FC東京オフィシャルホームページ。最新ニュース、選手や試合日程・結果、味の素スタジアム観戦ガイド(アクセス)、チケット、グッズ、アカデミー、スクールの情報など、FC東京に関する情報をご覧いた … 2010年にはU-15深川出身の阿部巧、U-15むさし出身の重松健太郎、外部出身の平出涼がそれぞれトップチームに昇格した。, 2010年、プリンスリーグ関東1部で3連覇を達成。2008年第4節から2010年第11節まで30試合無敗という記録を作った。また2010年のリーグ成績により、2011年から新設のプレミアリーグへ参入を果たす。同年のプレミアリーグでは、コンサドーレ札幌U-18(同年優勝)に次ぐ堅守の一方で、中軸であるMF橋本拳人・MF野澤英之のポジションを固定できずに得点が伸び悩み9位に終わり、関東リーグへの降格を喫した。, 2012年より、実戦機会確保のため、Bチームだけで新たにリーグ戦に参加している[11]。, 2014年、プリンスリーグ関東で2位になり参入戦を勝ち上がり、プレミアリーグへ再昇格した。, 2016年からU-18は育成部から離れ強化部に組み込まれた。また、「FC東京U-23」発足に伴ってU-18の各選手は「トップチーム」「U-23」「U-18Aチーム」「U-18Bチーム」の4チームのいずれかに振り分けられることになった[12]。選手によっては複数チームの兼ね合いによって負担が増すものの「今までは環境が整備されすぎたところもあった」(立石敬之GM)[13] と過密日程への対応も踏まえた育成を進めている。, 2003年以前のFC東京U-15を引き継ぐチーム。そのため、2004年に「深川」と改称されたものの、当時所属する選手を第一期生とはしていない。各学年18人、54人前後の選手が所属する[10]。練習場所はFC東京深川グランド。, パリ国際大会にも引き続き参加していたが、出場クラブの多くが地元フランスのチームであるということもあって、芳しい成績を挙げられなかった。また、現地家庭にホームステイすることで生活・文化面での成長を図っていた。, 2007年に発足された関東リーグ参加チームに選出。黒星が先行する厳しい闘いが続いていたが、1部に踏みとどまり、2011年には初の勝ち越しに成功。, 2001年の東京スタジアム開業、2002年のトップチームの練習場移転により、東京都西部での活動の更なる活性化が要される中、深川だけでは西部の中学生を指導・確保できないという状況にあったことから[注 3]、2004年に発足。武蔵野台地から名付けた[15]。各学年18人、54人前後の選手が所属する[10]。, 産(FC東京)・学(東京学芸大学)・官(小金井市)での地域スポーツ連携事業『学芸大クラブ』の活動の一環として、東京学芸大学の施設内で練習していることから、試合も含めて自由な見学が許されていない。, 創設初年度は1年生だけのチームであり、各種大会でチームとしての実績が無かったため、2007年の関東リーグ参加チームに選出されなかった。以後、関東リーグ参入へ向けての挑戦を続け、2013年に東京都リーグ優勝及び関東リーグ参入トーナメントで勝ち残り、昇格を果たした。, 2010年から「ユースの活動費補助」を目的とした会員を募っている。年会費1口1,000円で入会することができ、申込口数に応じて会員限定の特典を受けることが出来る。2010年7月10日、会員数が1万人に到達した。, クラブサポートメンバー創設以前より、同様の目的を有する「ビッグフレームス」という協賛があったが、2010年以降はクラブサポートメンバーに10口以上の申込をした会員のことをビッグフレームスと称することになった。ビッグフレームスとして協賛した個人・団体は本人了承のもとでFC東京オフィシャルウェブサイトに掲載されている[16]。, ともに高校生・中学生の途中加入は原則受け付けておらず、中学3年生・小学6年生に限ってセレクションを開催している。参加費は傷害保険料を含め3,100円。U-15のセレクションは4次セレクションまで行われる。U-15深川、U-15むさし両方のセレクションを受ける場合は、それぞれに申し込むことが必要(両方のセレクションを一度に行ったこともある)。, 小学3年生から5年生まで受け付けている。コースによっては、スクール生以外の一般参加も認められており、その場合1,000円の参加費が必要(スクール生は無料)。, 2015年 SPORT FOR TOMORROW 日本・中央アジアU-15サッカー交流大会, 2006年 FIFA ワールドカップTMドイツ大会記念 ベルリン・ユースサッカー大会, 2003年の時点では、それぞれ『U-15イースト』『U-15ウエスト』を仮称としていた, 『独で「むさし」腕試し FC東京「U-15」、きょうからW杯記念大会出場/東京都』, https://www.fctokyo.co.jp/academy/u18/players/, https://www.fctokyo.co.jp/academy/u15_fukagawa/players/, https://www.fctokyo.co.jp/academy/u15_musashi/players/, 首都東京で舵を取る―FC東京社長が描く未来予想図/後編「育成、U-23、専用スタジアム…『2020 VISION』の具体策とは?」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=FC東京の下部組織&oldid=80129129, JFAプリンスリーグU-18関東の順位(2002-2007年)は、グループリーグ内の順位ではなく、順位決定戦による順位。, 東京都クラブユースサッカーU-17選手権大会 (2006年、2011年、2014年、2016年), 日本クラブユースサッカーU-18選手権大会 関東大会(2007年、2008年、2014年、2015年、2017年), 登録上はU-18ではあるが、大会規定やリーグ戦との兼ね合いなどから、3年生が出場しない大会も多い(U-15も同様)。, 1998年は「東京ガスFCジュニアユース」。1999年から2003年は「FC東京U-15」。, ナイキプレミアカップジャパン優勝チームとして、ナイキプレミアカップ2002ワールドファイナル(ポルトガル・, 優勝した2006年のベルリン・ユースサッカー大会、2016年のIBER CUPはいずれも2年生が出場。.

