政治-行政: 66.7%_法律-司法制度.訴訟手続法: 33.3% 000000439563_巡査看守試験準備書__法律研究会 編_井上一書堂_大阪_明42.7_監修 000000439636_文官普通及裁判所書記試験準備書__法律研究会 編_井上一書堂_大阪_明42.7_序 豊橋市でガラスのトラブル出張業者が豊橋市でガラスのお困りごとやご相談を承っております。現地でのお見積り・ご相談は一切無料(点検作業を伴う見積もりは有料)です。緊急のトラブルでも専用の受付窓口で対応しております。ご予約の際はご都合の良いお時間をお知らせください。休日・祝日、昼夜問わず受付中です。出張業者を初めてご利用になられる、という場合でも心配ありません。コールセンターのオペレーターが優しく丁寧にご要望をお聞きいたします。いつ、どの場所で、どのようなご依頼をされたいのか、しっかりと確認いたします。安心して信頼できる業者に任せたい、いますぐ何とかしたい、料金の見積もりを取りたいなどお問い合わせはいつでもお気軽にお電話ください。, ※料金表に記載の価格は参考価格となっています。 夜間(20:00~8:00)料金合計料金に¥8,000加算されます。 詳しくは現地見積でご相談・ご案内しております。お気軽にお問合せ下さい。, 豊橋市のガラスのご用命急行いたします! 家を空けることが多く不在がちな家は泥棒にマークされているかもしれません。ガラス破りを未然に防ぐ用途として2枚のガラスの間に特殊な膜を挟んだ防犯ガラスがおすすめです。また、防犯フィルムによってガラスが割れてしまったときの飛散防止になります。賃貸アパートの窓ガラスが割れているので、新品の物に取替えてほしい、アパートのドアのガラスにヒビが入っている。修理か交換したい、分譲マンションの窓ガラスを音漏れを防ぐため防音ガラスに交換する方法がわからない、店舗のガラスが割れているので交換する方法がわからない、といったあらゆる要請緊急で急行いたします! 心配事のない毎日のサポートができればとスタッフ一同真剣に考えております。お困りの際はぜひ、お問い合わせください。豊橋市でガラスのお困りは豊橋市出張のガラス屋が解決します。, ○提携法人に代わってコールセンターの運営から出動までを代行する「企業提携事業」を展開, 旭硝子株式会社、セコム株式会社、株式会社LIXIL、朝日火災海上保険株式会社、各種不動産関連会社、大手損保保険会社など(順不同), ガラスを割ってしまった、すぐに修理や交換したい、ガラス破りなど空き巣対策のため防犯ガラスを取り付けたい、結露対策で内窓、二重窓にしたい、防音、断熱、エコガラスに変えたいなどガラスや窓、サッシなどのお困りごとやご用命なら年中無休のフリーダイヤル通話料無料で受付しております。, ※離島やスタッフの欠員状況により、一部地域の対応ができない場合があります。対応地域についてはお気軽にお尋ね下さい。, 江戸時代、東海道五十三次の33番目の宿場「二川宿」が置かれた場所で現存する本陣などを見学することが出来る施設。館内の常設展では、江戸時代の街道とテーマとして当時の旅の様子など詳しい展示がされ、二川宿の街並みの復元模型なども置かれている。本陣についての資料などの展示も行っている。, 豊橋市(とよはしし)は、愛知県の南東部にある都市。東三河地区の中心都市で、同地区の人口の約半数を占めます。中核市に指定されています。, 中世から江戸時代まで市の中心部は吉田(よしだ)と呼ばれていました(吉田という地名は全国各地にあったため、三州吉田と呼ばれることが多かった)。, 吉田は豊川と朝倉川の合流地点で、渥美郡、宝飯郡、そして八名郡の境目に当たります。江戸時代には 吉田藩の城下町、吉田宿の宿場町、豊川水運で栄えた湊町でありました。明治2年6月(1869年)の版籍奉還で、吉田から豊橋に改称しました。, 市徽章は、江戸時代末、吉田城に8代君臨した長沢・松平・大河内(ながさわ・まつだいら・おおこうち)家が用いていた馬印を横から見た形の千切(ちぎり)です。, 市民は、「豊橋」を「とよはし」と発音することが多いです。またしばしば音が落ちて、「とよあし」と発音されることもあります。, 東三河の人口の過半数を占める中核市で、国勢調査推計人口は2013年9月1日現在愛知県第4位。2013年(平成25年)9月1日に発表した外国人登録人口は1万4108人。昼夜間人口比率は99.6%と100%を切っています。, 三河港と豊川用水を擁し、貿易港と農業を主軸とします。16世紀の今橋城(のち吉田城と改称)建築以来、東三河の中心に台頭し、江戸時代は特に、三州吉田藩の城下町、東海道五十三次の吉田宿・二川宿があり、幕末には7万石と岡崎藩・西尾藩を超え、旧三河国内では最大の勢力であったもよう。, 伊勢神宮の神領の一覧表である神鳳鈔に、吉田御園と記載があり、神宮雑書にも、建久3神領注文、外宮領、承平年間宣下、長寛1免租。神宮雑書・建久3神領注文 = 吉田御園、外 = 給主故少納言重綱(藤原ヵ)所由 = 件御園、雑(新ヵ)神戸内往古神領也、承平以後官符宣旨重畳之上、長寛元年重被下奉免宣旨也 = 供祭物、上分米3石、雑用料17石、件上分米近年不究済之・神鳳鈔 = 吉田御園 = 外宮上分3石菓子、雑用20石・諸国御厨御園帳 = 吉田御園 = 3石、菓子、栗6篭。このことから、平安時代には、吉田の地名が確認できます。, 牧野氏による吉田城築城のくだりです(牛窪記)や、天文年中の牧野氏・今川氏の書状に見え、今橋跡職、名字之知にて御座候間、という今川氏への訴状。藩翰譜の牧野氏の項目に、今橋城が吉田城と改名されたという解説。天文年中の今川氏の書状で三州吉田という用語が見え、今橋が使用されなくなっている事実などから、牧野氏が治めていた時代には今橋が使用されていましたが、今川氏が直轄支配の時代になると、吉田がもっぱら使われ、今橋は使用されなくなります。, 徳川家の史料である三河物語や家忠日記では一貫して吉田となっていて、伊勢神宮の史料でも吉田御園で、今川氏による三河国領土化・吉田城の取得以後、一貫して吉田と呼称され、今橋が廃号となっていることなどからも、今橋が吉田に改称されたとは言い切れないだろう。, 遊?

土橋駅で自宅や学校の近所のバイトを探すなら「チカバイト」で決まり!高校生・大学生向けの短期バイトや、主婦向けの事務バイト、フリーター向けの長期バイトなど、チカバでアルバイトを探したい方向けのアルバイト情報サイトです。 (10/07 15:31現在) ハリー・ポッターシリーズ - J・K・ローリングによる著書「クィディッチ今昔」によれば、豊橋市を本拠地とする「トヨハシ・テング(Toyohashi Tengu)」というクィディッチのプロチームがあるといいます。, みんな!エスパーだよ! ※時間外料金 ?記には、今橋ハ渡津ノ今道ヘカケタル故ノ名ナルベシ、という記述があり、東関紀行の文中にある、渡津の今道、という文言に今橋は由来するといいます。, 前述の通り明治新政府は当時の三河国吉田藩の藩名が伊予国吉田藩(宇和島藩の支藩)(旧愛媛県北宇和郡吉田町、現愛媛県宇和島市)に似て紛らわしいとのことで藩名変更の命を下しました。その命を受け藩主は「豊橋、関屋、今橋」の3つの名を選んだのです。新政府はその一番目の「豊橋」を採用して、正式に「豊橋藩」という藩名とすることを命じました。その後廃藩置県の後も豊橋の名が使われます。, 『三州吉田記』の記述にあるように、酒井忠次の吉田川(豊川)への架橋以前に、橋は存在しておらず、鎌倉時代の史書(『東関紀行』・『海道記』・阿仏尼の『うたたねの記』および『十六夜日記』)にも、川の浅瀬を渡っていることが記述されています。 徳川氏の武将の酒井忠次が、1570年(元亀元年)、関屋口から下地にかけて吉田川(豊川)に吉田大橋(土橋)を架ける土木工事を実施しました。その後、池田輝政が、船町を整備し前城主・酒井忠次が吉田川に架けた土橋の吉田大橋を木橋に架け替え、その位置も整備した下流の船町に移動させました。『三州吉田記』に「元亀元年、関屋之渡口始メテ土橋ヲ架ス」とあり、1591年(天正19年)にこの土橋を船町へ移すと記す。江戸時代には、江戸幕府が整備、管理する長さ120間の大橋でありました。, この船町の吉田大橋(吉田橋)は、明治時代に架け替えた時、とよばし(豊橋:濁音)と名称を変更しました。さらに、昭和に入ってから国道1号を整備した際、その上流(関屋口から下地)に新たに掛けられた橋を、以前の船町で呼称していた吉田大橋(よしだおおはし)と、再び名付けました。この国道整備により、かつての東海道は愛知県道496号白鳥豊橋線として県道になり、正式にはもともと架かっていた県道の大橋(西側の橋)の名を豊橋(とよばし)とするようになりました。, 豊川(とよかわ)というのは、古代律令制の三河国宝飯郡豊川郷から由来します。平城宮出土木簡に「参河国寶飯郡豊川郷」。長岡京出土木簡に、「延暦10年豊川里」。鎌倉時代になって、鎌倉街道が整備されると、豊川宿として機能しました。鎌倉時代の史書では、『海道記』に豊河の宿。『東関紀行』に「豊川といふ宿」。と記載されています。そして、現在の愛知県豊川市に至ります。, 豊川(とよがわ)は、古代律令制では飽海川(あくみがわ)と呼んだのです。 この飽海(あくみ)というのは、渥美郡のことで、7世紀までは、飽海(あくみ)と書いたことが835年(承和5年)の木簡(太政官符)から確認されています。その後、中世になって、室町時代から江戸時代まで吉田川と呼称した ことが『三河国聞書』から確認できます。1622年(元和8年)成立の『三河物語』においても、吉田河と記載されています。1849年(嘉永2年)の『徳川実紀』においても、吉田川と記載されています。愛知県図書館所蔵の江戸後期の三河国図においても、吉田川と記載されています。, 中世から江戸時代まで、豊橋は吉田(三州吉田)と呼ばれていました。明治2年6月の版籍奉還で、吉田を豊橋と改めました。明治2年9月に成立した伊那県足助庁作成の三河国全図に、豊川(とよがわ)と記載されています。, ※なお、古代から豊川(とよがわ)と呼ばれていたと主張する資料は、すべて明治以降のもので、注意が必要です。(上記の史料から、律令制の大和朝廷は飽海川、江戸幕府は吉田川、と間違いなく呼称しています。), 愛知県の南東部に位置しています。渥美半島の付け根部分で、豊橋平野の上に市域が広がっていて、高い山はほとんどないです(主な山は北東部の石巻山(358メートル)など)。南部は高師原、天伯原と呼ばれる台地となっています。市内を、豊川、梅田川などが流れ、北東部は低い山々(弓張山地)が存在し、静岡県との境界を形成しています。市西部の豊川、梅田川河口は三河湾と、市南部沿岸は太平洋と接しています。, 太平洋岸は片浜十三里(表浜海岸)と呼ばれ、ウミガメの産卵で知られます。三河湾と接する地域は大規模な埋め立て地があり、工業地の他、神野新田など穀倉地帯となっている, 中心部を東海道が横断し、吉田宿、二川宿など古くから城下町、宿場町として栄えました。現代でも東海道沿いに中心部を国道1号、JR東海の東海道新幹線、東海道本線、名古屋鉄道の名古屋本線が通っています。三河湾岸の三河港は、自動車や貨物などの輸出入の重要拠点となっています。, 縄文時代の遺跡として嵩山(すせ)の蛇穴遺跡など数件が、弥生時代の遺跡として瓜郷遺跡があります市域に流れる川の流域には4世紀から7世紀頃の古墳(円墳、前方後円墳)も多く発見されています。なお、豊橋市牛川町で1957年と1959年に約十万年前のものとされる人骨が発見され、牛川原人(牛川人)として紹介されていましたが、2001年にお茶の水女子大学の教授である松浦秀治がその骨をフッ素年代測定法で調査したところ、ナウマンゾウのすねの骨という結果が出た。そのため人骨である可能性は低いとされています。, 律令制(国郡制)の下で、三河国の渥美郡、宝飯郡、八名郡に属したとされています。律令制の下で班田制が敷かれていたとされる遺跡が、嵩山や賀茂などで見つかっています。また、初期の東海道が設置され、飽海川(あくみがわ、現在の豊川)河口には渡し場が置かれました。これは飽海川の渡しと呼ばれ、後に志香須賀(しかすが)の渡しとして『枕草子』の「渡は」の段などでも言及されていて、よく知られています。飽海川はその後、吉田川に改称され、明治以降に豊川に改称されました。「豊川」とは、現在の豊川市にあった古代集落・宝飯郡豊川郷を指します。, 現在の豊橋市域内の在地有力勢力は、八名郡石巻の西郷氏(岡崎の三河守護代西郷氏と同族)のみです。しかしながら、交通の要衝のこの地に目を付けた戸田全久(宗光)が二連木城(豊橋市仁連木町)を築城(1493年)、その後、西方の至近距離に、牛窪城(豊川市)の牧野古白(成時)が今橋城(豊橋市今橋町)を築城しました(1505年)。, また、この当時、東三河に今川氏の影響力が及んでおり、北条早雲を総大将とする今川軍が、三河国に侵攻しましたが、松平長親の前に敗北しています。, やがて、西三河をまとめた松平清康が東三河に侵攻、吉田城に篭る牧野信成、宇利城に篭る熊谷氏が防戦しましたが、他の東三河の勢力も清康に降参し、ここに初めて、松平家による三河国統一が実現されています。, しかしながら、森山崩れによって松平清康が横死したため、三河国は大混乱に陥り、東から今川義元、西から織田信秀が侵攻し、三河国は近隣国の植民地化します。松平氏は、今川氏の傘下となります。, 1560年(永禄3年)桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に討たれると、徳川家康は岡崎城に入城し、今川氏真を見限って独立を宣言。1565年(永禄8年)3月に吉田城が開城し、所属の今川軍と主将小原鎮実は遠江国に撤退しました。家康は、重臣の酒井忠次を吉田城に入城させ、東三河の旗頭となしました。そして、翌1566年(永禄9年)5月には牛久保城(豊川市)に残存勢力を結集していた牧野氏などの土豪なども家康の降伏の勧めに応じて、三河国は家康によりほぼ統一されました。, 1590年(天正18年)、徳川家康が駿府から江戸に遷ると、池田輝政が吉田城主(15万2千石)となり、城の拡張や城下町の形成、吉田川(豊川)への吉田大橋(現在の豊橋)の建設(酒井忠次による土橋から木橋へ)などが行われました。, 関ヶ原の戦いの後、江戸時代に入ると、吉田藩が設置され、3万石から8万石程度の譜代大名が治めました。吉田は城下町、湊町(吉田湊)、宿場町(吉田宿)として栄え、二川(豊橋市二川町、大岩町)も二川宿として栄えました。海道の脇街道として姫街道の八名郡嵩山(すせ)に嵩山宿が置かれました。吉田大橋(豊橋)は東海道におけるその重要性から、江戸幕府直轄の橋として管理されました。 1752年には、藩主松平信復により吉田城内に藩校時習館が置かれました。, 幕末の慶応3年7月27日(1867年8月)、牟呂村(現豊橋市牟呂町)で伊勢神宮のお札が降ったといわれます。江戸時代、最後の藩主は、大河内長沢松平家の大河内信古です。そのため、今の市役所の徽章が大河内長沢松平家の徽章になっています。, 版籍奉還直後の明治2年6月(1869年)、吉田は豊橋と改名されました。明治4年7月(1871年)、廃藩置県により豊橋県となり、11月には額田県、明治5年(1872年)に愛知県に統合されました。大区小区制が施行され、豊橋は第十五大区として管理され、愛知県の豊橋支庁が置かれました。1878年(明治11年)制定の郡区町村編制法により郡や町村が置かれ渥美郡豊橋町となり、1889年(明治22年)に郡制及び町村制を施行し、1906年(明治39年)には豊岡村と花田村を合併し市制を施行しました。1932年(昭和7年)に、下地町、高師村、牟呂吉田村、下川村、石巻村多米を編入しました。, 1888年(明治21年)に東海道線が開通し豊橋駅が開業しました。渥美線は1924年(大正13年)に高師 - 豊島間の開業後、1925年(大正14年)までに三河田原まで開業しました。路面電車(豊橋鉄道東田本線)は1925年に開業しました。1931年(昭和6年)、豊橋初の百貨店として豊橋丸物(広小路通。1950年(昭和25年)に駅前大通に移転、1973年(昭和48年)に西武との提携で豊橋西武となる)、豊橋市公会堂(八町通)が竣工しました。, 明治4年8月(1871年)、吉田城趾に名古屋鎮台が置かれた後、1885年(明治18年)には陸軍歩兵第18連隊が置かれたほか、1908年(明治41年)から1925年(大正14年)までは高師原に陸軍第15師団が置かれるなど軍都として繁栄しました。また明治から昭和の初めまでは養蚕業、製糸業が非常に盛んでありました。太平洋戦争の最中には、1944年(昭和19年)12月7日の東南海地震と、1945年(昭和20年)6月20日のB29、136機による空襲(豊橋空襲)によって、市街地の7割が焼失しました。, 終戦後、将来の発展を見越し市街地の大規模な土地区画整理と戦災復興都市計画が実施されています。 又食料対策として高師原、天伯原の開墾と神野新田等の自作農化が行われました。一方で、日本紡績(現・ユニチカ)を始めとした工場誘致活動を積極的に行い、郊外に工場が建てられていったのです。農工業の発展で新たな水源が求められていた中、1968年(昭和43年)には豊川用水が完成し農業・工業の発展に特に寄与しました。, 1970年代から30年にもわたって、全国の都市の中で農業粗生産額第1位を続けました。1959年(昭和34年)に完成した豊橋港(現在は三河港の一角)は、三河港の中心として発展しました。1980年代以降、市街地の郊外化が進んだのです。1999年(平成11年)、中核市に指定されました。, 1869年(明治2年)  版籍奉還直後、吉田から豊橋と改名。 1878年(明治11年) 郡区町村編制法施行、渥美郡豊橋町となります。 1888年(明治21年) 豊橋駅開業。 1889年(明治22年) 町村制施行。 1895年(明治28年) 渥美郡豊橋町は渥美郡豊橋村を合併します。 1899年(明治32年) 動物園開園。 1906年(明治39年) 市制施行。 1925年(大正14年) 市電(豊橋鉄道東田本線)開業。 1932年(昭和7年)  宝飯郡下地町、渥美郡高師村、牟呂吉田村、八名郡下川村、石巻村多米を編入。 1944年(昭和19年) 東南海地震発生。 1945年(昭和20年) 豊橋空襲。 1955年(昭和30年)3月1日 宝飯郡前芝村、渥美郡二川町、高豊村及び老津村ならびに八名郡石巻村を編入。 1955年(昭和30年)4月1日 八名郡双和村のうち大字賀茂の区域と渥美郡杉山村のうち大字杉山の区域を編入。 1959年(昭和34年) 豊橋港完成(現在は三河港の一角)。 1968年(昭和43年) 豊川用水完成。 1999年(平成11年) 中核市移行。 2006年(平成18年) 市制施行100周年。(2005年8月 - 2006年12月 「とよはし100祭」開催), 2000年(平成12年)(資料で確認できる範囲)から2005年(平成17年)まで、普通交付税交付団体でありました。「三位一体の改革」により交付税の削減が行われ、2006年(平成18年)度には交付税不交付団体になりました。, 議会を構成する委員会は大きく3つに区分されています。4つの常任委員会はそれぞれ9名ずつ所属します。, 総務委員会(9名) 環境経済委員会(9名) 福祉教育委員会(9名) 建設消防委員会(9名), 豊橋市消防本部(豊橋市役所内)イメージキャラクター「ヒケッシー」(恐竜)。豊橋市消防長以下、消防吏員を置きます。, 頂点に消防団長(1人)が置かれます。 消防副団長は8人で、第一から第八方面隊の各方面隊の隊長を兼任します。各方面隊は2人の副隊長(分団長格)を置きます。 小学校の校区を基本として、分団を置きます。分団長、副分団長、部長、班長、団員。, 〒440-8515 豊橋市八町通五丁目4番地(交通アクセス) 東三河総局が置かれ、「愛知県東三河県庁」の中核を担っています。, 定数:5名 任期:2015年(平成27年)4月30日~2019年(平成31年)4月29日, 任期 : 2014年(平成26年)12月14日 - 2018年(平成30年)12月13日(「第47回衆議院議員総選挙」参照), 3つの裁判所が同じ庁舎に存在します。所在地は豊橋市大国町110番地。地方裁判所と家庭裁判所の豊橋支部の管轄範囲は、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、北設楽郡です。また簡易裁判所の管轄は豊橋市、豊川市、蒲郡市、田原市です。, キャベツや白菜などの野菜の生産が盛んで、農業産出額は約500億円に上り、隣接する田原市に次いで県内第2位、全国でも5番目となります。(農林水産統計、平成17年)ちくわや寒天ゼリーといった加工食品も多く生産されています。, フォルクスワーゲン グループ ジャパン サーラグループ 東海漬物 ヤマサちくわ 永井海苔 精文館書店 豊橋鉄道 武蔵精密工業 豊橋信用金庫 サンビシ 夢コーポレーション めいほうぐるーぷ オーギヤグループ 物語コーポレーション 甲羅 キャナリィ・ロウ 日鉄トピーブリッジ, 豊橋駅ビルカルミア ホテルアソシア豊橋 ヤマナカ豊橋フランテ館 ココラアベニュー ココラフロント, ロワジールホテル豊橋 イトーヨーカドー豊橋店 エックスボール豊橋店 ユナイテッド・シネマ豊橋18 エフエム豊橋, マックスバリュ豊橋南店 カーマ21豊橋南店 ファッションセンターしまむら豊橋南プラザ店 スギ薬局豊橋南店, 三菱レイヨン豊橋工場 日東電工豊橋事業所 シンフォニア テクノロジー(旧社名:神鋼電機)豊橋工場 ユニチカ豊橋事業所 伊藤ハム豊橋工場 アスモ豊橋工場, 豊橋を中心とした三河港は国内屈指の国際貿易港です。特に自動車の輸出入は金額・台数とも全国第一位で、ドイツのブレーマーハーフェン港と並ぶ自動車輸出入港です。, フォルクスワーゲン アウディ ポルシェ ベントレー ランボルギーニ フィアット アルファロメオ クライスラー プジョー シトロエン フォード ボルボ, 2005年に開催された愛知万博で、愛知県内の市町村(名古屋市を除く)が120の万博公式参加国をそれぞれ「一市町村一国フレンドシップ事業」としてフレンドシップ相手国として迎え入れました。, アメリカ合衆国 中華人民共和国 ドイツ連邦 ベネズエラ・ボリバル共和国 ホンジュラス共和国 リトアニア共和国, 三河港や、近隣の豊田から浜松にかけて、自動車産業を中心に労働力の需要が高いため、ブラジルを初めとした南米系の外国人労働者が増えました。2007年(平成19年)5月1日現在の豊橋市における外国人登録者数は19,376人にのぼります。愛知県内では、名古屋市(約6万)に次いで外国人が多いです。人口に占める外国人の比率は5%に達します。, 豊橋市立家政高等専修学校 豊橋市立看護専門学校 あいち情報専門学校 豊橋調理製菓専門学校 豊橋ファッション・ビジネス専門学校, 時習館高等学校 豊橋工業高等学校 豊橋商業高等学校 豊橋西高等学校 豊橋東高等学校 豊橋南高等学校 豊丘高等学校, 豊橋市立石巻中学校 豊橋市立五並中学校 豊橋市立章南中学校 豊橋市立青陵中学校 豊橋市立高師台中学校 豊橋市立高豊中学校 豊橋市立中部中学校 豊橋市立東部中学校, 豊橋市立東陽中学校 豊橋市立東陵中学校 豊橋市立豊岡中学校 豊橋市立南部中学校 豊橋市立南陽中学校 豊橋市立南稜中学校 豊橋市立羽田中学校 豊橋市立二川中学校, 豊橋市立豊城中学校 豊橋市立北部中学校 豊橋市立本郷中学校 豊橋市立前芝中学校 豊橋市立牟呂中学校 豊橋市立吉田方中学校, 旭小学校 芦原小学校 東田小学校 石巻小学校 磯辺小学校 飯村小学校 岩田小学校 岩西小学校 植田小学校 牛川小学校 老津小学校 大崎小学校 大清水小学校, 大村小学校 小沢小学校 賀茂小学校 下条小学校 西郷小学校 栄小学校 汐田小学校 下地小学校 新川小学校 杉山小学校 嵩山小学校 鷹丘小学校 高師小学校, 高根小学校 谷川小学校 玉川小学校 多米小学校 津田小学校 つつじが丘小学校 天伯小学校 豊南小学校 中野小学校 野依小学校 八町小学校 花田小学校 羽根井小学校, 福岡小学校 富士見小学校 二川小学校 二川南小学校 細谷小学校 前芝小学校 松葉小学校 松山小学校 幸小学校 向山小学校 牟呂小学校 豊小学校 吉田方小学校, 曙幼稚園 牛川育英幼稚園 恵日幼稚園 大清水幼稚園 希望が丘幼稚園 悟真寺幼稚園 こばと幼稚園 仔羊幼稚園 寿泉寺幼稚園 寿泉寺いずみ幼稚園, 寿泉寺みゆき幼稚園 たかくら幼稚園 高師台幼稚園 高洲若葉幼稚園 豊岡幼稚園 豊橋旭幼稚園 豊橋才能教育幼稚園 豊橋中央幼稚園 豊橋若葉幼稚園 にじの森幼稚園, 花園幼稚園 光幼稚園 富士見幼稚園 富士見台幼稚園 二川幼稚園 不動院幼稚園 むさしの幼稚園 ゆめの子幼稚園, カンティーニョ学園 - ブラジル人学校。2006年(平成18年)12月に、県内で初めて「各種学校」の認可を受けました。 エスコーラ・アレグリア・デ・サベール 豊橋校 豊橋朝鮮初級学校, 飽海保育園 あしはら保育園 石巻保育園 磯辺保育園 岩田保育園 岩西保育園 植田保育園 牛川保育園 円通寺保育園 塩満保育園, 老津保育園 往完保育園 大崎保育園 大村保育園 春日保育園 賀茂保育園 こまどり保育園 三郷保育園 三宝保育園 正林寺保育園, 昭和保育園 下条保育園 杉山保育園 嵩山保育園 高師東保育園 高塚保育園 谷川保育園 玉川保育園 長栄保育園 天伯保育園, 東部保育園 豊南保育園 豊橋ひまわり保育園 野依保育園 柱保育園 羽田保育園 花ヶ崎保育園 東観音寺保育園 東山保育園 ひばり保育園, 福岡保育園 二川東保育園 吉田方保育園 吉田方西保育園 前芝保育園 松葉保育園 みどり保育園 緑ヶ丘保育園 向山保育園 明照保育園, アイプラザ豊橋(旧愛知県豊橋勤労福祉会館) 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 豊橋市民文化会館 豊橋市公会堂 豊橋市中央図書館 豊橋市向山図書館 豊橋市大清水図書館 豊橋市視聴覚センター ライフポートとよはし ポートインフォメーションセンター「カモメリア」 こども未来館「ここにこ」 りすぱ豊橋(温泉プール、露天風呂、サウナ、トレーニングルームなど) 牛川遊歩公園, 豊橋市総合体育館 アクアリーナ豊橋(5 - 9月:屋内プール、11 - 3月:屋内スケート場)), 豊橋に拠点を置くマスメディアは、テレビ局1社、FM局1社、新聞社2社です。なお、名古屋に本社のあるメディアの中日新聞社、東海テレビ放送、CBCテレビ、名古屋テレビ放送、中京テレビ放送、東海ラジオ放送(一度撤退しましたが、2011年頃に再び「三河支局」の名で設置した)及びNHKは市内~三河地域の取材・営業拠点等の業務のため、支社・支局を置いています。なおその他の新聞社(朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞中部支社、日刊工業新聞社、静岡新聞社、静岡放送)も置いているところがあります, かつてはCBCラジオが豊橋放送局内に設置した「向山スタジオ」から独自放送を行っていましたが、2001年(平成13年)3月にスタジオを閉鎖しました。また、東海ラジオも2000年(平成12年)頃まで豊橋放送局独自の番組を放送していました。, NHK名古屋第1 豊橋 1161kHz/名古屋 729kHz NHK名古屋第2 豊橋 1359kHz/名古屋 909kHz CBCラジオ 豊橋 1485kHz/CBCラジオ長島送信所1053kHz 東海ラジオ 豊橋 864kHz/東海ラジオ放送七宝送信所1332kHz, NHK名古屋FM 豊橋 85.3MHz/名古屋 82.5MHz エフエム愛知(FM AICHI) 豊橋 81.3MHz/名古屋 80.7MHz ZIP-FM 豊橋 77.1MHz/名古屋 77.8MHz InterFM NAGOYA 名古屋79.5MHz, 他の県内各市町村同様中日新聞が多数を占めています。次いで朝日新聞、読売新聞、毎日新聞などが続きます。地元紙の東愛知新聞や東海日日新聞は1万部以下と極めて苦戦しています。なお静岡県と隣接する地域なので、静岡県の地方紙である静岡新聞も購読可能です。, 東西の幹線として東海道本線・国道1号が通り、南北の連絡線として飯田線・国道151号などが通ります。このため、三遠信における交通の要衝ともなっています。, 鉄道事業法上の鉄道駅として中心となる豊橋駅は花田町にあり、全国初の民衆駅です。 市内の鉄道は、東海旅客鉄道(JR東海)、名古屋鉄道(名鉄)、豊橋鉄道の三社によって運営されています。, 東海道新幹線が停車し、市内及び、周辺都市への玄関口となっています。 飯田方面にはJR東海飯田線が、田原方面には豊橋鉄道渥美線が伸びています。市内には豊橋鉄道の路面電車(東田本線)(軌道法適用の併用軌道)が走っていて、旧吉田城下(豊橋公園前停留場・市役所前停留場)と豊橋駅・新豊橋駅ができたかつての渥美郡花田村(駅前停留場)を結んで市民の足として親しまれています。, 東海道新幹線 : 豊橋駅 ■東海道本線 : 豊橋駅 - 二川駅 ■飯田線 : 豊橋駅 - 船町駅 - 下地駅, ■渥美線 : 新豊橋駅 - (花田信号所) - 柳生橋駅 - 小池駅 - 愛知大学前駅 - 南栄駅 - 高師駅 - 芦原駅 - 植田駅 - 向ヶ丘駅 - 大清水駅 - 老津駅 - 杉山駅 ■東田本線(市内線:路面電車) : 駅前停留場 - 駅前大通停留場 - 新川停留場 - 札木停留場 - 市役所前停留場 - 豊橋公園前停留場 - 東八町停留場 - 前畑停留場 - 東田坂上停留場 - 東田停留場 - 競輪場前停留場 - 井原停留場 - 赤岩口停留場, 市街地を縦断する国道1号、市街地を避けて通る地域高規格道路の国道23号名豊道路の一部である豊橋バイパス・豊橋東バイパスが、自動車交通の中心となっています。 バイパス開通前までは、中心部では交通量が多く全て平面交差であるため、慢性的な渋滞が発生していました。特に、西八町交差点では国道1号、国道23号(蒲郡街道)、国道259号(田原街道)が交わるため渋滞が発生しやすく、周辺道路にも影響を与えていました。 バイパスは田園地帯を貫くように建設され、豊橋東バイパス東細谷IC -豊橋バイパス豊川為当IC(豊川市)は2013年6月に暫定2車線で全線開通(一部区間は4車線)し、市街地の渋滞緩和へ大きく寄与しました。 一部区間を構成する豊川橋はかつて有料道路であったのですが2005年に無料化されました。 田原市緑ヶ浜、明海町方面の交通分散化のため、国道259号バイパスの建設が進められています。, 環状線では豊橋環状線および東三河環状線が、ゆっくりではありますが着実に整備が進められています。また、豊橋・豊橋東バイパスの開通に合わせ、各インターチェンジと市街地を結ぶ都市計画道路の建設・拡幅工事も行われています。, 東名高速道路は、市域の北端を通過していますが、市内にはインターチェンジは設置されていません。このため、豊川IC(豊川市)や音羽蒲郡IC(豊川市)、三ヶ日IC(浜松市北区)、浜名バイパスを経由して浜松IC(浜松市東区)などを利用するしかないです。 ※国道23号BPの一部です。豊川橋の無料化に続き、本坂トンネルも2008年(平成20年)4月1日より無料化されました。, 市内東部の国道1号の県境付近の上り線では、静岡県警の電光掲示板が設置されています。交通情報・交通案内は静岡県の物に準ずります。, 野依IC - 大清水IC - 大崎IC - 豊橋港IC - 神野新田IC - 豊川橋南IC - (前芝IC), 愛知県道2号豊橋渥美線 愛知県道3号豊橋湖西線 愛知県道4号豊橋大知波線 愛知県道31号東三河環状線 愛知県道69号豊橋乗本線 愛知県道81号豊橋下吉田線, 愛知県道143号豊橋停車場線 愛知県道173号湖西東細谷線 愛知県道375号前芝国府停車場線 愛知県道379号石巻山線 愛知県道380号豊橋一宮線 愛知県道381号豊津石巻萩平線 愛知県道385号前芝小坂井停車場線 愛知県道386号平井牟呂大岩線 愛知県道387号清須下地線 愛知県道388号大山豊橋停車場線 愛知県道393号豊橋港線 愛知県道394号中条豊橋線 愛知県道397号城下田原線 愛知県道400号豊橋豊川線 愛知県道401号太田中原線, 愛知県道402号中原東細谷線 愛知県道403号細谷二川線 愛知県道404号小松原二川停車場線 愛知県道405号小松原小池線 愛知県道406号東七根藤並線 愛知県道407号伊古部南栄線 愛知県道408号野依植田線 愛知県道409号東赤沢植田線 愛知県道410号伊古部老津線 愛知県道411号城下老津線 愛知県道496号白鳥豊橋線 愛知県道499号石巻萩平豊川線 愛知県道502号豊橋環状線 愛知県道503号六連杉山線, 二連木城跡(大口公園) 大津城跡(高縄城) 月ヶ谷(わちがや)城跡 吉田神社;(明治2年の三河国全図;伊那県足助庁印では、須佐男社になっています。) 安久美神戸神明社(豊橋神明社) 豊橋市公会堂(登録有形文化財) 豊橋ハリストス正教会(重要文化財) 牛川の渡し 岩屋観音(大岩寺) 二川宿本陣資料館 二川伏見稲荷 瓜郷遺跡 馬越長火塚古墳(国史跡、県史跡) 前芝の燈明台 嵩山の蛇穴 吉田三ヶ寺 龍拈寺、神宮寺、悟真寺 臨済寺(小笠原氏の菩提寺。茶道宗?流ゆかりの寺。) 全久院(戦国武将戸田全久の菩提寺) 普門寺 赤岩寺 牟呂八幡社(幕末の「ええじゃないか」発祥の地とされています。) 湊神明社;(明治2年の三河国全図;伊那県足助庁印では、神明社になっています。), 聖眼寺;(明治2年の三河国全図;伊那県足助庁印では、下地の正眼寺になっています。), (徳川家康の馬印→金扇の発祥伝説。松尾芭蕉の句碑もあります。) ただし、東海道名所図会には、下地の聖眼寺の名前および松尾芭蕉の句碑の記載はありません。;知立神社の解説には、芭蕉句牌の記載ありです。, ちくわ にかけうどん ゆたかおこし - 若松園 菜飯田楽 五平餅 ハゼの佃煮 ウズラの卵(生産量日本一) 大葉 しその葉(生産量日本一) 次郎柿(生産量日本一) 豊橋筆(生産量日本第2位) 手筒花火, 春祭りです(1月下旬 - 5月上旬) 豊橋神明社の鬼祭(重要無形民俗文化財)(2月10日・2月11日) 穂の国豊橋ハーフマラソン(3月) 花しょうぶまつりです(5月下旬 - 6月中旬) 納涼まつり「夜店」(6月毎週金・土・日) 豊橋祇園祭(7月第3金・土・日曜日) みなとフェスティバル(7月第3月曜日) 炎の祭典(9月第2土曜日) 羽田祭(10月第1土・日曜) 二川八幡神社例大祭(10月第2土・日曜日) 豊橋まつりです(10月第3土・日曜日) 飽海人形浄瑠璃(11月第3日曜日) とよはしまちなかスロータウン映画祭(10月末 - 11月の土日、祝日、2002年- ) ものづくりフェアin東三河 豊橋花祭り 朝市, 一五(イチゴ)の市:毎月1、5,11,15,21,25日(羽田八幡宮境内と参道) 二七(ニシチ)の市:毎月2,7,12,17,22,27日(西松山町) 三八(サンパチ)の市:毎月3,8,13,18,23,28日(前畑町) 四九(シク)の市:毎月4,9,14,19,24,29日(広小路4・5丁目) 六十(ロクト)の市:毎月6,10,16,20,26日(富本町、柱一番町).