Copyright © 2020 Gentosha Gold Online LLC.

» 成長株 » 【米国株動向】ピンタレスト決算が予想を上回り、株価が31%急上昇, 画像共有サービスのピンタレスト(NYSE:PINS)は、10月28日に第3四半期(9〜10月)決算を報告しました。, これは、市場予想を上回る増収増益と、第4四半期の決算ガイダンスがコンセンサスよりもはるかに高くなっていることに起因しています。, ピンタレストの株価は、年初来から約340%増となっており、その成長ぶりが伺い知れます。, メールアドレスを登録することで、モトリーフール・ジャパンの全記事を閲覧することができます。また、定期的に米国株市況の情報をメールマガジンで受け取ることができます。, メールアドレスを登録することでウェブサイト、商品やサービスに関して最新情報をお届けすることに同意するものとします。また、メールマガジンに登録されます。随時登録の解除をできるものとします。個人情報保護方針と利用規約をご確認ください。, 2019年4月に新規株式公開(IPO)を行ったピンタレストにとって、この四半期がどのようなものになったかを次に示します。, 売上高の成長は、前四半期のパンデミックによる景気後退からの広告支出の回復と、月間アクティブユーザー数の増加によって促進されました。, ウォール・ストリートの予想は売上高3億7,770万ドルと調整後1株あたり利益が0.02ドルであり、結果としてピンタレストは両方を大幅に上回る決算を発表したことになります。, 米国のMAU数は前年比13%増の9,800万人となりましたが、米国外のMAU数は46%増の3億4,300万人でした。, ピンタレストは米国外のユーザーが多いにもかかわらず、第3四半期の総売上高の約84%は、米国における広告販売によるものです。, 実際、米国内でのARPUは3.85ドルとなりましたが、米国外のARPUは0.21ドルとなっています。, したがって、米国の月間アクティブユーザーが1人増えるということは、18の新しい米国外の月間アクティブユーザーが18人増えることと同じになります。, この米国内外でのARPUの大きな隔たりは、同社の海外ユーザーの多くが発展途上国にいるためです。, なお、SNS最大手のフェイスブックは、第2四半期の終わりに約27億人の米国外MAUがいました。, この見通しは、ウォール・ストリートの予想である前年比32%増よりもはるかに強気です。, そしてこうした企業は、投資家にとって素晴らしい投資機会をもたらす可能性があります。, 大統領選において、ホワイトハウス及び連邦議会が民主党一色に染まったときに注目すべき5銘柄を紹介します。, 「米民主党の「青い波」がきたときに注目の5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です), 免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。Randi Zuckerbergは、フェイスブックのマーケティング開発部の元ディレクターおよび元スポークスウーマンであり、マーク・ザッカーバーグCEOの姉です。Randiはモトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Beth McKennaは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、フェイスブック株、ピンタレスト株を保有し、推奨しています。, 無料メールマガジンに登録すると、米国本場の情報が満載の「スペシャルフリーレポート」を閲覧することができ、定期的に米国株市況の情報が届きます。, 【米国株動向】ハイテクセクターへのバリュー投資ならインテルは忘れてこの3銘柄に注目. Dividend.com 米国株の配当金を綺麗なグラフで見たい場合には [図表1]トランプ米政権4年間における米国株の動き① (注)数字は騰落率で単位は%。2016年は11月7日から12月30日。2017年は2016年12月30日から2017年12月29日。2018年は2017年12月29日から2018年12月31日。2019年は2018年12月31日から2019年12月31日。 The DRiP Investing Resource Center アメリカ株で手軽にサクッと連続増配年を調べたい場合には. PayPal(PYPL)の決算は、2020年11月2日(月) 16:15(日本時間:2020年11月2日(火) 7:15)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$5.40 Bで、予想EPSは0.95ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は23.3%となっています。, Arista Networks(ANET)の決算は、2020年11月2日(月) 16:05(日本時間:2020年11月2日(火) 7:05)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$580.47 Mで、予想EPSは2.21ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は4.6%となっています。, GW Pharmaceuticals(GWPH)の決算は、2020年11月3日(火) 16:00(日本時間:2020年11月3日(水) 7:00)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$126.84 Mで、予想EPSは-0.63ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は39.4%となっています。, MercadoLibre(MELI)の決算は、2020年11月4日(水) 16:00(日本時間:2020年11月5日(木) 7:00)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$975.90 Mで、予想EPSは0.08ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は61.8%となっています。