もしかして、癌とかでしょうか?, 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

膀胱がんは画像診断(CTなど)や経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)による診断により、①表在性がん、②筋層浸潤性がん、③上皮内がんに大別されます。 1年に1回は尿沈渣とエコーは受けています。 8ヶ月前に尿沈渣とエコーを受けて異常なしでした。尿沈渣は赤血球1-4でした。 8ヶ月の間に肉眼的血尿が出るほどの癌ができている事はありますか? 30代で膀胱癌の罹患率はどのくらいでしょうか? 尿路変向には大きく分けて3つの方法があります。, 3カ月ごとを目安に定期的に尿細胞診・膀胱鏡を行い、再発の有無を確認します。再発の際にはもう一度、経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)が必要となります。定期検査の時以外にも血尿が認められた場合には泌尿器科の受診を勧めます。, 通常3~6ヶ月ごとに通院し、血液検査・CTなどの検査で転移が出現していないか、合併症が出ていないかを確認します。 膀胱がんを認めた場合、遠隔転移の判定のために全身CT検査や骨シンチグラフィが行われます。また、膀胱にがんが見つかった場合、同じ尿路上皮でおおわれている腎盂・尿管にもがんが発生している場合があるため、病変の有無をチェックするCTウログラフィー(CT尿路造影)、あるいは静脈性腎盂造影(IVP)が行われることがあります。, CTやMRIで造影剤を使用する場合、アレルギーが起きることがあります。薬剤などによるアレルギーの経験がある人は、医師に申し出てください。, 病期とは、がんがどの程度進行しているかを示す言葉で、英語をそのまま用いてステージともいいます。 また、化学染料中に存在する芳香族アミン類と言われる化学物質も確立したリスク要因とされています。 記事4『膀胱がんの検査について』では、膀胱がんの検査について詳しくお話ししています。膀胱がんの早期診断・治療のため、一度でも血尿がみられた場合には泌尿器科で検査を受けていただきたいと考え … がんのステージは、最も早期のステージ0aからI→II→III→IVまであり、ステージIVが最も進行している状態となります。 「4.疫学・統計」の項目名を「4.患者数(がん統計)」に変更し、内容を更新しました。 2016年01月08日: タブ形式への移行と、「腎盂・尿管・膀胱癌取扱い規約 2011年4月(第1版)」「膀胱癌診療ガイドライン2015年版」より、内容の更新をしました。 膀胱は尿路の一部で、尿をためておくところであるため、膀胱の代わりの尿路を作らなくてはいけません(尿路変向)。

膀胱癌は男性に多く、高齢であるほど罹患率が増加するとされており、若年層より高齢層に悪性度の高いがんが多い, エコーは侵襲性が少なく、泌尿器系の臓器(腎臓、尿管、膀胱、前立腺)を観察できるところが利点といえます, 膀胱癌のうち膀胱粘膜から隆起しているような腫瘍の場合はエコーで指摘することができます, 非常に小さな病変や尿管上皮に扁平に隆起している(上皮内癌)ような病変の場合は見逃してしまう可能性, 乳頭状非浸潤性病変をエコー検査で指摘することができると、低異型度から高異型度まですべての膀胱癌をスクリーニング検査で拾い上げることができるため、それぞれの検査がさらに有益な検査, 限局性に隆起していることを確認して肉柱形成の像ではないことや、体位変換を行うことで結石でないことを確認, 内部に血流が確認できない場合は、凝血塊の可能性もあるため、体位変換を行い移動性の有無を確認することにしたほうがよい, 前立腺癌、前立腺肥大症(Prostate cancer and benign prostatic hyperplasia), 急性胆管炎とエコー像(Acute cholangitis and the echo images), 急性肝炎とエコー像(Acute hepatitis and the echo images).

