 茄子の馬 / 被昇天祭 / 生御魂 /, 蜩 / 仙入 / 鉦叩 / 鷹の山別 / 松虫 / 螽蟖 / 別烏 / 刺虫 / 秋の蛍 / つくつく法師 / 邯鄲 / 鷹の塒出 / 草雲雀 / 鰹の烏帽子 / 馬追 / 荒鷹 / 鈴虫 / 轡虫 / 蜉蝣 /, 新小豆 / 夜顔 / カンナ / 麝香草 / 模様莧 / 釣鐘人参 / 桐の実 / 秋の芽 / 桃の実 / 秋の蓮 / 蓼の花 / 野葡萄 / めはじき / 露草 / ジンジャーの花 / 藪からし / 鳳仙花 / 泡立草 / 煙草の花 / 冬瓜 / 点突草 / 紅冬瓜 / 千屈菜 / 豇豆 / 夕顔の実 / 西瓜 / 草牡丹 / 弟切草 / 茜草 / 馬鈴薯 / 芙蓉 / 朝顔 / ホップ / 小水葱の花 / 赤のまんま / 楤の花 / 雀の稗 / 臭木の花 / 青瓢 / 山葡萄 / 藤袴 / 落葵 / 茗荷の花 / 山椒の実 / 沢桔梗 / 木槿 / 秋桑 / 畦豆 / 田村草 / 棗の実 / 隠元豆 / 鬱金の花 / 鼠の尾 / 松虫草 / 大文字草 / 山茱萸の実 / 星草 / 桔梗 / 蕎麦の花 / 藤豆 / 薄荷の花 / 矢の根草 / 籬豆 / 鵯花 / 施覆花 / 女郎花 / 刀豆 / 草の香 / 桜茸 / 葛の花 / 蘡薁 / 鉄道草 / 男郞花 / 溝蕎麦 / 荻の声 / 大毛蓼 / 萩 / 野稗 / 葈耳 / 桐一葉 / 釣船草 / 楢茸 / 川芎の花 / 秋海棠 / 苔桃 / 弁慶草 / 水引の花 / 鳩麦 / ぬめり草 / 仙翁花 /, 秋分 / 八朔 / 龍淵に潜む / 秋社 / 九月 / 葉月 / 二百十日 / 冷やか / 仲秋 / 水始めて涸る / 秋彼岸 / かりがね寒き /, 高西風 / 初月 / 二日月 / 宵闇 / 無月 / 青北風 / 鮭颪 / 更待月 / 臥待月 / 真夜中の月 / 颱風 / 立待月 / 有明月 / 雁渡し / 富士の初雪 / 野分 / 菊日和 / やまじ / 雨月 / 三日月 / 名月 / 良夜 / おしあな / 居待月 / 待宵 / 黍嵐 / 十六夜 /, 秋簾 / 葡萄酒醸す / 豊年 / 葭戸蔵う / 栗飯 / 月見 / 障子洗う / 牡丹の根分 / 松茸飯 / 粟刈る / 渋取 / 秋袷 / 草花秋蒔く / 芍薬の根分 / 芥菜蒔く / 氷頭膾 / 胡麻刈る / 鮞 / 綿取 / 草泊 / 竹伐る / 罌粟蒔く / 鯷漬 / 障子襖を入れる / 簟名残 / 障子貼る / 糸瓜の水取る / 衣被 / 鹿狩 / 行水名残 / 新渋 / とんぶり /, 十日の菊 / 蘭盆勝会 / 鶴岡祭 / 素堂忌 / 筥崎祭 / 天使祭 / 敬老の日 / 御難の餅 / 秋の駒牽 / 宇佐放生会 / 太祗忌 / 後の雛 / 泣角力 / 秋狂言 / 吉野太夫忌 / 毛見 / 秋分の日 / 許六忌 / 遊行忌 / 蛇笏忌 / 尾花の粥 / 大宰府祭 / 高きに登る / 露月忌 / 聖母生誕祭 / 守武忌 / 南洲忌 / 愁思祭 / 後の出代 / 西鶴忌 / おくにち / 世阿弥忌 / 馬市 / 北野芋茎祭 / 十字架祭 / 乃木祭 / 秋場所 / 