【ベネッセ|病気】幼児 鼻血 朝(朝起きると頻繁に鼻血が出ていま…)についてご紹介します。アレルギー、インフルエンザ、湿疹、風邪、発熱などの赤ちゃん・子どもの病気や成長に関する情報が満載。

1)鼻血以外で怪我をしたときに出血が止まりにくい CTRL + SPACE for auto-complete. 2012年 荒牧内科開業, 鼻水も体の奥に細菌やウイルスが入らないようにおし流す役目があります。鼻水が多いからといって、薬で止めてしまうと、かえって体のシステムが乱れる原因となるのです。, また、体を温めてあげると鼻水も出やすくなります。元気な場合は、沐浴をさせてみましょう。部屋を加湿しても良いでしょう。, 奥まで入れると粘膜を傷つけて鼻血が出てしまう場合もあります。綿棒は、赤ちゃん用の小さいものを使用してください。, 母乳点鼻を行うことで、鼻づまりが緩和され、ティッシュや綿棒で取れやすくなる場合があるようです。 赤ちゃんの鼻に鼻くそが詰まって、息苦しそうに見える時があります。取ってあげたいけれど、小さな鼻の中をお手入れするのは難しそう…。取ろうとして傷つけてしまうかもしれないし、そもそも赤ちゃんの鼻くそは取ってあげた方がいいのでしょうか? 2)ご家族の中に血液凝固に異常をきたす疾患をお持ちの方がいる 1歳4ヵ月になる男の子ですが、最近頻繁に朝起きると鼻血が出ています。手を見ても鼻をほじった形跡がなく、昼間は鼻血は出ていません。血の量はさほど多くは在りませんので、このまま様子を見ていて大丈夫でしょうか?, 左右の鼻を分ける真中の壁(鼻中隔)の入り口近くでは、鼻粘膜の比較的浅い部分に血管が走行しているため、鼻出血しやすい部位となっています。また、いったん傷ができると、軽微な刺激でも傷口が開いてしまうため、頻繁に鼻出血を繰り返すことも少なくありません。特にお子さんの場合には、粘膜自体が未熟で刺激に対する抵抗力が弱いことから、わずかな刺激でも傷になって出血する可能性が高く、さらに無意識のうちに鼻を触って傷つけてしまうことも多いと考えられます。また、風邪に伴う鼻炎や、アレルギー性鼻炎を合併していれば、鼻の粘膜はそれらの鼻炎による炎症の影響で、より出血しやすい状況になっていると考えられます。また、鼻水等を気にしてお子さんの指や手が鼻に伸びる機会も多くなっているかも知れません。指に血液が付着していなくても、手の甲で外側から鼻をこすることでも内側の鼻粘膜を傷つけてしまう可能性があります。夜間の少量の鼻血以外に鼻の痛みや、鼻や顔のはれ、顔の内出血、発熱などの疑わしい状況や症状がないのであれば、鼻粘膜の傷が自然に落ち着く1〜2週間程度はこのまま経過を見て差し支えないものと思われますが、鼻出血が大量で長期に続く、あるいは鼻水・鼻詰まり・くしゃみなどの鼻炎症状を伴うのであれば、一度耳鼻咽喉(いんこう)科を受診して原因等の精査を受けることが望ましいと考えます。特に、極めて稀なことですが、鼻血を繰り返すことから、何らかの血液疾患や鼻の腫瘍性疾患が発見されることもありえますので、ご相談のお子さんで、以下に挙げる項目に心当たりがあるようでしたら、早めにご相談ください。 赤ちゃんが暴れたら、綿棒を離さずにすぐに引いてください。 綿棒でかきだすと粘膜が傷くので、 鼻の穴に入れて良いのは綿の部分まで です。鼻の入口付近のカピカピ鼻くそを引っ掛けるイメージで、2回ほどクルッと回して引き抜きます。 赤ちゃんは急に体調が変化したり、泣いたりすることが多く、次にどんなことが発生するのか予測がつきません。