, QUALCOMM(QCOM)の決算は、2020年11月4日(水) 16:00(日本時間:2020年11月5日(木) 7:00)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$5.94 Bで、予想EPSは1.22ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は23.4%となっています。, Zynga(ZNGA)の決算は、2020年11月4日(水) 16:05(日本時間:2020年11月5日(木) 7:05)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$628.10 Mで、予想EPSは0.09ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は81.9%となっています。, Match Group(MTCH)の決算は、2020年11月4日(水) 16:10(日本時間:2020年11月5日(木) 7:10)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$604.39 Mで、予想EPSは0.46ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は11.6%となっています。, Alibaba Group Holding(BABA)の決算は、2020年11月5日(木) 6:35(日本時間:2020年11月6日(金) 19:35)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$22.89 Bで、予想EPSは2.11ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は37.5%となっています。, Peloton Interactive(PTON)の決算は、2020年11月5日(木) 16:05(日本時間:2020年11月6日(金) 7:05)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$727.51 Mで、予想EPSは0.13ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は219.1%となっています。, Roku(ROKU)の決算は、2020年11月5日(木) 16:00(日本時間:2020年11月6日(金) 7:00)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$354.45 Mで、予想EPSは-0.41ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は35.8%となっています。, Square(SQ)の決算は、2020年11月5日(木) 17:15(日本時間:2020年11月6日(金) 8:15)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$1.99 Bで、予想EPSは0.17ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は57.1%となっています。, Uber Technologies(UBER)の決算は、2020年11月5日(木) 16:05(日本時間:2020年11月6日(金) 7:05)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$3.10 Bで、予想EPSは-0.59ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は-18.7%となっています。, Cloudflare(NET)の決算は、2020年11月5日(木) 16:15(日本時間:2020年11月6日(金) 7:15)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$103.12 Mで、予想EPSは-0.05ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は39.5%となっています。, Trade Desk(TTD)の決算は、2020年11月5日(木) 16:00(日本時間:2020年11月6日(金) 7:00)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$180.66 Mで、予想EPSは0.42ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は10%となっています。, Electronic Arts(EA)の決算は、2020年11月5日(木) 16:00(日本時間:2020年11月6日(金) 7:00)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$926.70 Mで、予想EPSは0.04ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は-31.3%となっています。, T-Mobile(TMUS)の決算は、2020年11月5日(木) 16:00(日本時間:2020年11月6日(金) 7:00)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$18.25 Bで、予想EPSは0.54ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は65.0%となっています。, BigCommerce Holdings(BIGC)の決算は、2020年11月5日(木) 16:05(日本時間:2020年11月6日(金) 7:05)に決算発表予定。, Alteryx(AYX)の決算は、2020年11月5日(木) 16:05(日本時間:2020年11月6日(金) 7:05)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$112.38 Mで、予想EPSは0.06ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は8.7%となっています。