今回はその「インパクト」に絞って、バッティングの技術解説をしていきたいと思います。... バッティングをはじめとした野球の動作では「股関節の柔らかさ」や「骨盤の使い方」と言うキーワードがよく使われています。

どうも、野球上達請負人のyuukiです!

| Activeる! 今回の記事ではスイングスピードを上げることによって得られる効用と練習方法や測定方法をご紹介していきます。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); あのどっしりとした下半身はバッターとしても風格がありますし、見ている側も期待をしてしまいます。, 確かにバットを握っているのは手で、使っているのは腕ですが、下半身がブレてしまうと目線もブレてしまうのでボールを上手く捉えることができません。, 別記事の「足の使い方」で足を大きく上げて打つと強くて飛距離のある打球が打てることを書きましたが、大きく上げるためにはやはりしっかりとした土台が必要です。, そして、内転筋に力を溜めて、それを放出してあげることがバッティングに置いて鍵となってきます。, しっかりと股関節を意識しないといけません。練習した次の日に股関節が張るくらいに使っていきましょう。, イメージとしては軸足側の股関節を、踏み込んだ足側の股関節に「入れ替える」というイメージです。, これがちゃんとできるようになると踏み出した足側のお尻(右バッターなら左のお尻、左バッターなら右のお尻)が張ってくると思います。, バッティングにおいて考えることはただ一つ、「インパクトの瞬間に最高の状態を作る」。これだけです。, それさえ作ることができればガニ股打法だろうが、振り子打法だろうが、何だっていい訳です。, 狭すぎると差し込まれてしまいますし、広すぎると軸足が折れて前に突っ込んでしまいます。, その軸足の使い方ですが、右バッターのパワーヒッターなどは多少折れてしまっても上体の力を使って上手く打ってるバッターが多いですが、左バッターで軸足が顕著に折れてしまっているプロ野球選手というのはあまり見られません。, こうすることにより、下半身で溜めたパワーをボールにぶつけることを可能にしているのです。, スイッチをオンオフボタンを押すように、インパクトの瞬間は前の脚に力が入っていることが分かりますね。, またこの練習で効果的なのが、やっている最中にどんどんと握力がなくなってきて上体の力が使えなくなることです。, 「バッティングとは下半身で打つもの」という言葉の真意がこの練習を通じて分かってもらえるかと思います。, よく「上体に力を入れずにバットを出せ」と言われますが、これが自然な流れでバットを出すための言葉であり、それを感覚的に掴むことができるのがこの連続ティー打撃なのです。, 足がパンパンの状態で自然にバットが出てくる感覚を覚えることと、股関節の体重移動を反復練習の中で覚えることができるのがこの練習のメリットです。, こちらのティー打撃は足を大きく開いた状態で、尚且つそこから低い体勢でボールを打つ練習です。, せっかく下半身を鍛えるなら打撃の動きの中で鍛えようという阿部二軍監督なりの意図が垣間見れます。, そしてただ下半身を鍛えるという意味だけでなく「崩された時の対応」にもつながります。, タイミングを崩されて、前に突っ込んでしまっても手がまだ残っていればチャンスはあります。, いかに下半身で粘って崩されながらも打てるか、といった意味合いがこの練習にはあります。, イチロー選手のフォームを紹介した時に、終始内股の状態でバッティングしていることを指摘しましたね。, しかし分かってはいるけど試合ではなかなかできないもので、理想のスイングとは違うものになってしまうという方も多いと思います。, その際にボールを落とさないように振ると、股間のあたりがしっかり閉じた状態でスイングできます。, 試合ではもちろん使えませんが、この練習を通じて股関節を上手く使えている感覚を反復の中で養ってみてください。, 昨今はトレーニングマシンが充実し、その中にはもちろん下半身の筋肉を鍛えるための器具もありますが、個人的には下半身に負荷をかける筋トレはおすすめしません。, なぜかというと、野球には必要のない余計な筋肉がついてしまって、足が遅くなってしまう危険性があるからです。, マシンを使った筋トレをやるにしても、軽い負荷でそれを繰り返しやり「柔軟性のある筋肉」をつけることをおすすめします。, やはり野球選手は野球の動きの中で下半身を鍛えることが一番ではないでしょうか。走り込みであったり、振り込みであったり、一見筋トレとは程遠いですが、負荷がかかればそれはもう筋トレと同様の効果ですからね。, そこから下半身の使い方で取り入れられそうなものがあれば、ぜひ実践してみてくださいね。, バッティングで足の使い方は?体重移動ってなに?タイミングを取るための練習法も紹介!. 今回はバッティングの入門編として、「タ... バッティングではよく「インパクトの瞬間が大事なんだ」と言いますね。