お母さんとしては、さまざまなことが発生しても慌てず落ち着いて対処していきたいものですが、赤ちゃんが鼻血を出してしまうと、つい慌ててしまうという方も多いのではないでしょうか。, 赤ちゃんは鼻血を出しやすいと言われていますが、鼻血を見るとどうしてもお母さんがパニックになってしまいます。もしかしたら病気かもしれない、どうやって鼻血を止めればいいの?など、何をすべきかわからなくなってしまうことでしょう。赤ちゃんの鼻血について知っておきたいさまざまな情報を幅広くご紹介していきます。, 赤ちゃんの鼻血の原因や対処方法など詳しくご紹介していきたいと思います。たくさんの知識を知っておくことができれば、いざ鼻血が出ても慌てず対処することができるでしょう。, 冬だけでなくエアコンが原因で、ドライノーズに悩まされる方もずいぶん増えています。鼻の中はウイルスや菌が入ってこないようにいつも湿り気がありますが、このドライノーズは鼻の中の粘膜までも乾燥してしまい、ヒリヒリ痛みます。, 粘膜が乾燥すると傷つきやすくなり、出血し鼻血となって外に出てくるようになります。赤ちゃんは大人よりも皮膚が薄く粘膜が弱いですから、少しの乾燥で鼻血が出やすくなります。, 乾燥すればそれだけ菌やウイルスに感染する機会が増え、免疫力の弱い赤ちゃんにとって良い事は一つもありません。環境によっては一年中起こる可能性もあるので、暖房をつける時は加湿も同時に行ったり、クーラーを効かせすぎないように注意しましょう, 赤ちゃんは体内の血液量が大人よりも多く、新陳代謝も活発です。ですからちょっとした事でのぼせやすく、鼻血も出やすくなります。例えばお風呂に入ると体温が上がりますから血行が良くなって鼻血が出る事も珍しくありません。, 一緒にお風呂に入ったら急に鼻血を出したので、びっくりしたお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか。その他にも夜寝ている最中や朝起きた時に鼻血が出ているのは、沢山着たり布団をかけすぎていたりして、のぼせてしまったからだと考えられます。, 寝ている最中に顔が赤かったり背中に汗をかいているようなら着せすぎなので、上手く体温調節できるよう手伝ってあげてください。, 鼻水のケアをきちんとしていても、赤ちゃんの鼻の粘膜そのものが敏感になっていると、すぐに鼻血が出やすくなってしまいます。赤ちゃんの鼻の粘膜がデリケートにしてしまうのは、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎、蓄膿症などが関係している可能性があるでしょう。, アレルギー性鼻炎は、ハウスダストが含まれているホコリや、待機中に広がる花粉が刺激となって鼻炎症状を引き起こすものです。部屋の中は清潔な状態にしておき、外から帰ってきたときは花粉やホコリなどをしっかり洗い流すようにしましょう。, 副鼻腔炎は、おでこの真ん中あたりから鼻の横にかけて存在する空洞部分が、風邪などのウィルスや細菌に感染し、炎症を引き起こす病気のことです。鼻がつまりやすくなっていたり、鼻水の色が黄緑色をしていたりするなら、風邪を引いている可能性が高いのですぐにお医者さんに診てもらうようにしましょう。, 蓄膿症は、副鼻腔炎がなかなか治らず慢性化してしまったものです。頻繁に黄緑色の鼻水が出て、イヤなニオイがするのが特徴です。適切な治療が必要ですので、病院できちんと完治するまでケアしてもらうようにしましょう。, コーヒーやチョコレートを多く食べると鼻血が出やすいというのは、すでに当たり前の事実ですね。