0000005379 00000 n 0000191493 00000 n 572 0 obj <>stream ]��a^�����Tk���ט�R�BӲ�%�|M����y_�j�R�E�\H�f��zޢ���j�V.����D�dW�'�XCO,���m��b�I�Q n���uTۦ�F�Kxz[E�u�7�nٶc]��§��g�l��7��ڌ�l5����Y�M�d��m;���m\��o�I1�o�}s ��� -;��Jh��H�,u�����ӑN��I��m��sj|����=�4�I��C!N�F���x���������ǂ�������P��΃}��������{{Pj��i[�q�-9����|��Q���AΔ_��>P�+�g�0��vL�����1lTH�֠�b�Sf�!����仝�t��J)�۩%�.���*��Ng��8gRBT6�'^;u2Ey�,87��Z�Cě�r���ň���)���˞1� 0000002652 00000 n 43. <]>> 0000002952 00000 n 0000075799 00000 n

0000076097 00000 n 0 0000009216 00000 n 0000196652 00000 n 0000001451 00000 n 0000013092 00000 n h�d�Io�F��}�1� ���. 0000000836 00000 n i�q�$�`�FYTI�3�Y����⚂��砄�����4�e�U�l|���^뫭K �MW2��*;r�#F0�@�5N����3;a%�q����.GS׸mF���_߰x�{��U��"���m��.��f$1��"$;�Rs�ۤ>��K����#N�'Z�'h���n !�h� !�&�H `� �Cڡ��y($=�n���RXr K2� ��$#�e��N'�L��$���_I4ɻ=��{@�g�D?�t�7a�0C3��lK�٘i� .��P~%))����V6KIƒ̡�[email protected]�b�%��AxH�E�� 0000012350 00000 n

0000013113 00000 n

3.3 1-メチルシクロヘキセンと硫黄の反応 2.3.1 反応操作 1-メチルシクロヘキセンと硫黄を 100/1.4お よび100/12.5の モル比でガラス封管中に入 れ, 窒素気流中で脱ガスを行ない減圧封管後暗所で24時 間反応させた. 文献「1,3-および1,4-シクロヘキサジエンのオゾン分解のマトリックス分離研究: 新規な反応経路の同定」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。 0000003169 00000 n �f�NYl0 0000007533 00000 n 546 27 "���h� 2p �00�~�e�X,�� ��ɰՁG�M�Y h� ���XH~��a]��ʸ�aC��2�k,"L�K�341��\~ P����� �]�����Vf`a|� �F[ Vg`�y�? 0000007668 00000 n 0000007518 00000 n 0000002759 00000 n �Z�. trailer 0000010793 00000 n @&�.��/a�z�m� Ä�a�\�@�P��K�� �� 0 0000164548 00000 n 0000002583 00000 n 0000008351 00000 n 0000002443 00000 n 0000006144 00000 n :x&r5�?j�dng��X����Y�����{Ѝ��S`3���]��h8X��W��~/�(�C:@ ���@[email protected]���0��20 0000196949 00000 n

0000006871 00000 n 0000006873 00000 n 0000010038 00000 n 0000001760 00000 n 0000003341 00000 n xڴV[Pg����Iv���&*.+B [email protected]"A����Z5V�(�/�z[�mU���֊�b[KնVZ/M��S;}�S��t��C��Cg:���n.l�>����������� P�: ��-1=Рo��*Ϥ�n���}8"�$�} �,�pcf�MD~yT��� x�b```b``��������A���bl,7X��5�0ت�px��9�ٓq���Jϋ�80��w��S*.WBSo�.��V^qSe�:xME#�$Eb+ %PDF-1.4 %���� 4-ビニル-1-シクロヘキセン 47. 0000006428 00000 n %PDF-1.4 %���� 0000006657 00000 n 15 4-ビニル-1-シクロへキセン 2 オゾンとの反応性 (大気中) 反応速度定数: 21×10-17 cm3/(分子・sec)(AOPWIN 8)により計算) 半減期: 0.31~1.8 時間(オゾン濃度を3×1012~5×1011 分子/cm3 7)と仮定し計算) 加水分解性 加水分解性の基を持たない9) ������"m �U(���"�A��|��U� ��� Y�9&W���R�JI=��L��V�ѯ��+��>�>�-w���Y˔��߱�=�wN}b9�K뮻���7�����Z�����׌�^8���{GN��oZ12�r���Y��d�� �M��B�]}48�hc%ǔ���ؒj�O�HגS3��e�#s�3rU��(��l��]�P1���y�"�E���r&^A� 6ɝQ�����#4CEh6�3��X6�dV�T2��us=U�mV���7. 5-イソプロピル-m-キシレン 49. 40 0 obj <> endobj �U�ИI�.D xref ��R($Ǯ��P(�F�(G�q� オゾン分解はアルケンを切断する酸化反応であり、カルボニル化合物へと変換する。 ジクロロメタンやメタノールなどを溶媒とし、-78℃で行う。 オゾン分解では最初の安定化合物としてオゾニドを生成する。 0000002520 00000 n 0000165187 00000 n 0000002358 00000 n 0000003304 00000 n 4-エチル-o-キシレン 45. 0000003195 00000 n xref 2 シクロヘキセン 2 硝酸ラジカルとの反応性(大気中) 反応速度定数:5.26×10-13 cm3/(分子・sec)(測定値)11) 半減期:1.5 時間(硝酸ラジカル濃度を2.4×108 分子/cm3 12)仮定して計算) 加水分解性 安定(pH=4,7,9、50℃、5 日間) 5) 生物濃縮性