(「手紙の二重唱」) そこにはアメリカで正式に結婚したピンカートンが近々夫人を伴って日本にやって来る旨が書かれています。 しかし最後まで読まないうちにピンカートンの帰国を悟った蝶々さんのあまりの喜びように、シャープレスは真実を告げることが出来ません。 ボンゾは蝶々夫人が改宗したことに激怒し、彼女を勘当します。蝶々夫人は、親戚に捨てられても、幸せと語り、ピンカートンは彼女を慰めます。そこで2人が歌う愛の二重唱「可愛がってくださいね」が奏でられ一幕が終了します。 一部、自動券売機、インターネットで座席指定できない劇場がございますのでご了承ください。, ※第9作《トスカ》(2017-18シーズン)、第10作《マリア・ストゥアルダ》(2012-13シーズン)は対象外となります。, ※学生料金、特別鑑賞券(ムビチケカード)、リピーター割引など通常料金より割引適用のされている. 日本で最も有名なオペラ作品と言われている「蝶々夫人」。明治時代の長崎を舞台にした物語なので、始めて鑑賞する際にも時代背景などが理解しやすくおすすめです。この記事ではそんなオペラ「蝶々夫人」の簡単なあらすじから、詳しい物語までまとめてご紹介します。, 蝶々夫人は、イタリアの作家「ジャコモ・プッチーニ」が作曲したオペラ作品です。原作はアメリカのジョン・ルーサー・ロングが発表した小説です。, その小説を元に、劇作家「デーヴィッド・ベラスコ」が戯曲を制作します。プッチーニはその戯曲を観覧して感銘を受け、オペラにアレンジしたそうです。, オペラと言えば、西洋音楽というイメージがありますが、蝶々夫人はオペラの中でも珍しく日本音楽が多用されています。, 「さくらさくら」「君が代」「お江戸日本橋」など、誰もが知っている有名曲も登場します。オペラに馴染みが無くても、日本人ならどこか懐かしさを感じる異色な作品です。, 舞台は明治の長崎。没落藩士令嬢の蝶々夫人は、アメリカ海軍士官ピンカートンと結婚します。蝶々夫人は2人の愛を永遠と信じていましたが、ピンカートンはアメリカに帰り、別の女性ケイトと結婚します。その事実を知った蝶々夫人は希望を失い、ピンカートンとの子どもを残して自殺してしまいます。, ちなみに、ミュージカルの名作「ミス・サイゴン」は、蝶々夫人の物語を元に、舞台をベトナム戦争時代にアレンジした作品です。設定や登場人物は違いますが、大まかな物語は非常によく似ており、どちらも悲劇作です。, ここからはより詳しく蝶々夫人のあらすじをご紹介します。この作品は第1幕50分、第2幕60分、第3幕30分に分かれており、上映時間の合計は約2時間30分です。, アメリカ海軍兵のピンカートンは、結婚紹介人のゴローに新居の説明を受けています。ピンカートンはゴローに、日本で結婚する現地妻の紹介を依頼し、ゴローは15歳の娘・蝶々夫人に目を付けました。ピンカートンと蝶々さんは、今日からこの新居で生活することになっています。, そこに駐長崎領事のシャープレスがやってきます。シャープレスは、蝶々夫人が結婚を心から喜び、生涯の愛を信じていることを思い出します。, そこでピンカートンに蝶々夫人のことを本当に愛しているのか尋ねます。ですがピンカートンは、「この結婚も一時の愛」と楽観的に答え、シャープネスは戸惑います。, 蝶々さんは夫との愛を誓うために、キリスト教へ改宗までしていました。ピンカートンと蝶々さんが結婚式を挙げた後、彼女の叔父であり僧侶のボンゾがやってきます。, ボンゾは蝶々夫人が改宗したことに激怒し、彼女を勘当します。蝶々夫人は、親戚に捨てられても、幸せと語り、ピンカートンは彼女を慰めます。そこで2人が歌う愛の二重唱「可愛がってくださいね」が奏でられ一幕が終了します。, 続いて第二幕・三幕のあらすじをご紹介します。