全国 773,700トン.

統計(外部リンク), 出典 平成29年漁業・養殖業生産統計(外部リンク), 出典 平成26年全国消費実態調査(外部リンク), このページに関するお問い合わせは, 〒640-8585 和歌山市小松原通1丁目1番地 【 地図 】 1位 和歌山県 155,600トン. メール:[email protected], 調査統計課(和歌山県統計情報館), 平成28年産特産果樹生産動態等調査, 平成29年漁業・養殖業生産統計. 国内産果物の出荷量や栽培面積、産地ランキングなどをまとめています。輸入果物については、輸入先や輸入量などの順位が表示されます。また「カンキツ類」や「リンゴ」などいくつかの果物では、品種ごとのグラフも見ることができます。 牛乳・乳製品生産量、牛乳処理場・乳製品工場数、牛乳・乳製品の生産能力等(全国) 牛乳乳製品の生産動向 . わかやまなんでもランキング.

え が き. 本県では、25品種を超える金魚が養殖されており、その品種が多いことが特徴となっています。 また、平成6年7月に宇宙酔いの実験のため、「弥富の金魚」がコロンビア号に搭乗しました。 生産量: 10,815千尾 第2位 ※県水産課調べ(平成25年) 5位 長崎県 49,700トン. 2位 静岡県 114,500トン. 3位 愛媛県 113,500トン. 1)錦鯉の国内生産量 錦鯉に係る公的な統計データはなく、国内生産量は不明であるが、都道府県別では新潟県が大半を占め ており、このほか福岡県、広島県、静岡県などが産地として知られている。 2)錦鯉の輸送形態別輸出量 国内産果物の出荷量や栽培面積、産地ランキングなどをまとめています。輸入果物については、輸入先や輸入量などの順位が表示されます。また「カンキツ類」や「リンゴ」などいくつかの果物では、品種ごとのグラフも見ることができます。, 上の円グラフの割合(%)と下の表の割合(%)の数値が違うことがありますが、その場合は下表のほうが正しい数値です。, 下の表は出典である農林水産省のデータに記されている「全国の合計値」から割合を計算したものです。, 上の円グラフも農林水産省のデータですが、こちらは全国ではなく主要生産地のみのデータなので、値が公表されていない都道府県は含まれていません。, ポンカンはインド北部が原産地で、日本へは明治時代に導入されました。1896年(明治29年)に台湾総督府より鹿児島県に苗木がもた……続きを読む, このページでは日向夏の食べ方の一例をイラストで紹介しています。「日向夏を買ったけれど、切り方がよくわからない」というときに参考……続きを読む, ポンカンがおいしい季節ですね。店頭では「ポンカン」とだけ表記されていることが多いですが、実際はいくつか品種があります。これは「……続きを読む. 営農類型別の組織経営の年間1組織当たり平均の農業粗収益、農業経営費、農業所得、営業利益等(全国。水田作のみ主要農業地域別。第1報は全国。), 動物系(ビーフ、ポーク、チキン、その他)、水産系(魚類、貝類、海藻類、その他)、野菜系(野菜類、きのこ類、その他)、その他の原料取扱量、製品生産量(販売量)(平成20年度実績の公表をもって終了), 園芸用ガラス室、ハウス等の設置実面積及び栽培延べ面積の推移、ハウス資材別設置実面積の推移、品目別施設野菜栽培延べ面積の推移、省エネルギー装置等の普及の推移、省エネルギー装置等の普及の推移(野菜用)、加温設備の種類別設置実面積の推移等, 一般飲食店事業所の概要、食材の品目別仕入先割合、食材の品目別仕入先との契約形態割合等(平成21年のみ), 海面漁業及び海面養殖業の漁業種類別漁獲量、魚種別漁獲(収獲)量等(全国、都道府県別等), 全国の主要な花き卸売市場において取引された、花きの品目別卸売数量、卸売価額及び卸売価格(平成20年調査で廃止), 切り花類及び鉢もの・苗もの類の卸売業者及び仲卸業者における出荷先別の出荷量、販売金額等, 食品産業における業種別の品目別販売額、品目別販売先別販売額等(全国)(平成9年調査で廃止), 和がらし、洋がらし、その他の生産量及び生産額 (平成20年度実績の公表をもって終了), カレー粉、カレールゥ、調理済みカレーの生産量及び生産額(平成20年度実績の公表をもって終了), 環境保全型農業に取り組んでいる農家の経営収支等(全国農業地域別)(平成15年のみ), 個人経営体の漁労所得、事業所得等(全国、大海区別。