バッティングで必要な下半身の使い方は、スタンスの取り方、ステップの取り方、バッティングの軸足、骨盤を回転させてスイング、体重移動の5つです。下半身主導のスイングを習得する練習方法や、バッティングで下半身が重要性である理由を解説します。, スイングスピードを上げるためには、トレーニングで上半身を鍛えるのではなく、下半身の使い方が重要になります。人間の体は、, 下半身主導のスイングは、トップの位置が自然に下がってボールの軌道にバットを入れることができます。, バッティングのスタンスの取り方は、まず最初はスクエアスタンスで構えてみましょう。スクエアスタンスとは、ホームベースに対して正面を向いて、肩幅程度に両脚をまっすぐに広げて構えます。スクエアスタンスは基本的な構え方であり、どのようなコースにも対応しやすいのが特徴です。, バッティングのスタンスの取り方は、スクエアスタンスの他にもオープンスタンス、クローズドスタンスが存在しています。, バッティングの軸足は、しっかりと固定することが重要になります。バッティングの時に軸足が不安定だと、上体をうまくひねることができず、スイングスピードを早めることができません。, 長く野球をしている人ほど、体が覚えてしまったバッティングの悪いクセを矯正するのが大変なため、少年野球の時期に正しい基本を身につけておくことが重要になります。少年野球のバッティングで基本となる5種類の練習方法と、バッティングを上達させるコツを詳しく解説します。, 野球のバッティングの打法の1つであるツイスト打法とは?ツイスト打法がどんなもので、どのようなメリットがあるのか?プロ野球選手で巨人に所属する阿部慎之助選手を手本にして練習方法や打ち方などを紹介していきます。, 野球のトスバッティングについて詳しく説明しています。トスバッティングの効果や意味、応用的な練習方法などをご紹介します。バットコントロールを良くするためのコツも詳しく紹介しており、初心者から中級者のバッティング向上に役立つ内容となっています。, 野球のバッティング向上のためには、スイングスピードを上げることが必要です。では、野球選手がスイングスピードを上げるメリットはどこにあるのでしょうか。また、どのようなトレーニングをすれば、スピードを上げることができるのでしょうか。その方法を詳しく解説します。, Activeる! バッティングで必要な下半身の使い方は、スタンスの取り方、ステップの取り方、バッティングの軸足、骨盤を回転させてスイング、体重移動の5つです。下半身主導のスイングを習得する練習方法や、バッティングで下半身が重要性である理由を解説します。 ・投げ方や捕り方のコツを知りたい

などの悩みがある野球少年に向けて、 今回は

バットを持つのは腕ですが「バッティングとは下半身で打つものだ」という意見を持っている人は数多くいます。, 今回はバッティングにおける下半身の使い方や、その下半身を上手く使うための練習法などをご紹介していきます。. しかしそれだけ言われるとどう大事なのかいまいち分かりません。 骨盤って、どんな動きができるの? 股関節の可動域が広がると、どんな事に役立つの?

今回はそんな疑問を解決し、... こんにちわ! バッティングでは下半身から大きな力を生みます。下半身 ⇒ 上半身とバットとパワーを連動する事で、強い打球を打てます。下半身のパワーをうまく伝える事で、スイングスピードも上がってきますよ。 ... バッティングの時にスイングスピードは意識していますか。

バットを持つのは腕ですが「バッティングとは下半身で打つものだ」という意見を持っている人は数多くいます。力を入れるのは手や腕ではなく、下半身だからです。今回はバッティングにおける下半身の使い方や、その下半身を上手く使うための練習法などをご紹介

「キャッチボールが上手くなる... 野球の練習で一番楽しい事と言えば? 「バッティングでは体重移動が大事だ」とか「足は大きく上げた方がいい」「いやノーステップの方がいい」などバッティングに関する様々な意見を聞いたことがあると思います。 いろいろな意見があって混乱しますよね? 今回は、... 少年野球の指導にあたっている方や、少年野球チームでプレーするお子さんをお持ちの方、バッティングを指導する中で「タイミングの取り方はどう教えればいいだろう」とお困りではないですか?

余裕を持ってキレのあるバッティングをするためにスイングスピードとい... バッティングのインパクトの位置はどこ?顔や手首、肘の使い方や有効な練習方法もご紹介!, 当たってからの押し込みがバッティングにおいて鍵!押し手を鍛えるための練習方法もあわせてご紹介, バッティングで大切な動きは股関節の内旋・伸展?正しい股関節の使い方、練習方法を紹介!. スポンサーリンク やはり、バッティングで遠くに飛ばす事ですよね!

・キャッチボールが上手くできない

せっかく始めた少年野球、たくさん打てるようになって「野球が楽しい」という気持ちを、いつまでも持ち続けてもらいたいですね。 日々の生活をアクティブに彩るスポーツなメディアです。.