よかど鹿児島 presents 鹿児島ユナイテッドFCパブリックビューイング観覧者募集のお知らせ 2020年11月9日 2020-11-09T17:59:10+00:00 【11月7日(土)】内薗大貴選手への応援募金 実施のご報告 Pocket .

鹿児島の少年サッカー、ジュニアサッカー、ジュニアユース、ユースの大会やチーム情報を集めたサイトです。各チームのブログの更新情報や大会情報、リーグ戦情報や会場情報も集めています。気になる情報はチェックしてください! Copyright © Kamatamare. 【グッズ新商品】11/15(日)長野戦 ALL FOR SANUKIステンレスマグ・ステンレスタンブラー新登場!

2020.08.06 21:08; 新潟・鹿児島; 18; 鹿児島ユナイテッドfcがアルビレックス新潟df岡本將成を育成型期限付き移籍で獲得と発表. 「鹿児島ユナイテッドfc選手直筆サイン入りグッズが当たる抽選会」へのご参加ありがとうございました! 株式会社ナンワエナジー. ロアッソ熊本と鹿児島ユナイテッドfcが9・6ホームゲームの中止をそれぞれ発表 台風10号接近の影響で . 鹿児島ユナイテッドFC ... 2019年2月18日 2019スポンサー一覧 2020-04-03T18:42:37+00:00. 福島ユナイテッドFC Y.S.C.C.横浜 SC相模原 AC長野パルセイロ カターレ富山 藤枝MYFC アスルクラロ沼津 FC岐阜 ガイナーレ鳥取 カマタマーレ讃岐 fc今治 ロアッソ熊本 鹿児島ユナイテッドFC ガンバ大阪U-23 セレッソ大阪U-23 Check. All Rights Reserved.

鹿児島ユナイテッドFC (かごしまユナイテッドエフシー、 Kagoshima United FC) は、日本の鹿児島県 鹿児島市をホームタウンとする 、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するサッカークラブ。 【11月15日(日)鹿児島ユナイテッドFC戦】2021シーズンdazn年間視聴パスホームゲーム限定購入者特典継続します! 2021シーズンDAZN年間視聴パス販売中です。 gmoペパボは、鹿児島ユナイテッドfcとオフィシャルトップパートナー契約を締結いたしました。契約期間は、2019年2月1日より2020年1月31日となります。 本契約により、2019明治安田生命j2リーグ、天皇杯 jfa 第99回全日本サッカー選手権大会などの公式試合におきまして、鹿児島ユ 鹿児島ユナイテッドFC公式グッズショップ ( kufc )の公式アイテムの通販サイト。鹿児島ユナイテッドFC「SUZURI」公式ショップ 2020 (※各商品ページにてカラーをお選びいただけます。 結しました, GMOクリエイターズネットワーク. 鹿児島ユナイテッドFC (かごしまユナイテッドエフシー、Kagoshima United FC) は、日本の鹿児島県鹿児島市をホームタウンとする[2]、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するサッカークラブ。, 2014年に九州サッカーリーグ (Kyuリーグ) 所属のヴォルカ鹿児島とFC KAGOSHIMAが、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)への加盟を目指すにあたってJリーグ側から鹿児島からの申請一本化を求められたこともあり(詳細後述)、鹿児島県サッカー協会が仲介役となって両クラブが統合して発足した。チームスローガンは「鹿児島をもっとひとつに。」[5]。クラブ名と別に公募により『よかにせイレブン』の愛称が制定された[1]。, 当初はクラブ名については一般公募も予定していたが、クラブ統合とJFL加盟申請の時間的な余裕がないため、両クラブ協議のうえで「鹿児島ユナイテッドFC」というクラブ名とすることを決めた[6]。, クラブ名については英語で「連合」「合併」を意味する "United" から成る。これは、, の意味が込められているという[7]。また、クラブスローガン共々「本土、離島、そして県外、世界中の鹿児島にゆかりのある人たちの鹿児島愛をひとつにし、それらを鹿児島のチカラに変えられる存在になること」の意図を持っているという[5]。, 運営会社は株式会社鹿児島プロスポーツプロジェクト、ホームスタジアムは白波スタジアム、練習場は鹿児島県立サッカー・ラグビー場である[2](詳細は#スタジアムを参照)。, チームカラーは白および紺[5]。クラブエンブレムは、鹿児島のシンボルである桜島と錦江湾をイメージした絵をバックに、ヴォルカ鹿児島のチームカラーの赤とFC KAGOSHIMAのチームカラーのライトブルーを配したデザインで、「鹿児島を日本全国、世界へと発信できるクラブになっていく決意」を表現している[5]。