現時点で私のNo.10に対する「回答に対するお礼」はまだ頂いておりませんが、No.9さん“まで”の「回答に対するお礼」を拝見させて頂きましたところ、hololon様はホイールについてはお詳しいわけではなく、一般的な知識のかたのようですね。そうしますと、「ハブリング」という単語が出てきたあたりから、余計に混乱してしまう結果になってしまっているようで、もう少し分かりやすくなるお手伝いが出来ればと思いまして少し補足させて下さい。 GSや某●●●バックスなどもいいですが、バイトで知識不足の人にあたったらイヤでしょうし、電気に強い人がいる電装屋さんでしょう。

ただのバッテリー交換でも走行距離や年...続きを読む, 国産のオートマ車なんですけど、 車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。 それ以来どのくらい走行したかは全然チェックしていなくて。 この場合も、電気負荷の大小によってチャージランプが点灯したり消えたりすることがありますこと、申し添えます。 もしも冷却系統に漏れがあってエアが噛むなら、キャップを開けても圧力は掛かっていない筈です。 風に吹かれて , レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも) 今回の対応は、ブレーキパッドだけでなく、 以上の状態です。何が悪いと予想できますか?, 去年の9月頃アイドリングのまま下り坂に止めていたとき、15分くらいして車に戻るとラジエターのリザーブタンクからクーラントが溢れて大量に漏れていました 以上のことから、今回のhololon様のご質問の答えは、「お車のセンターハブより大きいボアのものであればなんでも良い。」です。  あなたの考えているヒューズの飛ぶ順序は、逆です。先にヒューズが飛んでコンピュータを壊さないようにするのではなく、コンピュータが壊れて異常電流が流れ、ヒューズが飛ぶのです。ヒューズが飛ぶのは、コンピュータが壊れた結果として起こる現象です。

このケースでは発電量はかなり少なくなりますが、昼間でエアコンなしの状態では走行できます。 10万kmを越えてオルタネータが心配になってきました。 もし、ボルトが折れることが心配でしたら、トルクレンチをご購入されてはいかがでしょうか。4本のボルトが均等に適正トルクで締め付けられていませんと、ボルト一本だけに無理な力が掛かり続け、折れてしまうことがあります。, No.7 No.10 です。

ブラシが摩耗限界近くまで摩耗すると、たいていの場合は、発電したり、しなかったりの状態が暫く続くので、ときおりチャージランプが点灯するような場合は、10万kmを超している車では、ブラシの寿命を疑ってもよいでしょう。 72なのです。小さくてはまらないより まずは、現車持ち込みでチェックしてもらって下さい。, まず、通常ならバッテリー交換時に発電量(電圧・電流)をチェックします。  電子回路では、電源の極性を間違って接続すると、コンピュータを含む電子部品が瞬時にお釈迦になります。それによってその電源系統に異常電流が流れ、...続きを読む, 欲しい中古のアルミのサイズで 詳しい写真が載ってるサイト等ありましたら 教えていただければ幸いです, ・・・・ では、それぞれ13.0V、14.0Vなら、あるいはもう少し低い場合はどうなのか、と言えばだんだん判断できなくなりますね。 WEBで探したのですが、場所が乗ってるサイトがなくて・・・ レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)

警告はエアーがかんでのことのようですが発生したエアーがキャップから抜けきれないような気がします 遠出はそんなにしないのですが、毎日の生活に頻繁に使用しています。 すぐに行きたいと思うのですが。 常時電源のヒューズはどこにあるのですか? クーラントは比較的きれいだったそうです また、暗電流も確認します。キーOFFの状態で何アンペア流れているかテスターで測ります。通常0.01~0.05A位でこの数値をはるかに超えていると、キーOFFの状態で何か電気を消費するモノがあるという事です。 運転席足下右側のヒューズボックスのヒューズは切れていないんですけど、もっと別なところに、根本的なヒューズがあるのでしょうか?, 「常時電源 ヒューズボックス」に関するQ&A: サブウーファーの電源の取り方, 集中ドアロック、オーディオ、トリップメーターが一斉におかしくなったんです・・・原因を教えてください, 最近、毎回エンジンをかけると、カーオーディオの時計、音質の設定、ラジオのプリセットなどがリセットされてしまいます。

