その次に、対象生物が発する揮発成分つまり、匂いを感知します。乳酸や、2-メチ … そこで今回は 「コバエが人間に寄ってくる ... 多くの虫は、様々な理由から黒い色に過剰なまでの反応を見せることがありますが、これはコバエについても一緒です。 ハッキリとした研究機関によるソースは見つかりませんでしたが、恐らく コバエ自体が好んでエサにしている樹液などが黒み� なんかコバエにたかられると「もしかして体臭がキツいのかな?」と不安になったりしませんか?, 蚊とかなら「二酸化炭素に反応してるんだな」って気もしますが、コバエのように生ごみを好むような虫が寄ってくると、なんだか良からぬことを考えてしまいます。, 特に電車などの不特定多数の人がいる中で、自分にだけロックオンされてしまうとなんだか恥ずかしい気になってしまったり…。, コバエのいる状況でワインを開けると、その豊潤な香りに誘われ、瞬く間にコバエが集まってくるという事実があります。, コバエは生ごみや腐った果物、野菜を好みます。そのため、それらのニオイを探る能力は極めて高いと言えるでしょう。, 実際に外から家の中に侵入してきたコバエの多くは、生ごみなどのニオイに誘われてキッチンへと辿り着き、そこで繁殖することで個体数を増やしていることが多いです。, ゆえに、それなりに優れた嗅覚を持っていると考えるべきですし、コバエがたかる場合は「生ごみのようなニオイがする」という可能性も捨てることはできません。, 人の体臭にも色々と種類がありますし、クサいと感じるかどうかについても個人差があるのでアレなのですが、もしかすると「汗のニオイ(汗臭いと言われるような状況)」の場合は、コバエが寄ってくるかもしれません。, 最近登場しているシャンプーやボディーソープの類は香り成分の強いものが多く、例えば少し汗ばんだ程度の頭皮であれば、シャンプーの香りによって誤魔化すことができる場合が多いです。, しかし、コバエはそのような状態でも頭皮から発せられる皮脂のニオイなどに、敏感に反応できると考えるべきでしょう。耳の後ろなんかは要注意かも。, 人間にとっては全体的に良いニオイがすると思えるような人でも、こうした汗や皮脂のニオイが少しでも嗅ぎつけられた場合は、たちまちコバエたちのアイドルとなってしまう可能性があります。, 例えば、コバエはアルコールを摂取した人に寄り付きやすいという事実がありますが、いわゆる「お酒クサい」というのは、体臭のクサさとはまた違うベクトルのニオイと言えますよね?, これは「アルコール→アセトアルデヒド→酢酸」と分解されていく過程で、酢酸のニオイに強く反応しているのではないかと思われます。, お酒を飲んだ後や飲んでいる際中に、口元の周りをコバエがたかることが多いのはこのためです。, 例えば芳香剤や香水、入浴剤の類でも強い人気を誇っている「ローズの香り」ですが、これは良いニオイだと答える人も多いのではないかでしょうか。, ですが、これもコバエたちにとっては大好きなニオイの1つと言われている説があります。, これがもし本当なら、毎日お風呂に入って清潔にしている綺麗な女性でも、ローズ系の香料を含んでいる化粧品や香水などを付けている場合は、コバエにたかられる可能性があるということです。, ただし、これらの情報を発信しているブログやホームページなどの中に、しっかりとした根拠を示している信頼できるものが発見できなかったので、個人的には「それって本当なの?」という気持ちが強いです。, 理由としては、色んな殺虫剤メーカーがローズの香りがするスプレーや線香を売っているからですね。, もし詳しい情報を知っている方がいらっしゃいましたら、教えていただけるとありがたいです。, 多くの虫は、様々な理由から黒い色に過剰なまでの反応を見せることがありますが、これはコバエについても一緒です。, ハッキリとした研究機関によるソースは見つかりませんでしたが、恐らくコバエ自体が好んでエサにしている樹液などが黒みを帯びているからでしょう。, それを考慮すると、黒い服を着ている人には集まりやすい傾向が強くなるでしょうし、日本人なら髪の毛に反応して集まってくる可能性も考えられます。, ニオイによっておびき寄せられるとういう可能性も十分に考えられますが、このような刺客的な部分が原因である可能性もありますし、絶対的に「ハエがたかる=クサい」というわけでもなさそうです。, 自分の体臭は自分ではわかりにくいことが多く、コバエにたかられたとしても多くの人は「果たして今、自分はクサいんだろうか?」と自問自答してしまうと思います。, ただ私の経験上、明らかに私よりも爽やかなニオイをしている人にコバエがたかっているシーンを多く見てきたので、必ずしも人間にとってクサいものに集まっているとは限らないと言えるでしょう。, だって、コバエ対策の金字塔とも呼べるべき「めんつゆトラップ」も、そのニオイでコバエをおびき寄せるタイプのアイテムです。, めんつゆのニオイがクサいと思う人ってそんなにいないですよね?(めんつゆのニオイがする人を見たことがないから、何とも言えないけど), 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 二酸化炭素、2. 体から出る熱の3つを感知するようです。, 以上の3つの要素によって、蚊は吸血対象に近づきます。実際に口を肌に刺して血を吸うという吸血行動はこの3つのうち2つを感知すれば起こるようです。, ちなみに吸血対象種は、世代を越えて受け継がれるようです。ヒトスジシマカは、人以外にも、イヌ、ネコ、ウシ、ネズミ、ニワトリ、鳥類、ヘビ、カメ、カエル、カタツムリ、カイコの体液を吸うことができるようです。しかし、その地域に、どの吸血対象種が多いのかによって、その蚊の集団の嗜好性は変化します。人が多く暮らしている所では、人の血を吸う遺伝形質をもったものばかりが繁栄するため、ほとんどの蚊が人の血を吸う蚊となります。一方、森林などあまり人のいないところでは、野生動物を対象にする蚊の集団が増えるようです。つまり同種であっても、こっちの蚊はよく人の血を吸うが、あっちの蚊はあまり吸わないということが起こるということです。, 蚊の刺されやすさは、血液型によって異なるという話を聞かれたことがあるかもしれません。この話は本当なのでしょうか。, 日本人の研究者が、64人の人を対象にヒトスジシマカが腕の血を吸う頻度を調査した結果、O型がA型よりも2倍噛まれやすいという結果になったようです。O型の人が噛まれやすい原因は、血液型に左右される体表面の分泌液にあるのではないかという仮説を立て、研究が行われたのですが、分泌液と蚊の選好性には顕著な関係は見られなかったようです。結局、O型の人が蚊に好かれる理由については未だに不明なようです。海外の研究では、蚊のO型選好性の傾向が支持される研究もあれば、支持されない研究もあるようです。研究例が少ない上、研究対象になった蚊の種類も研究によって異なるため、一般に蚊がO型の人に対して選好性を有しているのかを明らかにするためには、更なる研究が必要です。少なくとも、日本のヒトスジシマカについて、O型の人が吸われやすいというのは根も葉もない噂というわけではなさそうです。, 余談ですが、人の足に棲むバクテリアの一種が代謝の過程で生成する物質がハマダラカを誘引することが知られており、同属のバクテリアを使って作るベルギー原産のリンバーガーチーズ(人が裸足で踏みつけて製造する)の匂いもやはり、ハマダラカを誘引するようです。, 上記の情報を総合すると、 二酸化炭素、2. この前電車に乗っていたとき、ちっちゃな虫が飛んでいて、なかなか自分の周りから消えてくれませんでした。しかも、なんとなく顔の周りをウロウロされるので、とてもうっとおしかったのを覚えています。調べてみると、どうやらヒトの体温 運動、飲酒などによって二酸化炭素をたくさん排出し、体温が高めで、汗をかいていて、動いていて、丸っこい体型(?)で、黒い服を来ているO型の人。, 蚊に刺されにくい人の特徴は、 まず、一番遠くまで届くサインが二酸化炭素のようです。蚊は、二酸化炭素の僅かな濃度差を検知し、無風状態で10m先から人の存在を察知できるようです。