これらの食べ物が鼻血を引き起こすのは、含有しているカフェインが原因です。, カフェインには血管を収縮させて血圧を上げ、血管から出血しやすい状態を作り出す働きがあります。赤ちゃんには縁遠い食べ物かも知れませんが、チョコレートは口に入れる機会があるかもしれませんので、離乳食を卒業するまではあげないようにしましょう。, また、お母さんが摂取したカフェインは、母乳を通して赤ちゃんに伝わります。鼻血が出やすい体質の赤ちゃんは、この母乳が原因で鼻血を出す可能性がないわけではありませんから、授乳中はカフェインをできるだけ控えた方が良いでしょう。, 鼻血はたいていが良くある原因によって起こるもので、一部の病気以外はさほど心配する必要はありません。しかし、頭を強く打った後の鼻血は危険性を伴うケースがあります。, 鼻付近をぶつければ血管が切れて出血しますが、血液の混じった鼻水のような液体が大量に鼻から出てきた場合は、頭蓋骨を骨折している可能性があるのですぐ病院へ連れて行きましょう。, この液体は血液ではなく脳の周りを囲んでいる髄液で、損傷した箇所から漏れ出て鼻を通って体外へ出てきます。特に歩き始めの赤ちゃんは良く転倒したり、公園で高い所からの落下などは危険がありますので、目を離さないようにしましょう。, 赤ちゃんによっては、大泣きしているときに鼻血を出すことがあります。大泣きすると血圧が急上昇するため、鼻の粘膜にある血管が切れて鼻血を出してしまうのです。, 鼻血を止めるには、赤ちゃんを落ち着かせてあげることが最優先になります。タオルなどをあてながら、抱っこをして背中をトントンしながら泣き止ませ、それから鼻血の処置をするようにしましょう。, そもそも赤ちゃんは鼻血を出しやすいと言われています。その原因は、赤ちゃんの鼻の粘膜が非常に薄く、少しの刺激ですぐに傷ついてしまうからです。, また、鼻の入り口から1cmくらいの「キーゼルバッハ」と呼ばれる場所には血管がたくさん集まっているため、ちょっとした衝撃で傷つき、すぐに鼻血を出してしまうのです。では、具体的にどのような刺激が粘膜を傷つけ、鼻血を引き起こしてしまうのでしょうか。, まず、よくある刺激として多いのが、鼻水を処理するときのティッシュや綿棒による摩擦です。, 赤ちゃんは少しホコリっぽい場所にたり、誰かがクシャミをしただけでも、たくさんの鼻水を出します。これは、赤ちゃんの鼻に侵入したホコリやウィルスなどを外に出そうとする力が働くからです。, 何度拭いても鼻水がたくさん出てくるため、優しく吹いているつもりでもティッシュや綿棒の摩擦が蓄積し、最終的には粘膜を傷つけてしまいます。その結果、鼻水に鼻血が混ざったり、突然鼻血が出てきたりしてしまうのです。, 赤ちゃんの鼻水は、サラサラ流れるタイプの物と、粘り気があるタイプに分けられます。サラサラ流れるタイプの鼻水なら、鼻の外に出てきたところで拭き取れば、鼻の粘膜を傷つけることはありません。, しかし、粘り気があるタイプの鼻水だと外に出てきにくいため、綿棒を入れて掻き出そうとしたり、ティッシュで強くつまんで絞り出そうとしたりしてしまいます。, ただ、ティッシュや綿棒だけでは粘り気のある鼻水を全て除去することはできません。そこで、鼻水を除去してくれるさまざまなグッズを使用することになります。, 逆流防止の弁がついたストロータイプのグッズや、スポイトのようなもので吸いとるタイプのグッズなどが人気ですが、これらのグッズを使用すると強い圧力が鼻の中にかかってしまうため、鼻の粘膜を傷つけてしまうのです。