2020.2.07 [アカデミー] fc東京サッカースクールアドバンスクラス1次セレクション現4年(新5年)合格発表について. 本項では、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するFC東京が運営する、下部組織(ユースチーム)について述べる。, FC東京はユースチームとしてU-18、ジュニアユースとしてU-15深川、U-15むさしを保有。サッカーの普及、サッカー選手の育成、個人能力の向上、社会的態度を育むことを目的としている。, 1985年、FC東京の前身、東京ガスのサッカースクールが開校。同スクールでは奥寺康彦やカルバリオもコーチを務めていた[1]。, 1999年、東京ガスフットボールクラブジュニア・ジュニアユース(1993年4月創立[2]。当時の名称は「東京ペレFC」[3]。)・ユース(1996年4月創立[2])を母体として「FC東京U-18」及び「FC東京U-15」が発足。, 2004年に「FC東京U-15むさし」が発足し[2]、U-15はU-15深川、U-15むさしの2チーム体制に移行。U-15深川は東京都東部、U-15むさしは西部[注 1]の中学生を主に受け入れている(選手募集要項には「自宅から練習場所まで90分以内で通えることを原則とする」と記載されている)。, 2016年、FC東京U-23創設。これを契機に、U-18の選手をU-23で、U-15の選手をU-18で起用する飛び級を多用することとなり、6-3-3の学校制度に則った編成から実力に応じた編成への移行が進んだ[5][6]。, ジュニアチームは持っていないが(ジュニアチームの一員として直接指導するよりも、地域の指導者との連携を深め共に向上することで、より多くの有望選手を輩出しようという狙いがある[7]。)、幼稚園生から中学生年代を対象に、都内各地でサッカースクールを開催しており、指導・普及に当たっている。その中でも「アドバンスクラス」では、U-12フェスティバルに参加するなど[注 2]、選抜チームに近い活動形態をとっている。2016年発表の「2020VISION」では、スクール数30校スクール生5000人を目標に掲げた。, 選手育成コンセプトとして、2011年にトップチームのスローガンとしても用いられた「TOKYO SPIRIT」(Speed/スピード、Personality/人間性、Insight/洞察力・判断力、Race/競争、Independence/自立、Tecnique/テクニック)を掲げている[9]。, 2001年(尾亦弘友希・馬場憂太世代)に、三大タイトル全てのファイナリストとなったが、以降は各大会とも上位止まりでタイトルには手が届かず、プリンスリーグ関東からも降格した(当時は1部制でプリンスリーグ関東2部が存在しなかった)。2005年に東京都リーグで連覇し、2006年にプリンスリーグ関東に復帰した。, 2007年、本拠地をFC東京深川グランドからFC東京小平グランドに移転。この年からU-15むさし卒業生が合流し、U-15深川・U-15むさし・外部の選手が合わさるチームとなる。なお、外部生については日本全国の中学生を対象にスカウトを行っており、地域による制限は無い[10]。 fc東京サッカースクールアドバンスクラス1次セレクション現3年(新4年)合格発表について.

2008-2010,9: fc東京u-23監督 矢野眞光: 2006,8-12: 東京都クラブユースサッカー連盟理事 右田聡: 2007 2010,9-12: fc東京u-18コーチ 山口隆文: 2011: 日本サッカー協会技術委員会(育成)委員長 奥原崇: 2012-2016: fc東京育成部長 太田匡人: 2017-