初演版では第一幕60分と第二幕90分に分かれており、三幕はありませんでした。上映後、90分の上映時間は長すぎるという不評があり、改訂版は三幕に分けられました。, 舞台は第一幕から3年が経過しています。日本での任務を終えたピンカートンは、故郷であるアメリカに帰ることになりました。蝶々夫人は寂しがりますが、ピンカートンは「コマドリが巣をつくる頃には帰ってくるよ」と約束をします。, 信じて待っている蝶々夫人に、女中のスズキは「ピンカートンは返ってこないのではないか」と伝えます。それでも彼女はいつか帰ってくることを信じ、有名なアリア「ある晴れた日に」を歌います。, その後、シャープネスはピンカートンから、アメリカ人と結婚したという内容の手紙を受け取ります。しかし、蝶々夫人の純粋に待ち続ける姿を見てしまい、なかなか真実を伝えることができません。, 蝶々夫人のそばには、ピンカートンとの間に生まれた子供が寄り添っていました。シャープネスはその子供を見て衝撃を受け、ピンカートンに子供の存在を伝えると約束します。, しばらくたち、港にピンカートンの軍艦の船が到着しました。蝶々夫人は、「夫が戻ってきた」と喜び、スズキと共に「桜の枝を揺さぶって」を歌います。ですが結局朝になってもピンカートンは戻って来ませんでした。, 翌日の朝、ピンカートンはアメリカ人の妻・ケイトを連れてスズキに紹介します。スズキは激怒しますが、「蝶々夫人の子供をケイトに預けれくれたら、責任をもって育てる」という申し出を受け、蝶々夫人を思い絶望します。, ピンカートンはようやく自分の罪の重さに気づき、蝶々夫人に合わせる顔もないと去っていきます。, 蝶々夫人が目を覚まし、ピンカートンの妻・ケイトの姿を目撃します。すべてを悟った彼女はケイトに挨拶をし、自分の子供を預けることを伝えます。, 一人になった彼女は、子どもを抱きしめて目隠しをします。そして、「名誉のために生きることが叶わないならば、名誉のために死にましょう。」と、父の形見の短刀で自害してしまいます。, 蝶々夫人は日本で最も上映されている名作オペラと言われています。日本音楽や美しい歌を堪能できるため、オペラデビューにもおすすめの作品です。オペラに興味のある方はぜひ一度鑑賞してみてはいかがでしょうか。. 蝶々夫人より 「愛の二重唱」(プッチーニ) hmv 054201 (旧 12インチ片面盤 盤質a- *小キズ 試聴:蝶々夫人より「愛の二重唱」(プッチーニ) ※音やノイズ等は再生機器や試聴環境により変わります。予めご了承下さい シェルマン アートワークスのspレコード Copyright © MIURA Printing Corporation. 半券(一般料金3700円の鑑賞済み半券)1枚につきお一人様1回限り有効。. All Rights Reserved. 『トスカ(Tosca)』は、ジャコモ・プッチーニ(Giacomo Puccini/1858年-1924年)によって作曲されたオペラです。 劇中では、数多くあるオペラの中でも特に人気のある有名なアリアが美しく歌われます。 プッチーニは同名の戯曲をみて、すぐにこの台本に惹かれたそうです。 ALL RIGHTS RESERVED. COPYRIGHT©SHOCHIKU CO.,LTD. 涙を誘う名アリア〈ある晴れた日に〉、提灯が舞う幻想的な〈愛の二重唱〉は必見。 世界を席巻する蝶々さん歌いH・へー、演技派バリトンのP・ジョット、ビロードの声と完璧な技術で絶賛されるE・ドゥショングなどキャストも万全だ。 苦境から救ってくれたアメリカ海軍士官を一途に愛した芸者蝶々さん。母国に戻った「夫」が彼女のもとに帰る日は?日本の長崎を舞台に、はかなくも強い女性の不滅の愛を感動的な音楽で描き切ったプッチーニの名作が、名監督A・ミンゲラの手で東洋美を極めた名舞台に。