, 鼻血を出したばかりだと、少し圧力がかかっただけでも再び粘膜が傷つき鼻血を出してしまいます。鼻血が続く場合は、鼻水除去グッズの使用を控え、外に出てきた鼻水を処理するようにしましょう。, 赤ちゃんが鼻血を出すのは、ティッシュや綿棒、鼻水除去グッズなどの刺激が原因となっていることがあります。赤ちゃんは頻繁に鼻水を出すからこそ、毎日のケアを少し変えることで、鼻の粘膜を傷つけず鼻血を予防することができます。, 鼻の粘膜をできるだけ傷つけない鼻水のケア方法として、ティッシュを使ったものがありますのでご紹介しておきましょう。, まず、ティッシュを縦に半分折り、もう半分折って細長い短冊状にします。折ったティッシュの先端を赤ちゃんの鼻の穴にくっつけて、鼻水をティッシュに吸着させ、少しずつティッシュを手前に引いていきます。, 細長いティッシュの上をベルトコンベアのように鼻水がついていきますので、何枚か使用しながら鼻の奥にたまった鼻水を引き出していきましょう。, この方法は、サラサラ流れるタイプの鼻水にも、粘り気があるタイプの鼻水にも使えます。鼻の粘膜を傷つけず、鼻血を予防することができるので、これからはこの方法で鼻水をケアしてみてください。, 赤ちゃんから鼻血が出てきたときは、頭の位置を高くしてあげるようにしましょう。クッションで高さをつけたり、座らせたり、縦に抱っこして鼻血が外に出やすいようにします。, 大人のように上を向かせてしまうと、鼻血が逆流して飲み込んでしまったり、軌道に入ってむせてしまったりすることがあるので、顔は下を向くようにしてください。, ティッシュやタオルなどで滴る鼻血をキャッチしながら、指でそっと小鼻をつまむようにしましょう。赤ちゃんなら、1分~2分ほどで鼻血が止まってきます。長い場合でも、10分ほどすれば自然に鼻血は落ち着いてくるでしょう。, 鼻血がなかなか止まらない場合は、病院で診てもらうようにしてください。また、鼻の穴にティッシュを詰めてしまうと、それが刺激になって再び鼻血が出やすくなってしまいますので、赤ちゃんには行わないようにしましょう。, せっかく鼻血が止まっても、粘膜にできたかさぶたが痒くて触ってしまい、再び鼻血を出てしまう赤ちゃんがいます。鼻を触らせないようにするためにも、ミトンなどを手に被せておくと安心です。また、爪を短く切っておくことでかさぶたをひっかいてしまう心配が少なくなるでしょう。, 小さな赤ちゃんからの出血を見ると、お母さんはすぐに何か異常があるのでは!とパニックになってしまいがちです。赤ちゃんはお母さんの気持ちに敏感ですから、お母さんがパニックになると赤ちゃんもつられて泣き出してしまうでしょう。, 泣けば血圧が上がり、一層鼻血が出て止まらなくなってしまいます。内心パニックでも表情には出さないようにして、まずは鼻血を止めるのを最優先しましょう。, ただし、お母さんが落ち着いていてもお父さんや周りの人が大騒ぎをすれば、やはり赤ちゃんもパニックになってしまうので、赤ちゃんよりも周りの人を落ち着かせるのが最初かも知れません。この対応は乳幼児の怪我や病気に有効ですから、ぜひ試してみてください。, 赤ちゃんの鼻水について原因や対処方法などについて幅広くご紹介しました。鼻血が出るとつい慌ててしまいがちですが、きちんと対処して予防もしておけば自然と鼻血が出る回数は減ってきます。, お母さんが慌ててしまうと、赤ちゃんの気持ちも興奮したままで鼻血が止まりにくくなってしまいますから、早く鼻血を止めたい時は冷静に行動するようにしましょう。.

鼻水も体の奥に細菌やウイルスが入らないようにおし流す役目があります。鼻水が多いからといって、薬で止めてしまうと、かえって体のシステムが乱れる原因となるのです。 また、体を温めてあげると鼻水も出やすくなります。元気な場合は、沐浴をさせてみましょう。部屋を加湿しても良いでしょう。

※これらの鼻水ケアは、赤ちゃんが手を出しくると危ないです。手が出せないように布団で包んでから行いましょう。, ※自宅でのケアで改善が見られない場合は、小児科や耳鼻咽喉科で医師の治療を受けましょう。, 緑色・黄色の鼻水は粘りがあり、取れにくい場合もあります。その際は病院でキレイにとってもらいましょう。, また、「後鼻漏症候群」といい、鼻水が喉の方へ流れて痰がからんだ咳をします。風邪の後になりやすく、長引くので、この場合も小児科や耳鼻科で、鼻腔吸引をしてもらいましょう。, 大人と同様に、風邪を引いているとどうしても鼻がつまり、寝ている時にいびきをかきます。風邪症状が落ち着けば元に戻ります。いびきの途中で呼吸が止まる場合は、病院を一度受診しましょう。, 鼻の通りを良くするお薬もあります。

スマホひとつで家族全員のお薬を管理できます。, \今ならキャンペーン中/ 先生, 1998年 埼玉医科大学 卒業

3)いびき・鼻づまりがひどい

赤ちゃんの鼻づまりが苦しそう。 ふと、赤ちゃんの鼻に見つける鼻くそ。可哀想だから取ってあげようとした時、思わぬ事態になることがあります。それは「鼻血」!ママが赤ちゃんの鼻くそを取ろうとして、鼻血を出してしまうことはよくあります。そんな時は、正しい鼻くその取り方をマスターし 1998年 福岡大学病院 臨床研修 赤ちゃんの鼻づまりの正しい取り方と、鼻掃除の方法をお医者さんに聞きました。, 院長荒牧竜太郎 赤ちゃんは頻繁に鼻水を出すからこそ、毎日のケアを少し変えることで、鼻の粘膜を傷つけず鼻血を予防することができます。 鼻の粘膜をできるだけ傷つけない鼻水のケア方法として、ティッシュを使ったものがありますのでご紹介しておきましょう。

なお、お子さんの鼻出血では、血液の一部を無意識に飲み込んでいて、結果的に表面上の出血量が少なく見えている可能性もあります。そのような場合、血液を嘔吐したり、1〜2日後に便中に排泄されて便色が黒っぽく変化したりしますので、それらしい兆候を認めたときにも、必ずかかりつけの小児科あるいは耳鼻科にご相談ください。, 東北大学医学部卒業。東京大学小児科、自治医科大学小児科を経て、 1979年から2001年まで国立小児病院神経科医長、 2001年から2004年まで国立成育医療センター神経内科医長 、2006年から、東京西徳洲会病院小児センター神経・発達部勤務。 小児神経学、発達神経学が専門。, 慶應義塾大学卒業後耳鼻咽喉科専修医研修を経て、1991年より国立小児病院、 2002年より国立成育医療センター耳鼻咽喉科医長として勤務。 2003年9月より神谷町耳鼻咽喉科院長、現在に至る。小児耳鼻咽喉科、神経耳科が専門。, 教育情報サイトは、幼児・小学生・中学生・高校生のニーズに合わせ、みなさまの学びをサポートします。, | サイトマップ | ベネッセ教育情報サイトとは | 利用規約 | | お問い合せ | よくあるご質問(FAQ) | 著作権について |, 個人情報に関するセキュリティ対策・拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部, ※アドバイスの中の情報を検索できます。症状や病名などのキーワードを入力して下さい。. 奥につまっていて見えない・・・。

鼻水が長引いて鼻が詰まると、「副鼻腔炎」を発症して、自然治癒が難しくなる場合もあります。また、風邪の鼻水かなと思っていたものが何らかのアレルギー反応であることもあります。, 薬の処方、いびきや呼吸の相談がある場合も同様に、耳鼻咽喉科か小児科を受診してください。, 「つい忘れがち」「かさばって不便」というママ・パパには「EPARKお薬手帳」がおすすめ。 【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインでEPARKリラク&エステで使える3,000円OFFクーポンプレゼント!, 公開日:2019-10-28 | 更新日:2020-09-10, 新生児は口呼吸が苦手で、鼻が苦しくなると途端に息がしにくくなり泣きます。泣くと呼吸ができるのですが、息苦しくは感じていると思います。, ※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。. 2000年 福岡大学病院 呼吸器科入局

Write CSS OR LESS and hit save.