右肩上がりの市場であり、世界を代表... https://lightningshift.com/wp-content/uploads/2020/05/-ありがとう-2-1-e1590835543679.png.

フォードは8.6%、石油のエクソンモービルにいたっては9.3%と非常に高配当となっています。, 必ず、売り上げや利益を確認するとともに、誰もが必要としている商品、サービスを永続的に提供できるか見極める必要があります。, 特にアメリカの企業は株主を大切にする文化があり、配当による還元に重点を置いています。, 皆さんが知っているような企業の配当をランキング形式でまとめてみました。 2020/9, ウォーレンバフェットが述べているように、おすすめ、有望銘柄とは誰もが必要とする商品、サービスを永続的に提供する企業の株であると考えます。, ネットフリックス, ユニリーバ、ANA、CANON、SONY BANK、docomoなど挙げたらきりがありません。, 企業だけでなく、政府、公共機関も採用しており、もはやインフラとして機能しています。, また、アマゾンは人工衛星を使ったインターネット通信事業にも進出することを発表しました。, コカコーラは、ファーストフード店のみならず、飛行機の中でも滝のように流れています。, また、コカコーラは得られた利益でイギリスのコーヒーチェーン コスタを買収しました。, ハーシーはチョコレート、クラフトハインツはマスタードなどのソース、ホーメルフーズはスパムなど、だれもがいつも食べている商品を有しています。, マクドナルドやヤムブランズは世界で展開しており、特に中国での成長が期待されています。, マクドナルドの中国における店舗は2022年までに2500店舗から4500店舗へ増やすことを予定しています。, また、マックカフェもマレーシアにおいては年10~15店舗と年平均50%の割合で増加しています。, ヤムブランズは、ケンタッキー、タコベル、ピザハットなどの有力なブランドを有しています。, 特に中国でケンタッキーの店舗数は5000店舗を超え、年間に数百店舗の割合で増加しています。, 保守的でありながら先日、独自の仮想通貨で国境間での送金をスムーズに行う技術を開発していることを発表しました。, 風呂上がりのコカ・コーラは最高であり、ほかに変えることは困難でしょう(ちょっと言い過ぎかもしれませんが 笑)。, (バフェットはこれを他企業からの攻撃を受けにくいことからモート、堀とも呼びます。), 人々が必要な商品、サービスを永続的に提供できる企業が重要であり、 そのような企業を消費者独占型企業、有望銘柄と呼べると思います 。, ”攻め”のテクノロジーは2割程度、”守り”の 一般消費財、 外食産業 、ファイナンスが残りの8割を占めます。, 守りのカテゴリで配当金を得て(インカムゲイン)、攻めのカテゴリで株価上昇(キャピタルゲイン)を想定しています。, 以上、私の実際のポートフォリオを示しましたが、残念ながら絶対に有望銘柄と断言できるものでもありません。, 他のサイトで株価が10倍になるといったような無責任な言葉を鵜呑みにせず、必ず、 購入の際は改めてご自身で再度調査を行い、ご自身の責任の元に購入しましょう。, 当サイトへの情報・資料の掲載には注意を払っておりますが、掲載された情報の内容の正確性については一切保証しません。また、株の購入、当サイトに掲載された情報・資料を利用、使用、ダウンロードするなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等についても、理由の如何に関わらず、一切責任を負いません。, ヤムブランズ(ケンタッキーフライドチキン、ピザハット、タコベル)の株価が+3.9%増加!, Biggest Fast Food Chains in the World 1970 – 2019.

米国株同様に、米国etfにも関心が寄せられている。手数料の安さや、昨今の株価の変動などが主な要因だ。米国etfはバラエティに富み、世界的に有名な銘柄も多い。ここでは、初心者がチャレンジする際に知っておきたい特徴や選び方、おすすめ銘柄などを紹介する。 こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 米国株投資とブログ副業で人生をレベルアップさせた米国株投資ブロガーです。高配当利回り&連続増配&高利益率の銘柄を中心に、バイ&ホールド戦略で投資しています。 運営者情報の詳細はこちら, これは、米国株式市場が強い成長を続ける世界一のマーケットであり、日本株よりも良好なリターンを期待できるためです。, 第1位は、S&P500という株価指数に連動するeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。, S&P500は過去のデータからもわかる通り、94年以上にも渡って成長を続け、投資家にリターンをもたらしてきた実績があります。, さらに、S&P500に連動する投資信託として経費率が最安なので、米国株に投資したい場合は最有力の投資信託となるでしょう。, S&P500は米国株式市場の約80%をカバーしているのに対して、全米株式インデックスはほぼ100%をカバーしています。, S&P500は大型銘柄で構成される株価指数なので、中小銘柄も含めて分散投資したい場合は、こちらの投資信託がおすすめです。, 高配当株からの配当金は、自動的にファンド内で再投資されるため、配当課税を受けずに効率的に運用することができます。, 投資信託と比較すると、ドルベースの取引にはなりますが、経費率が安くリアルタイムに売買できることが米国株ETFの特徴です。, 関連記事 米国株ETFの詳細はこちら 米国株ETFとは?株式・投資信託との違いやおすすめ銘柄を解説します続きを見る, 日本の証券会社で購入可能な米国株ETFで、おすすめランキングTOP3は次の通りです。, 第1位は、代表的な株価指数のS&P500に連動するバンガード S&P500 ETFです。, 確かな実績を持つS&P500に投資できるのは投資信託版と同様で、経費率が0.03%と圧倒的に安いことがETF版の特徴となります。, 同じ指数に連動するのであれば、経費率は安い方が良いので、ドル建ての手間を気にしない方はこちらがおすすめです。, 第2位は、米国株の全体に投資するバンガード トータルストックマーケット ETFです。, こちらも、米国株の中小銘柄から大柄銘柄までに分散投資できる特徴はそのままに、経費率が0.03%と安いETF版となります。, 世界経済を牽引する米国株式市場に低コストで投資したい方には、おすすめのETFです。, 投資信託版との最大の違いは、利回りで3~4%程度の水準の配当を分配金として受け取れることです。, 株式投資の世界では、長期運用になると、アクティブファンドの9割前後が市場平均に負けてしまうことが知られています。, 味気はないですが、S&P500やNYダウなどに連動するインデックスファンドを選ぶことこそが、資産運用の成功確率を高めます。, 関連記事 米国株のインデックス投資はこちら 【知らなきゃ損】米国株インデックス投資で資産を増やす運用法とは?続きを見る, 広く分散投資された投資信託を選ぶことが、投資のリスクを抑えて堅実に資産を増やすことにつながります。, 例えば、30銘柄で構成されるNYダウよりも、500銘柄で構成されるS&P500の方が、似たパフォーマンスでも低リスクです。, 投資信託の経費率とは、資産額に対して一定の割合が定められていて、日割り計算されて毎日差し引かれる保有コストです。, 今回は米国株の投資信託について、おすすめランキングや選ぶポイントを解説しました。 記事のポイントをまとめます。.