¨ï¼šè†€èƒ±ç™Œè¨ºç™‚ガイドライン2015年版;医学図書出版. Ⅳは陽性で、ほぼ癌と診断されますが、念のため精密検査(膀胱鏡など)が行なわれます。 膀胱癌は、大きく次の2つのタイプにわけられます。 (1) 表在性膀胱癌. からだの粘膜や粘液、痰、胸水、腹水、胃液、尿などには、臓器の剥がれた細胞が混じっています。これを特殊な液体で染めて、顕微鏡で観察し、正常なものと比較する検査が細胞診です。, 病気の診断のほとんどは血液や尿の検査、画像診断などでつけられますが、腫瘍が発見され、それが良性か悪性(がん)かを判定するのが困難な場合は、細胞診が決め手になることがあります。, 【細胞診結果の見方】細胞診の判定はパパニコロウ染色という方法がよく用いられ、以下の5段階で行なわれます。, ★classⅠまたはⅡだから膀胱がんや腎盂・尿管がんが100%否定できるものではありません。 この検査では一部の尿での検査ですので定期的な検査は必要です。, Ⅰ、Ⅱであれば陰性で異常なしと判断されますが、Ⅲであれば疑陽性で、癌かどうかの判別が難しく、次の月での再度検査が必要になります。 1年に1回は尿沈渣とエコーは受けています。, 先日2日間、水分を全くとらず、コップ一杯も飲まないで過ごしてしまい、尿の色が茶色っぽい色に見えたのですが、何か関係はありますか? Copyright © 2019-2020 エコー太郎の備忘録 All Rights Reserved. Ⅴは明らかに癌と確定されます。, TUR-Bt(経尿道的膀胱腫瘍切除術)を行い、病理組織をみてから確定診断となります。, △…午後 手術(1時間程度)をしておりますので、お手数ですが電話予約をされることをお勧めしております。当日診察も受けております。, classⅡ(クラス2)… 異型細胞は認められるが、悪性の疑いはない。(例:炎症など). 膀胱癌は尿路上皮から発生する癌を指します。種類としては尿路上皮癌が最も多いとされていますが、扁平上皮癌や腺癌の特徴を有する場合も少なくないと言われています。 膀胱癌発見の契機としては、検診などで顕微鏡的血尿を指摘された場合や肉眼的血尿の出現、排尿時痛や残尿感などが挙げられます。 膀胱癌は男性に多く、高齢であるほど罹患率が増加するとされており、若年層より高齢層に悪性度の高いがんが多いと言わ …

医師の回答を見ることができます。, 36歳女性です。 状,腎皮質および髄質のエコーレベル,腎洞の異常,腎・ 尿管内strong echo,腎腫瘤に注目する。 ①腎の大きさ(腫大と萎縮,描出困難) 健常者の腎の大きさは長径10~12cm,短径4~5cm 程度である(図1)。右腎と比べて左腎の方がやや大きい。 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます, 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます. 2nd TURでは腫瘍の残存だけでなく、腫瘍が筋層まで及んでいる(筋層浸潤)可能性を確認するために重要です。筋層浸潤を認める場合には膀胱全摘徐術が必要となります。, 膀胱がんは再発することが多いため、再発予防目的に膀胱内に抗がん剤やBCG(結核のワクチン)を注入することがあります。 その他のリスク要因の候補としては、シクロフォスファミド、フェナセチン含有鎮痛剤の連用、骨盤内臓器に対する放射線治療の際の膀胱への被曝、ヒ素への曝露、膀胱の慢性炎症などがあげられます。, 喫煙歴のある高齢者や、職業性発癌物質曝露歴のある人など、いわゆる高リスクの人は、検尿および尿細胞診の年一回程度の検査が必要と考えられています。, 膀胱がんの症状は、赤色の尿(肉眼的血尿)が出ることや、頻尿・排尿するときに痛みがあるなど膀胱炎のような症状(膀胱刺激症状)が最も一般的な症状です。特に無症候性肉眼的血尿(症状のない血尿)が最も頻度の高い症状で、ときに血のかたまりが出る場合もあります。血尿のある患者さんの1~3割で膀胱がんが見つかるという報告があります。自分の目で見えない程度の血尿の場合は顕微鏡的血尿と呼ばれ、検診などの尿検査で指摘される場合があります。痛みがないあるいは、一度きりで血尿がなくなったからといって自己判断せず、医療機関を受診して、がんかどうかを検査しましょう。膀胱炎がなかなか治らない場合も膀胱がんが隠れている可能性があるため、泌尿器科の受診をお勧めします。, 血尿・頻尿の全てが膀胱がんというわけではなく、尿路結石、膀胱炎、糸球体腎炎、外傷などの疾患の可能性があります。, 膀胱がんが疑われた場合、膀胱鏡検査、超音波(エコー)検査、尿細胞診が行われます。膀胱鏡検査により、筋層非浸潤性がんか筋層浸潤性がんかの大まかな区別ができます。まれに膀胱の良性腫瘍の場合もあります。検査の結果次第で、CT検査などの精密検査を追加します。 わが国の2008年における膀胱がんの年齢調整罹患率は、10万人あたり7.2人で、男女別にみると男性12.8人、女性2.8人と男性において約4倍高頻度に発生しています。年齢調整死亡率は、10万人あたり2.1人(男性3.6人、女性1.0人)でした。 過去10年間これらの数字はほとんど変わっていません。また … 膀胱癌は尿路上皮から発生する癌を指します。種類としては尿路上皮癌が最も多いとされていますが、扁平上皮癌や腺癌の特徴を有する場合も少なくないと言われています。, 膀胱癌発見の契機としては、検診などで顕微鏡的血尿を指摘された場合や肉眼的血尿の出現、排尿時痛や残尿感などが挙げられます。, 膀胱癌は男性に多く、高齢であるほど罹患率が増加するとされており、若年層より高齢層に悪性度の高いがんが多いと言われています。, 検査していても罹患率は男性が圧倒的に多い印象がありますし、実際に統計では3:1とされています。, 他には工場で使用されるアニリン色素や、染料、化学薬品、鎮痛剤、慢性炎症(尿路結石などによる)、シクロホスファミドなどの抗がん剤も重要なリスク因子とされています。, 予防のためには喫煙しない、危険な薬剤を使用しない(直接接触を避ける)ことが必要となります。水分を出来る限り摂取することも有用であるとされています。, そのため、一度膀胱癌と指摘されたら、治療後も定期的に検査を行い、再発の早期発見に努めることが肝要になります。, まずは尿検査でスクリーニングされます。同時に提出された尿検体で病理学的検査(細胞診)が行われ、顕微鏡下で異型細胞の有無が評価されます。, エコーは侵襲性が少なく、泌尿器系の臓器(腎臓、尿管、膀胱、前立腺)を観察できるところが利点といえます。例えば尿検査で潜血反応がでた場合、それが腎臓に起因するものなのか、膀胱に依るものなのかなどをさらっと観ることができるのです。, また、膀胱癌のうち膀胱粘膜から隆起しているような腫瘍の場合はエコーで指摘することができます。特に大きさが3~5mmを超えるような腫瘍があった場合は、見逃さないように注意しなければなりません。, しかしながら、エコー検査で全ての異常がわかるわけではなく、超音波装置や検査者の力量、検査時の環境(膀胱内の尿量や腸管ガス)などにより明らかになることは変化します。とくに尿管や膀胱の全体像を確実に評価することは難しいといわざるを得ません。, また、膀胱内に腫瘍があったとしても、非常に小さな病変や尿管上皮に扁平に隆起している(上皮内癌)ような病変の場合は見逃してしまう可能性があります。, 実際にエコーで膀胱癌が疑われたとしても、病理学的評価によって異なる診断(例えば膀胱炎などの炎症性病変)が下される場合もあるため、検査者は自己研鑽のためにも自分が記した結果を振り返る癖をつけておきたいですね。, 膀胱癌に対する画像検査の代表的なものは膀胱鏡検査であり、この検査でたいていの膀胱癌は検出されます。, 侵襲性が若干ありますが、機器の進歩により緩和されているようなので安心して検査を受けることができます。, エコーや膀胱鏡で膀胱癌が積極的に疑われた場合は、腫瘍の深達度や転移の有無を評価するためにMRやCTが行われることになります。, ここで少し話が変わりますが、膀胱内の尿量を知りたい場合の測定法に関して記載しておきます。, 膀胱内尿量:(左右)×(前後)×(上下)×π/6 ≒ (A)×(B)×(C)×0.52, Aは膀胱の横幅径、Bは膀胱の前後径、Cは膀胱の縦幅径となります。膀胱の形は尿の充満している程度により変化するため、正確な測定は難しいですが、概算することは可能となります。, 乳頭状病変は低異型度から高異型度の2つに分類され、平坦病変と浸潤性病変は高異型度に分類されます。, スクリーニング検査として用いられる尿細胞診において、尿路上皮癌の領域では高異型度病変を診断することは可能とされており、低異型度病変を診断することは困難な症例が多いとされています。, そのため、乳頭状非浸潤性病変をエコー検査で指摘することができると、低異型度から高異型度まですべての膀胱癌をスクリーニング検査で拾い上げることができるため、それぞれの検査がさらに有益な検査へと昇華することになります。, このとき、体位変換により移動しないことや形状が変化しないことが条件として挙げられます。, 充実性領域における血流の有無は、エコー機器の性能に左右されるため観察できるか否かは難しいところですが、癌の場合は栄養血管が存在するため、動脈血流が観察されることが少なくありません。, 必要によっては高周波プローブを使用し、ドプラ感度を上げる工夫も必要になるかと思います。, 膀胱の横断像です。左側は低周波プローブ、右側は高周波プローブを使用しています。膀胱の左側壁に径4㎜程度の隆起性病変を認めます。, 限局性に隆起していることを確認して肉柱形成の像ではないことや、体位変換を行うことで結石でないことを確認する必要があります。このような微小な腫瘍の場合はドプラシグナルを検出できない場合が多いです。, 病理検査の結果、 non invasive papillary urothelial carcinoma であることがわかりました。, 左側が膀胱の横断像、右側が膀胱の縦断像になります。膀胱の左側壁に径10㎜程度の隆起性病変を認めます。, 腫瘍の表面はやや不整、内部エコーは基部がやや低輝度で他領域は膀胱壁と等輝度です。内部に動脈血流の流入が観察されたので充実性腫瘍であることが予想されます。, 膀胱鏡で腫瘍を観察すると、エコー像と同様に表面に凹凸のある乳頭状腫瘍であることがわかりました。, 左側が膀胱の横断弱拡像、右側が高周波プローブを用いた同部位の強拡像になります。膀胱壁の右側壁、体表近くに膀胱内腔側に突出する隆起性病変を認めます。, 径10㎜程度の隆起性病変が確認できます。表面はやや不整、内部エコーは膀胱壁と等輝度の腫瘍であることがわかります。, 同部位は膀胱壁のくびれが生じやすく、腫瘍が存在していたとしても見逃しやすい領域であるかと思います。注意深く観察することが肝要です。, 病理検査の結果、invasive papillary urothelial carcinoma であることがわかりました。, 左側は膀胱壁の横断像、右側はその拡大像です。膀胱三角部に膀胱内腔側に突出する20㎜程度の隆起性病変を認めます。, 内部に血流が確認できない場合は、凝血塊の可能性もあるため、体位変換を行い移動性の有無を確認することにしたほうがよいと考えます。, 病理検査の結果、invasive papillary urothelial carcinomaであることがわかりました。, 上が膀胱の横断像、縦断像であり、下が膀胱の横断像になります。膀胱三角部に内腔側に突出する径20㎜の隆起性病変を認めます。, 先ほどの症例と同様に表面はやや不整、内部エコーは膀胱壁と等輝度、血流(+)の腫瘍が観察されます。腫瘍内部に微小な高輝度像を認めるため、石灰化を伴っている可能性があります。. 病期は、次の3つの指標によって決まります。