オルタが死ぬ時は「突然」と聞きますが何か予兆はあるのでしょうか? 現時点で私のNo.10に対する「回答に対するお礼」はまだ頂いておりませんが、No.9さん“まで”の「回答に対するお礼」を拝見させて頂きましたところ、hololon様はホイールについてはお詳しいわけではなく、一般的な知識のかたのようですね。そうしますと、「ハブリング」という単語が出てきたあたりから、余計に混乱してしまう結果になってしまっているようで、もう少し分かりやすくなるお手伝いが出来ればと思いまして少し補足させて下さい。 今日は日曜で行きつけの修理工場がお休みです。 ☆☆☆「急アクセル」は踏まないでください。☆☆☆ 稀にヘッドガスケット不良で、燃焼ガスが冷却系統に入る事も有りますが、その場合はサブタンクやキャップに黒い油汚れが付くので、分かると思います。, 200系 ハイエース DX (平成17年)に乗ってるものなんですが。 純正アルミとサイズぴったりなのですが 普通に走行はできるのですが。

ニュースイフトのセンターハブのサイズはまだ分かりませんが、仮に56ミリだとして、ホイール側ボアが57ミリもあれば、67ミリでもそれ以上でももう変わらないでしょう。変わらないので、何を選んでも大丈夫です。 (こちらの104ページ) 車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

完全に動かないのではなく、動きが悪くなって開ききらないのでしょう。

今朝から、アクセルを踏むと変な音がするようになりました。 これは、デッキの故障か何かでしょうね。 すぐに車を止めて、5分くらいたってキャップを半開きにするとクーラントがリザーブタンクに逆流、溢れる寸前で止まり今...続きを読む, >どうもラジエターは右肩が熱く、キャップの方の左肩が冷たいのです その数字によっては今ほしいアルミをあきらめようかとも思っています。(振込寸前), No.7 No.10 です。 発電不足とオーバーチャージ それそれで。 リモコンのドアスイッチも効かなくて不便で仕方ありません・・・ 先日、走行して一時停止時に突然ブツッと切れました。 エンジンルームのスチームクリーナ洗浄は要注意です。

(この2つでほとんど、と考えて良さそうでしょうか?ブラシ磨耗が故障というのかわかりませんが、「発電できなくなる」ということで、、) とりあえず水を補給し、車やに持って行き、クーラントの入れ替えとラジエターキャップの交換をしました 聞くと、ちゃんとセンターがでないから アイドリング回転数の変動、エンジンをかけてから何秒後に測定したか、バッテリ充電状態・液温などで電圧は変動するので、電圧を見て予兆をつかむのは困難だと思います。, オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。 (現在は77000キロくらいです) 「ちゃんとセンターがでないからがくがくした乗り心地になるとか言う人もいます」について:

昨日1時間くらい連続走行していたら水温計の警告灯が点灯 ここで知識自慢をしても仕方がありません。(一般の方が分かりやすい様に、最善の策を考えるのがこの場だと思います。) エンジンの外部についているベルトやプーリー(ベルトがかかっている輪)が滑って「キュルキュル」と金属的な異音(摩擦音)を出す場合もあります。これは簡単に直ります。, 既に良い回答が出ていますね。 万が一、購入された中古のホイールがぐらぐらしましたら、真っ先にハブリングを疑うことはしないで下さい。中古の場合、キズが全く無くてもホイールの歪みや変形がある場合があり、それが原因でぐらぐらすることの方が可能性としてはずっと高いです。 オルタネーターが、正常に充電しきれてないと、またバッテリー上がりになります。 オルタネーターが、正常に充電しきれてないと、またバッテリー上がりになります。 現車を見ないで、適当な憶測や変な知識でモノを言うのもよくありません。 vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、   テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。 ほんとのところどうでしょう、56にたいしての