, Invitae(NVTA)の決算は、2020年11月5日(木) 16:05(日本時間:2020年11月6日(金) 7:05)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$61.49 Mで、予想EPSは-0.60ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は8.8%となっています。, Guardant Health(GH)の決算は、2020年11月5日(木) 16:00(日本時間:2020年11月6日(金) 7:00)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$67.02 Mで、予想EPSは-0.34ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は10.1%となっています。, Emergent Biosolutions(EBS)の決算は、2020年11月5日(木) 16:00(日本時間:2020年11月6日(金) 7:00)に決算発表予定。, ・コンセンサス売上予想は$451.85 Mで、予想EPSは2.05ドル。・コンセンサスの予想では、売上成長率は44.9%となっています。, 【2020/11/2週】米国株の注目決算銘柄と事前コンセンサス予想一覧。注目はPayPal、MercadoLibre、Alibaba、Peloton、Roku、Square、Cloudflare、Trade Deskなど, 米国企業への投資を行っている株式投資家に向けて、投資に役立つ情報を投稿していきます。 記事テーマは米国企業の決算レポートやマーケット情報、経済動向など。私自身のポートフォリオも公開していく予定です。 あれあれどうして。結構魅力的? と思ったのが正直なところです。 同社は、ここ数年の 平均売上成長率は約50% を超えているものの、 per:20倍前半 roe:20%以上 時価総額:$50億以下($30億程度) という条件に当てはまっており成長株なのにperが20倍台と今の株式市場を見ると割安の水準にいるのではないかと思い、同社について調べてみる事にしました。

そして、僕の米国株ポートフォリオにも 『インテル、入ってません』 。 なぜかって、特に気に留めていなかっただけですが、調べてみたら. 米国株の連続増配年数を調べる方法 3つのサイトを紹介. 決算後に株価が下落した原因は?. 画像共有サービスのピンタレスト(nyse:pins)は、10月28日に第3四半期(9〜10月)決算を報告しました。そして同社株価は、28日の時間外取引で31.5%上昇しました。これは、市場予想を上回る増収増益と、第4四半期の決算ガイダンスがコンセンサスよりもはるかに高くなっていることに起因し … 【市川雅浩・チーフマーケットストラテジスト】マーケットレポート/三井住友DSアセットマネジメント, 【市川雅浩・チーフマーケットストラテジスト】マーケットレポート/三井住友DSアセットマネジメント【第196回】, 【第197回】 トランプ米政権の4年間を振り返る~ドル円と米長期金利はどう動いたか, 11/17 【WEB】 コロナショックでノックイン頻発!!富裕層が失敗した「仕組債」の実例研究, 11/17 【WEB】 銀行・証券会社では教えてくれない、日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方, 11/17 【WEB】ウィズコロナをリードすべく奮闘を続ける 「オーストラリア」の最新事情と投資環境, 11/17 【WEB】 個人でも活用が可能!いまこそ狙い目の小型航空機・ヘリコプター投資とは, 11/18 【WEB】一部の企業オーナーだけが実践している決算対策「オペレーティングリース」投資の基礎講座, 11/18 【WEB】 投資対象として大注目!償却メリットも狙える「空き家」再生の最新事情, 11/18 【WEB】 ここまで考えなければ保険活用の価値はなし! 「出口戦略」を中心に考える生命保険活用術 <2020年11月版>, 11/25 【WEB】 なんとなく保険に入ってくれる日本人は最高のカモ 保険のダメな部分の見極め方と付き合い方, 11/25 【WEB】<企業オーナー・クリニックオーナー・個人投資家向け> 豊かな生活・タックスマネジメントのための「海外プチ移住」の進め方, 11/25 【参加者限定】 資産運用のプロから直接「本音」が聞ける! IFA口座開設済みのお客様限定/特別フリートークセッションライブ, 11/29 【福岡会場】 オンラインでは絶対に話せない 新しい法人保険の活用事例<2020年11月版>, 11/29 【福岡会場】 ネットで検索しても出会えない 相続対策・資産運用型保険の活用事例, 12/01 【WEB】 コロナショックの今だからこそ考えるべき 「老朽不動産」「負動産」の出口戦略(基礎編), 12/01 【WEB】 インターネット法務に精通した弁護士による初心者のための「仮想通貨」投資の法的リスクと対策, 12/02 【WEB】一部の企業オーナーだけが実践している決算対策 「オペレーティングリース」投資の基礎講座, 12/02 【WEB】 『お勧めの投資信託』を買う前に知っておきたい投信販売の実態, 12/03 【WEB】税制改正にコロナパンデミック...今こそ考える「ハワイ不動産」の出口戦略, 12/09 【WEB】 失敗事例から学ぶ「立退交渉・賃料増減額・新型コロナ渦の賃料減額対応」, 12/09 【WEB】 子弟の本格留学を考える富裕層のための 「スイス・ボーディングスクール」の知られざる魅力, 12/13 【名古屋会場】 オンラインでは絶対に話せない 新しい法人保険の活用事例<2020年12月版>, 12/13 【名古屋会場】 ネットで検索しても出会えない 相続対策・資産運用型保険の活用事例, 12/15 【WEB】銀行・証券会社では教えてくれない、日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方, 12/15 【WEB】 世界25ヵ国、約64兆円の機関投資家・富裕層資金を運用する、 米国アライアンス・バーンスタインだから語れる「人生100年時代の資産延命術」, 12/17 【WEB】弁護士が解説!特殊詐欺、知的財産権、建物明渡、相続… 富裕層のための「トラブルからの資産防衛」, 12/17 【WEB】コロナショックでノックイン頻発!!富裕層が失敗した「仕組債」の実例研究, 12/19 【会場】国内不動産オーナー必見! 融資を活用した「海外不動産投資」の進め方.

上回る決算を発表。成長率も25%と引き続き好調を維持しているにも関わらず、 #記事はあくまで個人の意見であり、如何なる投資を勧めるものではありません。, PayPal(PYPL)FY20 Q3決算レポート。EPS、売上ともにコンセンサス予想を

米国と日本の間では、会計ルールや慣行、その他投資の慣行等において差異がございます。 そのため、上記の日本語訳は一般的と考える日本語を示したもので、それらの項目が日本の会計ルールや慣行、その他投資の慣行と同条件で計算されたものであることを示すものではございません。 【医師限定】勤務医のための投資勉強会/30代勤務医だから実践できる「次世代不動産投資」の全貌, 市川 雅浩,三井住友DSアセットマネジメント株式会社 調査部2020.10.21マーケットレポート, 本連載は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供する「市川レポート」を転載したものです。, ●2016年の米大統領選後は政策期待で、2017年は税制改革の推進で、米国株は大きく上昇。, ●2018年は米中貿易摩擦問題で株安、2019年は米中対立激化も、FRBの連続利下げで株高。, ●2020年はコロナ渦でハイテク中心に上昇、長期的な株価動向はやはり金融・財政政策がカギに。, 今回のレポートでは、トランプ米政権の4年間を振り返り、米国株はどのように動いたかを検証します。はじめに、前回の米大統領選挙後の反応を確認します。2016年11月8日の米大統領選において、トランプ氏の勝利が決定すると、同氏の大規模減税などの政策を好感して世界的に株価が上昇し、いわゆる「トランプ・ラリー」と呼ばれる現象が発生しました。米国でも年末にかけて主要3指数がそろって大きく上昇しました(図表1、2)。, 2017年のトランプ米政権1年目も、米国株の堅調推移が続きました。トランプ氏はこの年、中間所得世帯を中心とする減税や、法人税率の引き下げを柱とする税制改革を推進し、ダウ工業株30種平均など主要3指数は年間で2ケタの上昇となりました。また、業種別では、情報技術の上昇率が36.9%と最も大きく、市場で「GAFAM」と呼ばれるアルファベット(グーグル持ち株会社)など5銘柄も大幅高となりました。, 2018年の政権2年目において、トランプ氏は通商政策で対中強硬姿勢を鮮明にし、米中貿易摩擦問題が株式市場の懸念材料となりました。また、同年11月6日の米中間選挙では、民主党が下院の過半数議席を奪取する結果となりました。この年、米主要3指数はそろって下落し、業種別ではヘルスケアと公益事業を除く9業種が、また、GAFAMではアルファベット、アップル、フェイスブックが、それぞれマイナス圏に沈みました。, 2019年の政権3年目において、トランプ氏は中国製品に対する制裁関税を段階的に導入し、米中貿易摩擦問題は一段と深刻化しました。こうしたなか、米連邦準備制度理事会(FRB)は、貿易問題を巡る不確実性を挙げ、7月、9月、10月と、連続利下げに踏み切りました。その結果、この年の米主要3指数はそろって2ケタの上昇となり、業種別では11業種全てが、また、GAFAMも5銘柄全てが、大幅高となりました。, 2020年の政権4年目は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、金融市場は世界的に大きく混乱しました。しかしながら、米国では大規模な経済対策と積極的な金融緩和により、株式市場はほぼ落ち着きを取り戻しています。ただ、コロナ禍による生活様式の変化で、非対面・非接触の機会が増えるなか、主要3指数ではハイテク株中心のナスダック総合株価指数、業種別では情報技術、そしてGAFAMの強さが突出しています。, トランプ米政権の4年間で米国株は大きく上昇しましたが、その原動力となったのは、当初はトランプ減税であり、その後の米中貿易摩擦という悪材料は、FRBの連続利下げで緩和されました。また、コロナ・ショックは積極的な金融・財政政策を呼び、結果的にハイテク株の急騰につながりました。来月の大統領選挙で、トランプ氏、バイデン氏、どちらが勝利しても、長期的な株価の方向性は、やはり金融・財政政策がカギを握ると思われます。, ※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『トランプ米政権の4年間を振り返る~米国株はどう動いたか』を参照)。, 旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)で為替トレーディング業務、市場調査業務に従事した後、米系銀行で個人投資家向けに株式・債券・為替などの市場動向とグローバル経済の調査・情報発信を担当。現在は、日米欧や新興国などの経済および金融市場の分析に携わり情報発信を行う。著書に「為替相場の分析手法」(東洋経済新報社、2012/09)など。CFA協会認定証券アナリスト、国際公認投資アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員。, 調査部は、総勢25名のプロフェッショナルを擁し、経済や金融市場について運用会社ならではの高度な分析を行い、それぞれの見通しを策定、社内外に情報発信しています。三井住友DSアセットマネジメントの経済・金融市場分析面での中枢を担っている他、幅広い投資家に良質な情報を伝えるべく、活動する機会や媒体は多岐にわたります。年間で約1,000本の市場レポートを作成し、会社のホームページで公開中(2018年度実績)。, 連載【市川雅浩・チーフマーケットストラテジスト】マーケットレポート/三井住友DSアセットマネジメント, 【ご注意】●当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。●当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、三井住友DSアセットマネジメント、幻冬舎グループは責任を負いません。●当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。●当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。●当資料は三井住友DSアセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。●当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。●当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。, メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。.