八幡放生会 / 聖ミカエル祭 / 鬼城忌 / 道元忌 / 司召 / 秋の釈奠 / 素十忌 / 太閤忌 / 定家忌 / 豊穣祭 / 八朔の祝 / 鬼貫忌 / 呑龍忌 / 秀野忌 / 鳳作忌 / 後の二日灸 / 秋季皇霊祭 / 子規忌 /, 秋蚕 / 稲負鳥 / 小鳥 / 海猫帰る / 八朔梅 / 蛇穴に入る / 初鴨 / 秋の蛙 / 尾花蛸 / 猿子鳥 / 燕帰る / 溢蚊 /, 菱の実 / 新大豆 / 葡萄 / 朝霧草 / 桜紅葉 / コスモス / 蓮の実 / 貴船菊 / 黍 / 嫁菜の花 / 舞茸 / 三七の花 / 蘭 / 零余子 / 甘藷 / 車前子 / 通草 / 鳥兜 / 薄紅葉 / 早稲 / 野菊 / 竹の実 / 棉 / 貝割菜 / 浜菊 / 甘蔗 / 高黍 / 間引菜 / 木賊 / 葉唐辛子 / 柳散る / 千振 / 紫苑 / 豨薟 / 玉蜀黍 / 岩蓮華 / 緑豆 / 田五加 / 藜の実 / 龍胆 / 秋薔薇 / 紫蘇の実 / 曼珠沙華 / 藍の花 / 真菰の花 / 茴香の実 / 刈安 / 鍾馗蘭 / 風船葛 / 石榴 / 思草 / 胡麻 / 磯菊 / 稗 / 芋茎 / 初紅葉 / 杜鵑草 / 苦参 / 竹の春 / 蘆の花 / 芙蓉の実 / 富士薊 / 秋薊 / 荒地野菊 / 衝羽根 / 粟 /, 霜降 / 寒露 / 朝寒 / 長月 / うそ寒 / 行く秋 / 秋深し / 雀蛤となる / 秋寒 / 九月尽 / 秋惜む / 夜寒 / 漸寒 / 肌寒 / 冷まじ / 冬隣 / 十月 / 暮の秋 / 秋寂ぶ / 豺獣を祭る / 晩秋 /, 露寒 / 秋時雨 / 露霜 / 露時雨 / 秋雪 / 大西風 / 秋の霜 / 後の月 /, 栗羊羹 / 紅葉衣 / 菊の酒 / 苦参引く / 崩れ簗 / 古酒 / 新酒 / 菱取る / 蘆火 / 稲架 / 冬仕度 / 秋納め / 小鳥狩 / 秋の炉 / 雁瘡 / 稲扱き / 稲干す / 菜種蒔く / 柚味噌 / 千振引く / 種採 / 栗の子餅 / 新綿 / ばい廻し / 初猟 / 濁酒 / 籾 / 鎌祝い / 蔓たぐり / 零余子飯 / 網代打 / 葛掘る / 秋繭 / 紫雲英蒔く / 桑括る / 根釣 / 干柿 / 芋煮会 / 新蕎麦 / 萩刈る / 夜なべ / 蘆刈 / 櫨ちぎり / 紅葉狩 / 夜庭 / からすみ / 高擌 / 菊枕 / 菊人形 / 柿羊羹 / 搗栗作る / 風炉の名残 / うるか / 新藁 / 菊花展 / 鰯引く / 鮭打 / 柚餅子 / 牛蒡引く / 凶作 / 俵網 / 新米 / 籾摺 / 浅漬大根 / 菊襲 / 新麹 / 囮 / 菊膾 / 紅葉の賀 / 萱刈る / 火恋し / 藁塚 / 稲刈 / 薬掘る / 温め酒 / 松手入 / 茸狩 / 橡餅 / 牧閉す / きりたんぽ / 木賊刈る /, 万聖節 / 蓼太忌 / 紅葉忌 / 大津祭 / 菊供養 / 宝の市 / 地芝居 / 不堪田の奏 / 広重忌 / 金刀比羅祭 / 素逝忌 / 白雄忌 / 穴織祭 / 誓文払 / 保己一忌 / 桂郞忌 / 千代尼忌 / 鞍馬の火祭 / 岩倉祭 / 諸霊祭 / 源義忌 / べったら市 / 菊の着綿 / 文化の日 / 重陽 / 夢窓忌 / 伊勢御遷宮 / ロザリオ祭 / 正倉院曝涼 / 城南祭 / 鳥羽僧正忌 / 太秦の牛祭 / 鹿の角切 / 国民体育大会 / 芝神明祭 / 芸術祭 / 体育の日 / 丹生川上祭 / 例幣 / 赤い羽根 / 宣長忌 / 御命講 / 松前帰る / 言水忌 / 去来忌 / 時代祭 / 神嘗祭 /, 熊の架 / 田雲雀 / 頭高 / 鴲 / 栗虫 / 落鮒 / 鷹渡る / 蜂の仔 / 雁 / ひいらぎ / 落鰻 / 鶲 / 秋刀魚 / 残る虫 / 鵯 / 連雀 / 落かいず / 鶫 / 尾越の鴨 / 花咲蟹 / 鴇 / 鶴来る / 猪 / 落鯛 / 木の葉山女 / 紅葉鮒 / 坂鳥 / 紅葉たなご / 獦子鳥 /, 瓢の実 / 草紅葉 / 五倍子 / 団栗 / 中稲 / 珊瑚樹 / 新松子 / 木犀 / 郁子 / 一位の実 / 杉の実 / 枳梖 / 中抜大根 / 樫の実 / 厚岸草 / 橡の実 / 烏瓜 / 紅葉かつ散る / 晩稲 / 吉祥草 / 枳殻の実 / 飯桐の実 / 椋の実 / 岩茸 / サフランの花 / 茯苓 / 柚子 / 木瓜の実 / 水木の実 / 椿の実 / 漆の実 / 柑子 / 柿 / 末枯 / 雑木紅葉 / 榲桲 / 松茸 / 落花生 / 朝顔の実 / 破芭蕉 / 浜木綿の実 / 椎の実 / 白膠木紅葉 / 種茄子 / 残菊 / 檀の実 / 湿地茸 / 茨の実 / 梅紅葉 / 蘆の穂絮 / 照葉 / 隼人瓜 / 胡桃 / 橘 / 栗 / 黄葉 / 梔子の実 / 万年青の実 / 臭木の実 / 榛の実 / 無患子 / 紅葉 / 水草紅葉 / 栗茸 / 銀杏 / 紫式部 / 合歓の実 / 銀杏黄葉 / 錦木 / オリーブの実 / 茘枝 / 正木の鬘 / 数珠玉 / 落穂 / 菩提子 / 皀角子 / 檸檬 / 楢の実 / 油桐の実 / 楓 / 種瓢 / 梅擬 / 懸崖菊 / 柾の実 / 楝の実 / ななかまど / 朴の実 / 火焔菜 / 美男葛 / 榠樝の実 / 敗荷 / 莢蒾の実 / 榧の実 / 銀杏散る / 摣子の実 / 柏黄葉 / 秋茱萸 / 林檎 / 木豇豆 / 玉水木 / 黄落 / 初滑子 / 金柑 / 櫨の実 / 酢橘 / 柞紅葉 / 榎の実 / みせばや / 辣韮の花 / 萱 / 吾亦紅 / 晩菊 / 穭 / 蔓梅擬 / 鵯上戸 / 枸杞の実 / 漆紅葉 / 櫨紅葉 / 色変えぬ松 / 名の木散る / 黐の実 / 信濃柿 / 藤の実 / 海桐の実 / 茸 / 山梨 / 無花果 / 秋の季語:次. そして、この季節を表す言葉を 「季語」 と呼びます。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/19 02:11 UTC 版), - 秋 - 初秋 - 八月 - 文月 -長月-霜月- 立秋 - 残暑 - 秋めく - 新涼 - 処暑 - 八月尽 - 二百十日 - 仲秋 - 九月 - 葉月 - 八朔 - 白露 - 秋分 - 秋彼岸 - 秋の社日 - 龍淵に潜む - 水始めて涸る - 晩秋 - 十月 - 長月 - 律の調べ - 寒露 - 雀蛤となる - 秋の日 - 秋の朝 - 秋の昼 - 秋の暮 - 秋の宵 - 秋の夜 - 夜長 - 秋麗 - 秋澄む - 秋気 - 爽やか - 冷やか - 身に入む - 秋寒 - そぞろ寒 - やや寒 - うそ寒 - 肌寒 - 朝寒 - 夜寒 - かりがね寒し - 霜降 - 豺獣を祭る - 冷まじ - 秋寂ぶ - 秋深し - 暮の秋 - 行く秋 - 秋惜む - 冬隣 - 九月尽 -天高し, 秋色 - 秋晴 - 菊日和 - 秋旱 - 秋の声 - 秋の空 - 天高し - 秋の雲 - 鰯雲 - 鯖雲 - 月 - 待宵 - 名月 - 十六夜(いざよい) - 後の月 - 星月夜 - 秋の星 - 天の川 - 流星 - 碇星 - 秋の初風 - 秋風 - 初嵐 - 秋の嵐 - 野分 - 颱風 - 秋曇 - 秋湿り - 秋雨 - 秋時雨 - 富士の初雪 - 秋の初雪 - 秋の雷 - 稲妻 - 秋の虹 - 霧 - 露 - 露寒 - 露霜 - 秋の初霜 - 秋の夕焼 - 釣瓶落し - 龍田姫 -, 秋の山 - 山粧う - 秋の野 - 枯野の色 - 野山の色 - 野山の錦 - 秋の園 - 花園 - 花畑〔「秋の草花が咲いた畑」のこと〕 - 花野 - 秋の狩場 - 秋の田 - 刈田 - 穭田(ひつじた) - 落し水 - 秋の水 - 水澄む - 秋の川 - 秋出水 - 秋の湖 - 秋の海 - 秋の潮 - 初潮(はつしお) - 高潮 - 盆波 - 秋の浜 - 不知火, 秋の服 - 秋袷 - 菊の襲 - 紅葉の襲 - 秋の燈 - 燈火親しむ - 秋の宿 - 秋の蚊帳 - 秋扇 - 秋団扇 - 秋簾 - 菊枕 - 燈籠 - 行水名残 - 障子洗う - 障子貼る - 障子襖を入れる - 葭戸蔵う - 簟名残 - 火恋し - 秋の炉 - 風炉の名残 - 冬仕度 - 松手入れ - 秋耕 - 八月大名 - 添水 - 案山子 - 鳴子 - 鳥威し - 田守 - 鹿火屋 - 鹿垣 - 稲刈 - 籾 - 豊年 - 凶作 - 新藁 - 藁塚 - 夜なべ - 俵編 - 砧 - 相撲 - 月見 - べい独楽 - 菊花展 - 菊人形 - 虫売 - 虫籠 - 秋の野遊 - 茸狩り - 紅葉狩 - 芋煮会 - 秋意 - 秋思 - 秋興 - 休暇明け - 運動会 - 夜学, - 紅葉 - 落葉 - 彼岸花 - 藤袴 - 桔梗 - ダリア - 萩 - 女郎花 - 芒 - コスモス - 鶏頭 - 金木犀 - 菊 - 竜胆 - 背高泡立草 - 芋 - 瓜 - 糸瓜 - 撫子 - 葛の花 - 朝顔, 季語一覧のページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, All text is available under the terms of the. 俳句で使用する秋の季語を一覧にまとめました。※後半に「秋の俳句」の例句を180句ほどまとめてあります。秋の季語:三秋(8月~10月)の時候律の調べ / 秋の日 / 秋の朝 / 秋の昼 / 秋の暮 / 秋の宵 / 秋の夜 / 夜長 / 秋麗 5000季語一覧. 季語と歳時記 きごさい歳時記.