マスコットキャラクターは薩摩犬をモチーフとしたゆないくーである。, ヴォルカ鹿児島とFC KAGOSHIMAは、元々はそれぞれが別々にJリーグ加盟を目指していたが、同じ鹿児島県立鴨池陸上競技場をホームスタジアムとしていることもあり申請の一本化を図るべく、2012年12月にチームが統合することで基本合意したと発表された[8]が、統合後のクラブの代表者人選や債務引き継ぎといった運営実務面での意見がまとまらず、2012年12月25日にKyuリーグ加盟のためのタイムリミットを迎えたこともあり、統合は一度破談となっていた[9]。, 2013年、両チームは前年同様にJリーグ準加盟申請を行うべく準備を進めたが、Jリーグ側から改めて「両チームが統合し、申請を一本化することが望ましい」との指導を受け、ともに準加盟申請を断念した[10][11]。このことから両チームは改めてクラブの統合について協議、2014年にクラブを統合することになった[7]。, 2013年シーズンのKyuリーグなどの結果を受けて出場した第37回全国地域サッカーリーグ決勝大会(地域決勝)[注 1]で両クラブ共に決勝ラウンドに進出したことで、「(いずれかのクラブが)地域決勝3位以内」というJFL入会基準[13]が確定した。これを受けて鹿児島ユナイテッドFCとしてJFL入会申請を行い、12月4日のJFL理事会で入会が承認された[14][注 2]。, ホームスタジアムは白波スタジアム(白波スタ)である[2]。なお、白波スタジアムについて、読売新聞はドーピング検査室がなく、更衣室のシャワー数などが足りないなどの基準を満たさないと報じた[22]。2015年2月に行われたJリーグ百年構想クラブのヒアリングではJリーグから改修する必要があると指摘された[23]。, 白波スタジアムは2020年に鹿児島で開催予定の第75回国民体育大会(燃ゆる感動かごしま国体)に向けた改修工事を行うこととしており、県ではこの際に前述の諸要件を満たすための工事を行う意向としている[22]。しかし、2016年に鹿児島がJ2ライセンスを申請した際、スタジアム基準のA要件を充足しない「(改修工事を理由に)ホームスタジアムにおいてホームゲームの80%以上を開催できることが書面で合意されていない」点と「(改修工事に伴い2016年にメインスタンドが使用不可になるため)シーズン中を通して観客席10,000人を常時満たすことが確約できない」点が問題視され、クラブライセンス不交付の判定に至った、とクラブでは説明している[24]。なお、白波スタジアムの改修工事が完了しても『屋根が観客席の3分の1以上覆っていること』というB等級項目を満たすことが困難であることが明らかになっており[25]、白波スタジアムがスタジアム基準を満たすかどうかについてはJリーグの佐藤仁司スタジアム推進グループマネージャーが「具体的に詳細を見ないと分からない」と説明している[26]。このこと並びに白波スタジアムの他競技での使用状況を踏まえ、クラブ側では将来的にJ1ライセンス基準を満たす15,000席規模のスタジアム新設を目指すことを念頭に、今後は白波スタジアムを「暫定的なホームスタジアム」として位置づけると説明している[25][27]。, 2017年3月、前年の市長選挙でスタジアムの整備検討を公約に掲げて四選を果たした森博幸鹿児島市長は市を中心に有識者やスポーツ関係団体、経済関係団体の代表らで構成する「サッカー等スタジアム整備検討協議会」を設置し、本格的な検討に着手[28]。6月27日に行われた第2回会合で、鹿児島市内に専用スタジアムを新設する方向性で一致した[29]。立地に関しては今後検討するとしているが、森市長はドルフィンポート跡地(鹿児島市本港新町)への建設に前向きである。ただし、土地所有者であった前鹿児島県の三反園訓知事は「ドルフィンポート跡地にスポーツ施設は検討対象としない」と、これに否定的な考えを示していた[30]。, なお鹿児島ユナイテッドに対しては、2019年申請・2020年ライセンスにおいて「例外規定[注 3]」に基づいたJ1ライセンスを発効されている[31] 。, また、U-12およびU-6のカテゴリのスクールがあり、鹿児島、鴨池、南さつま、指宿、霧島、日置、川内、出水、伊佐の各地区、GK専門スクール(鹿児島市中山)およびセイカJrスクールで開設している[32]。, なお、チーム創設と同時にセカンドチーム(鹿児島ユナイテッドFCセカンド)を設立したが、2016年をもって活動を終了した。, なお、JFL公式サイトの新入会チーム発表リリースでは鹿児島ユナイテッドFCについて「FC KAGOSHIMAより名称変更(ヴォルカ鹿児島との合併による)」とされている, 2020年にJ1に昇格した場合、2022年6月末までに建設場所・予算・整備内容などの整備計画を提出し、2024年6月までに竣工・供用開始されなければならない。但し2024年6月末までに着工した場合は最大2028年シーズン開幕前日まで延長される。練習場についても2020年にJ1昇格をした場合は2022年6月までに竣工しなければならないが、間に合わない場合は2023年1月に竣工し、供用開始が合理的見込みであることを証明しなければならない。, J1・J2のクラブライセンス制度導入後、ライセンス不交付の判定となったクラブは初めて, http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=55155, http://web.archive.org/web/20131203131049/http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news/20131202-OYT8T01504.htm, http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=53121, http://373news.com/_sports/k-league/kiji.php?storyid=45204, http://373news.com/_sports/k-league/kiji.php?storyid=45332, http://volca-kagoshima.jp/info.html?id=233, http://373news.com/_sports/k-league/kiji.php?storyid=52208, http://373news.com/_sports/k-league/kiji.php?storyid=52546, http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=672, http://kagoshimaunited.com/information/news/j.html, http://www.jleague.jp/release/post-34085/, http://www.jleague.jp/release/post-40185/, “クラブライセンス交付第一審機関 (FIB) 決定による 2017シーズン Jリーグクラブライセンス判定について”, http://www.jleague.jp/release/post-45508/, http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092800634&g=scr, “クラブライセンス交付第一審機関(FIB)決定による 2018シーズン Jリーグクラブライセンス判定について”, https://www.jleague.jp/release/post-50795/, https://373news.com/_news/topic.php?topicid=205&storyid=112857, http://www.yomiuri.co.jp/local/kagoshima/news/20150223-OYTNT50469.html, “サッカー:鹿児島ユナイテッド、Jリーグが現地視察 今後、競技場改修の必要性/鹿児島”, http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20150206ddlk46050526000c.html, http://web.gekisaka.jp/news/detail/?199691-199691-fl, http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/sports/jleague/20160929-OYS1T50064.html, http://nikkankensetsukogyo2.blogspot.jp/2017/03/blog-post_214.html, http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/sports/jleague/20170628-OYS1T50023.html, https://mainichi.jp/articles/20170629/ddl/k46/010/292000c, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=鹿児島ユナイテッドFC&oldid=79718237. ヴォルカ鹿児島(ヴォルカかごしま、Volca Kagoshima)は、かつて存在した社会人サッカーのクラブチーム。鹿児島県鹿児島市を本拠地としていた。FC KAGOSHIMAと共に、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する鹿児島ユナイテッドFCの前身となったクラブである。, 1959年、「鹿児島サッカー教員団」という鹿児島県教育委員会所属教職員のサッカー部として創設。, 1973年、同年より創設された九州サッカーリーグに所属。なお、一度も都道府県リーグに降格することなく在籍した。, 1995年、将来の全国規模のリーグ戦参加を目指す方針となりクラブチームに移行した。なお、クラブ名のヴォルカ(Volca)はフランス語で火山を意味する「ヴォルカン」(volcan)を由来にしており、鹿児島のシンボルの一つである桜島をイメージしている。また、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)参入を目指すことを表明した。, 2003年、「2010年からのJ1参戦」を目指しSPONET鹿児島を設立。監督に前田浩二、コーチに内藤就行、野田知を現役選手兼任で招いた。2003年には前田浩二らを招集しセミプロ集団として数年を戦ったが、プロ選手への給料の遅配が発覚しプロ選手はクラブを離れた。ヴォルカはこの時の経験を「前田氏の残したノウハウ」[1] とし度々言及しチームの基盤だとしている, 2005年、スポンサーの目処がつかず、さらには法人化計画の遅延から資金難に陥っていることが発覚。SPONET鹿児島は解散。新たに運営団体として松澤隆司を議長とする「ヴォルカ鹿児島評議会」を立ち上げる、評議会の人員構成は9名のみで構成されていた。, 2007年11月までにクラブを法人化することを目指していたが、法人化に失敗しヴォルカ鹿児島評議会を解散。, 2008年からは新しく運営団体を「KAPS(Kagoshima Arcadia Project Sports)」とし、JFL昇格を目標にシーズンを戦うこととなった。, 2010年、前田浩二の復帰が発表された[2] が、2012年にアビスパ福岡の監督に就任することになり、ヴォルカを退団した。, 2010年4月、2011年にJリーグ準加盟申請を行う事が公式ウェブサイトにて明らかになった[3]。, 2010年12月、2012年のプロクラブ化、2014年のJ2加盟を目標に掲げる。それに伴い、2011年に新たなチーム名の公募とJリーグ入りに対する署名活動を行うと発表[4]。また、2011年の法人化と、2012年のプロチーム化、2014年にJリーグ入りを果たすことを目指すとし[4]、2013年よりチーム名を変更する予定であった。, 2013年、7月1日に2014年の準加盟申請を断念した事を発表した[5]。理由は、Jリーグ側よりFC KAGOSHIMAとの一本化を求められていたが、協議が難航して期日までにまとまらなかったからである[5]。, 2013年8月、2014年よりFC KAGOSHIMAと統合した上で、将来のJリーグ入りを目指すことで合意したと発表した。, 2013年12月2日、FC KAGOSHIMAと統合後の新チーム名を「鹿児島ユナイテッドFC」とすることが発表、2014年度から活動を開始することとなり、同時に、本年を持ってヴォルカ鹿児島としての活動は終えた。この鹿児島ユナイテッドFCは登録上は「ヴォルカ鹿児島と合併したFC KAGOSHIMAが名称を変更した」という形になっているため[6]、前身の鹿児島サッカー教員団から数えて54年のクラブ活動に名実ともに幕を下ろした。なお、鹿児島ユナイテッドFCは12月4日のJFL理事会にてJFL入会が承認された。, 黒をチームカラーとしており、公式ホームページには県民に愛されることを目的に、地域の特色と特性生かした黒をチームカラーとすると書かれている。また鹿児島には、黒豚・黒毛和牛・黒酢・黒砂糖・焼酎(黒麹)・アマミノクロウサギなど「黒」を特色とした特産物が数多くあること。さらには黒色が持つ「力強さ・団結」がチームの掲げる一体感にマッチすると書かれている[7]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヴォルカ鹿児島&oldid=78444392.

日本フットボールリーグ(JFL)の鹿児島ユナイテッドFCは11月8日の奈良クラブとの対戦で0-0で引き分け、年間総合4位以内を確定。来季のJ3参入が決定しました。, J3チームの懐事情はどうなのか?鹿児島ユナイテッドの選手達の年俸や収入状況を調査していきましょう。, J1はもちろん、J2があることはテレビやニュースで知っていたが、J3の存在は知らなかったという方が多いことと思います。, 2014年から明治安田生命保険とタイトルパートナー契約を結び、「2014明治安田生命 J3リーグ」として開催されました。, ■J3への入会要件(JFLからJ3への昇格) 日本フットボールリーグ(jfl)の鹿児島ユナイテッドfcは11月8日の奈良クラブとの対戦で0-0で引き分け、年間総合4位以内を確定。来季のj3参入が決定しました。j3チームの懐事情はどうなのか?鹿児島ユナイテッドの選手達の年俸や収入状況を調