二酸化炭素の濃度が高い方向へと蚊は移動していきます。 2. Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). 同じように蚊の多いところにいても、自分にばかり蚊が寄ってくる、もしくは、特定の人だけ、他の人と比べてやたらと蚊に噛まれている。という経験をされたことがある方は多いのではないでしょうか。蚊にも、どうやら好みがあるようです。今回は、蚊が人をどうやって見つけて、人のどのような性質により惹かれるのかについてのお話です。なお、前回は、蚊に刺されると痒いわけをご説明しました。興味がございましたらこちらもどうぞ。蚊の一生と刺されると痒いワケ, 蚊は、吸血対象に接近するために、1. 今回は、「スピリチュアル!虫が寄ってくる不思議な現象の理由とは?」というテーマについてです。, 何故だか分からないけれど、自分の周りでよく虫を見かける、気が付いたら服にくっ付いていたり頭に付いていた・・・なんてことありませんか?, じつは、虫はスピリチュアル性の高い生き物であり、その体を媒介して魂のメッセージを届けに来てくれているのですよ。, ですから、虫が苦手な人にとっては心地良くない現象かもしれませんが、悪いことではないのです。, 餌でおびき寄せているわけでもなく、ただ普通にしているだけなのに寄ってくるだなんて、不思議でしかないですよね。, 虫が寄ってくる人=虫に好かれる人は、スピリチュアル的能力が高い人が多いといわれています。, 「虫の知らせ」という言葉があるように、第六感が働いて虫からのスピリチュアルメッセージを受け取ることができる人には、虫が寄ってきやすいのです。, さらに、江原啓之さんや美輪明宏さんがおっしゃるには、虫をはじめ動物に好かれる人というのは、徳が高い人なんですって。, ちなみにスピリチュアルメッセージとは、神様やご先祖様からの魂のメッセージのことをいいます。, 波動の高い虫は、体を媒介して霊界からのメッセージをあなたに届けに来てくれているのですよ。, 波動の高い虫とは、人間から殺されることはほとんどなく、反対に愛でられるような存在の虫のことをいいます。, 意外ですが、蜘蛛も波動が高い生き物で、スピリチュアル界では「メッセージマスター」と呼ばれているんですよ。, 反対に波動が低い虫というのは、ほとんどの人間から嫌われており、見つかるとたいてい殺されてしまうような虫のことをいいます。, ですから、虫に好かれる=虫が寄ってくる人というのは、虫が好むオーラを纏っているのだといえます。, オーラは、色のほかに振動やにおい、音も含まれており、その人が発する感情からのエネルギー幅や大きさなどがオーラとして現れます。, よって、虫の本能的な好みと合致すれば、虫が寄ってくる人や虫に好かれる人となるわけですね。, 本能的な好みは虫によって様々ですから、もしもあなたが「なぜか蜘蛛にたくさん出会う」ということであれば、それは本能的に蜘蛛が好むオーラを纏ってるということになります。, もしも、明らかに自分に虫が寄ってきているようなときは、追い払いたいのは山々だとは思うのですが、邪険に扱わず虫からのスピリチュアルメッセージを感じ取ってみてください。, あとになって、「あ、そういうことだったのか!」という出来事が起こるかもしれません。, 邪険に扱ってしまいますと、虫からのスピリチュアルメッセージを上手く受け取ることができませんから、せっかくのお告げや予兆を逃してしまうことにもなりかねません。, また、寄ってきた虫によってスピリチュアルメッセージの内容は違ってきますから、どの虫がどんなメッセージ性を持っているのかを確認することも大事ですね。, 私は、虫が寄ってきやすいという認識はないのですが、これまでに何回かスピリチュアルな体験をしたことはあります。, 虫が得意ではない方も、一呼吸おいてどんなメッセージを届けに来てくれたのか考えてみると、思わぬ展開が待っているかもしれませんよ。, 私も虫はそこまで得意なほうではありませんが、虫からのスピリチュアルメッセージをしっかりと受け取り、毎日を心豊かに生活していきたいと思っています。.