, 悪性度とは顕微鏡でのがんの見え方によって低悪性度、高悪性度の2種類に分類されます。低悪性度では正常細胞と見た目が似ており、振る舞いも似ています。高悪性度では正常細胞と見た目が非常に異なっており、不均一な細胞で多くの細胞が分裂しています。高悪性度では正常細胞とは異なる振る舞いをするため、膀胱壁内部へ増殖しようとします(浸潤傾向が強い)。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"日超検 腹部超音波テキスト 第2版","b":"","t":"","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/41zVV6PDE1L.jpg","\/41zz77T8f3L.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/4263229312","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1528154","rakuten":"1444667"},"eid":"9Ny6I","s":"s"}); (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"腹部超音波テキスト〜上・下腹部〜 改訂第三版 (Atlas Series超音波編)","b":"","t":"","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/41qDbFequsL.jpg","\/31Rbx6WuhOL.jpg","\/51Be9jmjdeL.jpg","\/51dI8QbIltL.jpg","\/51A9wpuNKAL.jpg","\/51TGvxVuL5L.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/4938372843","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1528154","rakuten":"1444667"},"eid":"k1pqN","s":"s"}); (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"腹部エコーのABC (日本医師会生涯教育シリーズ)","b":"","t":"","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"","p":["\/images\/I\/51UnZCi6XnL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/4260175173","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1528154","rakuten":"1444667"},"eid":"idwLf","s":"s"}); 特にエコー像に関しては膀胱腫瘍の画像とともに観察するときの注意点なども記載しておりますので、参考にしていただきたいと思います。, 膀胱は注意深く観察しないと微小な病変を見逃してしまう可能性があります。横断像、縦断像を組み合わせて評価したいですね。, 大学を卒業後、地方病院に検査技師として細々と勤めている30代です。エコー, 資産運用, 育児に関して備忘を兼ねて記載しています。家族が不自由なく幸せに暮らすことが人生の目標です。詳しいプロフィールはこちら, #Keep distance <UNIQLOやNIKEなどの利用は "Rakuten rebates" 経由がおすすめです> #Keep distance, うっ血肝とエコー像(Congestive hepatopathy and the echo images), 総胆管結石とエコー像(Choledocholithiasis and the echo images), 尿管結石とエコー像(Ureteric stones and the echo images), 急性膵炎とエコー像(Acute pancreatitis and the echo images), 肝細胞癌とエコー像(Hepatocellular carcinoma and the echo images), 転移性肝癌とエコー像(Liver metastases and the echo images), 急性胆嚢炎とエコー像(Acute cholecystitis and the echo images), 【啓蒙】新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) をインストールしました【all japan】, 腎臓結石とエコー像(Kidney stones and the echo images), 腎細胞癌とエコー像(Renal cell carcinoma and the echo images), 膀胱癌とエコー像(Bladder cancer and the echo images), 肝膿瘍とエコー像(Hepatic abscess and the echo images), 石灰上皮腫とエコー像(Calcified epithelioma and the echo images), 子どもが迷子になっても慌てないように 位置情報を把握できるデバイスについて考える(GPS), 老後2000万円問題 『高齢社会における資産形成・管理』の要点(The point of the problem about the asset management in the Aging Society), 【Pechat ペチャット】ボタン型スピーカーでぬいぐるみに『こころ』が宿りました, ガングリオンとエコー像(Ganglion and the echo images).

病気 - 膀胱のエコー 会社の健康診断で血尿が出てるとの診断で泌尿科を受診しました。採尿を病理検査に送り2週間後に結果報告と膀胱のエコーを撮ります、とのことです。その際に膀胱に尿をためておいてください.. 質問No.9265202 アスクドクターズでは、病院に行かずに医師に相談したり、 状,腎皮質および髄質のエコーレベル,腎洞の異常,腎・ 尿管内strong echo,腎腫瘤に注目する。 ①腎の大きさ(腫大と萎縮,描出困難) 健常者の腎の大きさは長径10~12cm,短径4~5cm 程度である(図1)。右腎と比べて左腎の方がやや大きい。 通常、外来で週1回注入し合計6~8回行います。6か月後に膀胱がんが残っていないか、組織をとって確認する場合もあります。, 再発を繰り返すハイリスク膀胱がんまたは筋層浸潤膀胱がんはTURBTでの治癒は困難であり、膀胱全体を摘出する(膀胱全摘徐術)が必要となります。 悪性度の低い癌で、膀胱の内腔(膀胱の内面)に突出しますが、根は浅く、表面は乳頭状(カリフラワーの様)で狭い茎を持っています。膀胱癌の70%はこのタイプです。 All Rights Reserved. 27歳女性です。先日腹部エコーの検査結果を聞きました。結果は腎臓で一部写らないところがあったので、気になるためCT検査をしてみましょうと医師に言われました。同時にCTには副作用があると言われ、不安な気持ちになりながらもその

æ´‹å¹³, 膀胱癌には2つのタイプがあります , 膀胱癌の原因と危険因子について. 2年前から突然尿検査で尿潜血+1や+2になるようになってしまいました。, 尿沈渣やエコーや細胞診を受けましたが異常ありませんでした。 Ⅰ、Ⅱであれば陰性で異常なしと判断されますが、Ⅲであれば疑陽性で、癌かどうかの判別が難しく、次の月での再度検査が必要になります。 Ⅳは陽性で、ほぼ癌と診断されますが、念のため精密検査(膀胱鏡など)が行なわれます。 Copyright © Hokkaido University Department of Renal and Genitourinary surgery. タブ形式への移行と、「腎盂・尿管・膀胱癌取扱い規約 2011年4月(第1版)」「膀胱癌診療ガイドライン2015年版」より、内容の更新をしました。 2006年10月01日: 更新しました。 1996年09月20日: 掲載し … 医師に膀胱がんと告げられたら、いくつも疑問が浮かぶはずです。「なぜ自分が」「何かの間違いではないか」「治るのか」などと思い浮かぶのは自然な感情です。疑問のままにせず医師に質問しましょう。自身の状態を理解することで、治療への意欲が向上するはずです。膀胱がんにはいくつかの治療法があり、どの治療が自身にとっていちばんの治療か、医師と相談しながら決めて行く必要があります。, 膀胱とは尿路の一部です。尿路とは腎臓で作られた尿を運ぶ道のことで、腎盂(じんう)・尿管・膀胱・尿道が含まれます。男性の場合、前立腺がこの尿道の一部を取り囲むように存在します。膀胱は骨盤内にある臓器で、腎臓でつくられた尿を一時的に貯留する役割をもっています。膀胱を含めて、尿路のほとんどは尿路上皮という粘膜でおおわれています。, 膀胱がんは、膀胱の尿路上皮粘膜より発生するがんで、そのうち90%以上は尿路上皮がんという種類ですが、まれに扁平上皮がん、腺がん、小細胞がんなどの場合もあります。種類によって治療法がことなる場合があります。