速報は全国のみ。)、会社等の漁労利益及び営業利益等(全国), 海面漁業及び海面養殖業の魚種別産出額(全国、都道府県別、大海区別)、内水面漁業及び内水面養殖業の魚種別産出額(全国), 海面漁業の生産構造及び就業構造、海面漁業の背後条件、内水面漁業の生産構造等(全国、都道府県別), 個別経営の年間1経営体当たり平均の農業・農外所得、農業粗収益、農業経営費等 (全国農業地域別), こしょう、シナモン、ジンジャー、オニオン・ガーリック、とうがらし、ターメリック、クミン、粉わさび、加工わさび、その他の製品生産量及び販売金額 (平成20年度実績の公表をもって終了), 国有林野の現況、地域振興、収穫、販売及び製品生産、造林、種苗及び環境緑化木樹木、治山、林道及び貯木場、被害等, 水稲の作柄概況、予想収穫量及び水陸稲、麦類、豆類、工芸農作物等の作付面積収穫量、出荷量(全国農業地域、都道府県別等), 花き(切り花類、球根類、鉢物類、花壇用苗もの類)の作付面積、収穫量、出荷量(全国・主産県別), 桑園の使用状況、桑苗(生産農家数及び生産・植付本数)、蚕期別養蚕農家戸数、飼育数量及び収繭量等, 工場及び設備数、従事者数(年末又は月末現在)、原料繭需給、製糸業者の生糸引渡別数量、繊度別生糸生産数量(俵) 、繭取引価格実態 、国産生糸価格実態, 主要漁港における月間上場水揚量及び卸売価格(主要漁港計、主要漁港別)、年間品目別用途別出荷量(主要漁港計)等, 飼育動物診療施設の開設主体、診療対象動物、エックス線装置の保有の有無、当該診療施設における就業獣医師数, 農業生産現場における肥料・農薬の投入実態(全国農業地域別) (平成14・15年のみ), 都道府県別農業産出額を農林業センサス及び作物統計を用いて按分した市町村別の農業産出額(推計) 平成26年から作成開始, 登録番号、登録年月日、本籍地の属する都道府県名、氏名、性別、生年月日、年齢、現住所、免許取得の資格(種別、卒業学校名)、主たる職業(業務の種類、業務の内容、勤務先の名称、勤務先の所在地)、従たる職業の概要, 主要消費地卸売市場(10都市中央卸売市場)において取引された水産物の品目別月間卸売数量及び卸売価格(主要消費地卸売市場計、主要消費地卸売市場別)(平成18年調査で廃止), 穀物酢(米酢、米黒酢、大麦黒酢、その他の穀物酢)、果実酢、その他の醸造酢、合成酢の生産量(平成20年度実績の公表をもって終了), 企業の概要、取得設備投資額及びその内訳、長期資金調達・運用状況、研究開発費、海外直接投資動向等, 食品製造業、食品卸売業、食品小売業、及び外食産業における食品廃棄物等の年間発生量、発生抑制量、減量、再生利用等(全国), 食品産業における業種別、品目別仕入先別仕入量割合等(全国)(平成18年調査で廃止), 青果物の各流通段階別の価格形成とその形成要因となる流通経費等及び水産物の価格形成等(全国))(平成14年調査で廃止), 世帯、外食産業における食品類別の食品使用量、食品ロス量(食べ残し量)、食品ロス率(食べ残し量の割合), 食料需給の動向、供給純食料、供給熱量、供給たんぱく質、供給脂質穀類、いも類、でんぷん、豆類、野菜、果実、肉類、鶏卵、牛乳及び乳製品、魚介類、海藻類、砂糖類、油脂類、みそ、しょうゆ、その他の食料計, 食糧統計年報は、主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律及び農産物検査法に基づき実施される食糧行政に関わる基礎資料とすることを目的として編集, 新たに農業経営主となった者の就業状態と農業経営の状況、農業経営体に雇用された者の就業状態と雇用環境等(全国), 森林組合の組織、執行体制の現況、森林組合の財務状況、森林組合の各種事業の実施状況、生産森林組合の設立動機、生産森林組合の組織の現況、森林の現況、生産森林組合の財務状況、その他必要な事項, 団体の概要、団体が行う森林づくり活動の内容、森林づくり活動を行っている場所、森林づくり活動における課題、森づくりにあたっての安全確保や指導者、その他, 組織関係、労働・雇用関係、製造・販売関係、設備投資関係、融資関係、経営関係、財務関係、その他, 産地卸売市場において水産物の流通業務を行う卸売業者及び漁業協同組合における上場水揚量及び上場水揚価額、用途別出荷量、冷凍・冷蔵工場における水産物の品目別月間入・出庫量及び月末在庫量、主要消費地卸売市場(10都市中央卸売市場)において取引された水産物の品目別月間卸売数量及び卸売価格、水産加工品の品目別生産量, 乾燥スープ、缶詰、レトルト、チルド、その他の生産量及び生産額 (平成18年度実績の公表をもって終了), 全国の主要な青果物卸売市場において取引された、青果物の品目別卸売数量、卸売価額及び卸売価格等, 青果物(野菜、果実)の出荷量、出荷先別出荷割合、出荷形態別割合、情報提供の状況等及び花きの出荷量、出荷先別出荷割合、選別の方法、情報提供の状況等(全国、都道府県別)(5年周期)(平成18年で廃止), 全国の主要都市の百貨店・総合スーパー、各種食料品小売業、野菜・果実小売業における生鮮野菜23品目の販売区分(国産有機栽培品、国産特別栽培品及び輸入品)別の価格、国産標準品に対する価格比(全国), 販売目的で水稲を10アール以上作付けた農業経営体を対象に、米の在庫量、消費量、販売量等の実態を把握, 部門別農業総産出額、農業地域別・都道府県別の部門別農業産出額等(全国農業地域、都道府県別), 食品産業における業種別の品目別販売額、品目別仕入先別仕入額等(全国)(平成10年調査で廃止), 全国の主要都市の百貨店・総合スーパー、各種食品小売業、野菜・果実小売業における生鮮野菜21品目の国産標準品、有機栽培品、特別栽培品及び輸入品の価格、販売数量(全国), ウエスタンソース類、たれ類の生産量及び容器別生産量 (平成20年度実績の公表をもって終了), たい肥等特殊肥料の生産・出荷状況等(全国農業地域別、都道府県別)(平成16年度のみ), 畜産物の100キログラム当たり及び1頭当たり飼料費、労働費等の費用、1頭当たり労働時間、粗収益、所得等(全国農業地域別(牛乳のみ都府県あり)、第1報は全国のみ。), 交付市町村数、協定数、交付面積(協定別の交付面積、地目別の交付面積、交付基準別の交付面積、農振農用地区域への編入、既耕作放棄地等の取扱い)、交付総額、協定の概要、集落協定の活動内容, カカオ豆、ココアバター、カカオマスの入荷量、生産量(消費数量)、在庫量等 (平成22年3月分までの公表をもって終了), 伝統文化の継承と活性化への取組の実態(伝統食の現状・地域産物の現状(都道府県別)、他(全国農業地域別)) (平成13年のみ), 果樹品種別生産動向、特産果樹生産出荷実績、わい性台りんご苗普及実績、ぶどう用途別仕向実績、うめ用途別仕向実績、干し柿生産出荷実績, 工芸作物の作付面積及び生産量、豆類の作付面積及び生産量、なたねの作付面積及び生産量、こんにゃくいもの品種別、栽培方法別、年生別生産実績 、緑茶の栽培面積、かんしょの品種別、都道府県別作付面積 、ばれいしょの品種別、都道府県別作付面積、い草の作付面積及び生産量, きのこの生産量、生産者数等、きのこの出荷先内訳、しいたけ原木の伏込量等、しいたけ生産者数の規模別内訳等、しいたけ生産施設数等、木炭等の生産量、生産者数等、その他の特用林産物の生産量等, グリ-ンツ-リズム等、都市と農村の交流に関する取組の実態(都市側の取り組み状況(政令指定都市・東京特別区)、他(全国農業地域別、都道府県別)) (平成14年のみ), 農用地利用集積計画の公告に係る農地等の耕作目的の権利移動の状況、農地賃貸借の終了及び農用地利用集積計画の公告に係る利用権の終了の状況、農地等の転用及び同法の許可を要しない農地等の転用(農用地利用集積計画の公告に係るものを含む。)の状況(平成21年度結果の公表をもって終了), 内水面漁業及び内水面養殖業の魚種別漁獲(収獲)量等(全国、都道府県別、河川・湖沼別等), なたね、そば等の農産物の単位当たり種苗費、肥料費、農機具費、労働費等の費用、10アール当たり労働時間、粗収益、所得等(平成24年結果から農産物生産費統計に移行), 食料供給に関係する各種産業(農業、林業(特用林産物)、漁業、食品製造業、資材供給産業、関連投資、関連流通業、外食産業)の一年間の経済活動, 組合員数、役職員数、支所、出張所等出先機関設置状況、労働時間・給与状況、財務状況、事業状況等, 地域資源の利活用と保全管理の実態や環境との調和に向けた持続性の高い農業生産の実態等, 農産物の単位当たり種苗費、肥料費、農機具費、労働費等の費用、10アール当たり労働時間、粗収益、所得等(米及び小麦は全国農業地域別、道府県別。工芸農作物は全国。第1報は全国。), 農用地利用集積計画の公告に係る農地等の耕作目的の権利移動の状況、農地賃貸借の終了並びに農用地利用集積計画の取消し及び期間満了による利用権の終了の状況農地等の転用及び同法の許可を要しない農地等の転用(農用地利用集積計画の公告に係るものを含む。)の状況, 中山間地域における農家、林家の農林業所得の構成、投下労働力等(全国農業地域別)(平成13年調査で廃止), 主な農林水産物の輸出入数量・金額、農林水産物の国・地域別輸出入実績、主な農産物の国・地域別輸出入実績, 被害のあった農作物の被害面積、被害量、被害金額(各四半期のうち、一定の被害金額以上の被害が発生した場合に公表する。), 野菜、果樹、花き、豆類等の品目別経営収支(全国、主産県別)(平成19年調査で廃止), 生産量、工場概要、原料使用実績(平成21年度末をもって終了。食品産業動態調査に移行。), 掃立卵量、収繭量(調査県計、調査県別。平成13年までは、全国農業地域別、都道府県別。)(平成16年で廃止), 素材の購入価格、パルプ向け木材チップの工場渡し価格、木材製品の販売価格(全国、都道府県別等), 用材(製材品や合板、パルプ・チップ等に用いられる木材)、しいたけ原木及び燃料材に区分別の木材の需要(供給)量(丸太換算), 需要部門別・樹種別素材供給量、素材生産量、製材工場数、製材品の用途別出荷量、合単板工場数、普通合板・特殊合板生産量、木材チップ工場数、木材チップ生産量等(全国、都道府県別等), 木材の販売金額、素材及び材料の入荷先別入荷量、製材品、合板及び集成材の出荷先別出荷量、製材用、合単板及び木材チップ製造用機械の所有状況、受注先別出荷棟数(全国)(5年周期), 製材工場、合単板工場及び木材チップ工場における素材の購入価格及びパルプ向け木材チップの工場渡し価格、製材工場、木材チップ工場、合単板工場、プレカット工場、集成材工場及び木材流通業者ごとの木材の年間販売金額、素材の入荷先別入荷量等, 木質バイオマスエネルギーを利用した発電機及びボイラーの利用動向、木質バイオマスの利用料等 *平成28年度から調査を実施, 種類別(樹皮、端材等、おがくず等)工場残材発生量、工場残材利用種類別利用量(平成17年のみ), 遊漁船業者の延べ案内隻数、延べ案内遊漁者数、魚種別採捕量、PB所有者の延べ遊漁日数、延べ遊漁者数、採捕量, 特定事業者責任比率及び再商品化義務総量、特定容器比率、業種別比率、業種別特定容器利用事業者比率、事業系比率、当該業種全体の容器包装廃棄物の排出見込量, 林業の経営収支、労働投下量等(全国)(平成20年度を基準年とする5年周期の周期年調査。), 事業体の経営事例ごとの林業経営収支、経営改善の取組状況等(全国農業地域別)(平成15年のみ), 林業事業体(会社)の年間1会社当たり平均の経営収支、林業労働投下量等(全国)(平成16年調査で廃止), 主要冷凍・冷蔵工場における水産物の品目別月間入・出庫量及び月末在庫量(調査対象市町計、調査対象市町別), 大臣官房統計部統計企画管理官 担当者:統計広報推進班 代表:03-3502-8111(内線3589) ダイヤルイン:03-6744-2037 FAX:03-3501-9644, Copyright : Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries.

本書は,世界各国の人口,経済,社会,文化などの実情や世界における 我が国の位置付けを知るための参考となる様々な統計を簡潔に編集したも TEL:073-441-2385 FAX:073-441-2386 漁業経営調査. 14-8 各地区の建築業総生産(2017年) 14-9 各地区の登録種類別建築業総生産(2017年) 14-10 各地区の業界別建築業総生産(2017年) 14-11 各地区の建築業企業の契約締結と請負プロジェクト完了情况(2017年) 14-12 各地区の登録種類別建築企業の払込資本金(2017年) 4位 熊本県 90,400トン. Copyright 2020 Kudamononavi.com All rights reserved. 4つの中から選んでね . くだものやさい; 花き; 魚介類; くらし; くだもの・やさい みかん収穫量. 生乳及び牛乳乳製品需給事情 . ま.