涙を誘う名アリア〈ある晴れた日に〉、提灯が舞う幻想的な〈愛の二重唱〉は必見。世界を席巻する蝶々さん歌いH・へー、演技派バリトンのP・ジョット、ビロードの声と完璧な技術で絶賛されるE・ドゥショングなどキャストも万全だ。, 歌心に富んだ熟練のオペラ指揮者。イタリア、ミラノ生まれ。スカラ座のオーケストラで首席オーボエ奏者になり、同時にR・ムーティやG・パターネのアシスタントを務めた後、指揮に転向。イタリア内外の劇場でイタリア・オペラを中心に振り、好評を得ている。2015年、新国立劇場で《マノン・レスコー》を指揮。METデビューは17年《リゴレット》。, アカデミー監督賞を受賞した『イングリッシュ・ペイシェント』で知られるイギリスの映画監督(1954-2008)。MET06-07シーズンのオープニングに新制作されたこの《蝶々夫人》がオペラデビュー作であり、洗練された東洋趣味、美しい色彩などでMETの人気プロダクションとなっている。, 中国生まれの世界的ソプラノ。強く張りがあり、女性らしさがにじむドラマティックな美声に恵まれ、イタリア・オペラの劇的な役柄を得意とする。蝶々さんはスカラ座でも歌った十八番のひとつ。2002年「ヴェルディの声」コンクールで優勝。METデビューは10年《アイーダ》。, アメリカ・カリフォルニア州出身のテノール。METデビューは2003年《セヴィリャの理髪師》アルマヴィーヴァ役。その後、《コジ・ファン・トゥッテ》フェランド役、《魔笛》タミーノ役、《ドン・ジョヴァンニ》ドン・オッターヴィオ役などモーツァルトの諸役をMETで歌っている。欧米の歌劇場でロッシーニからヴェルディまで幅広く歌い活躍中。, オペラからミュージカルまで、幅広いジャンルの舞台で活躍するバリトンのスター。セクシーでよく響く声、舞台映えする長身、観客を惹きつける演技力を兼ね備える。1969年ブラジル生まれ。97年《セヴィリャの理髪師》でオペラデビュー。2008年ミュージカル『南太平洋』でトニー賞を受賞。METデビューは10年《鼻》のコワリョフ役。, 輝かしい声、幅広い声域、圧倒的なコロラトゥーラの技術をはじめとする超絶技巧を武器に、ベルカントを中心に世界を席巻するメゾの新星。アメリカ、セリングローブ生まれ。名歌手C・ルートヴィヒの薫陶を受ける。LV2017-18《セミラーミデ》のアルサーチェ役で大ブレイクを果たした。, 新型コロナウィルス感染拡大に伴う外出自粛要請等により、一部休館する映画館がございます。ご来場の際には、上映の有無を各映画館HPにてご確認ください。, ※ローソンチケット、e+(イープラス)、セブンチケット、チケットぴあお得な特別鑑賞券3枚セットの販売は終了しました, <劇場窓口購入に限り、METライブビューイング2019-20シーズン鑑賞済み座席指定券半券提示で300円割引! 蝶々夫人(ソプラノ):15歳の没落藩士令嬢。夫を一途に愛する純粋な心を持っている。. Biu‚²‚ç‚ñAŽ„‚Ì–V‚âvƒsƒ“ƒJ[ƒgƒ“‹AŠÒ‚̏êj. オペラの中で歌われる、カップルでの二重唱。それはいつも愛をささやき合っているとは限りません。けんかをすることもあれば、時に裏切られることだってあるんです…人間味溢れるカップルの二重唱を、シチュエーション別にご紹介いたします♡ © Delight Creation Inc. All Rights Reserved. 私の愛の勝利よ!私の誠実が勝ったのよ! 彼は帰ってきて私を愛してくれるんだわ! 桜の小枝を揺すぶって花の雨を浴びたいわ 香り高い花の雨の中に私の想いを浸すの: スズキ: 奥様落ち着いて・・そんなにお泣きになっては・・ 蝶々さん: