フラウロスという存在は最終的には終局特異点の戦いの中で停止したが、彼は第一部では一貫して一人称を「私」、及び魔神柱全員の総意としての「我々」としか口にせず、本来同居していたはずの「ボク」のレフ・ウヴァルと「オレ」のライノール・グシオンといった他二つの人格の挙動は一切見せていない。, フラウロスは嘘を吐く悪魔として広く知られているが、レフ自身はこれには当てはまらずむしろ「人理焼却」という残酷な真実を告げることで主人公たちを絶望させようとしてきたが、 と、思われていたが終章にて、時間神殿に乗り込んできたカルデアの面々の前に再び姿を現した。 近未来観測レンズ・シバにより、2017年で人類が絶滅することが証明されてしまった。 カルデアは人類絶滅の原因と考えられる時空の特異点を特定。 フラウロスの自殺というたった一つの要素が加わるだけで「王」による人類史焼却が破綻する、と聞くとかなりガバガバな計画の感があるが、「一つでも"世界の外側"への時間神殿構築にたどり着ける可能性があれば問題ない」ということなのだろう。 不夜城のキャスター:ココア色のふかふか。, 魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。儚く揺らぎやすい蜃気楼に包まれた、小さな"王国"の女王となる。, Aランク以下の魔術を完全に無効化する。現代の魔術師では、魔術で女王に傷つけることは出来ない。, 公正厳重な取引が行われる結界を周囲に形成する。物品の鑑定のみならず、戦闘中の敵の疑わしい挙動も見逃さない。. なお、彼の特徴的というか独特なファッションについてはアニムスフィアへの礼儀らしく、近代施設であるがアニムスフィア家の工房でもあるカルデアで自分だけでも魔術師然とする為の物であったらしい。, ソロモン72柱の一員として行動し、人理焼却を行ったレフであったが彼の行動には一つ、ある疑問が存在した。それはプレイヤー間でも考察され、冠位時間神殿においてロマニから口に出された『カルデアスの観測に必要な近未来観測レンズ「シバ」の開発をしたのはなぜか』というものである。ロマニの口から語られた通り、グランドオーダーの遂行には地球のレプリカと言うべきカルデアスだけでは不可能であり、その表面を観測するシバなしには特異点の調査と特定は出来ないからである。暴論かもしれないが、ファーストオーダー時にシバを破壊していれば、グランドオーダーは発令できずカルデアは死を待つだけの状態に出来た筈だったのである。 そして、その迂遠な自殺の結果、この短編の世界ではGrand Order本編は起こらず、結果的にこの自が過去と現在と未来を守ることになったと菌糸類は述べている。つまりは、この三重人格のフラウロスが自殺を選ばなかった世界がGrand Orderの世界ということ。

Copyright © 2008-2009 eventcast inc. All rights reserved.

医療担当のロマニ・アーキマンとはかつての学友だった。 元々はレフが魔神柱の暴走に備えてカルデアの「近未来観測レンズ・シバ」内に仕掛けたカウンターシステムによって召喚された存在で、セイレムでの異変の際にシバは彼女を独自に召喚しセイレムに送り出した。しかし持ち前の「魔神耐性」が中途半端だったために結界に飲み込まれてしまい、「ティテュバ役」に押し込められ、サーヴァントの記憶と能力を封じられてしまった。その事態を受けてシバの女王だけでは目的を果たせないと判断したシバが、バックアップとして召喚したのがもうひとりのキャスターだった。

・1.5部pvでホームズの言ってた致命的な見落としって、カルデアの近未来観測レンズ“シバ“の事か? ・ 今回の件で「シバ」が半自立的に行動・英霊を召喚が可能だという事が証明されたわけだ。

しかし、女王と王国の実在を示す確かな証拠は一切発見されていない。 情報室フラウロス(Fate):魔神柱として本気を出したレフ, レフ・ライノールとは、TYPE-MOONのスマートフォン専用オンラインRPG『Fate/GrandOrder』の登場人物である。, 上述の爆弾テロによってレフ自身が「神を気取っている」と吐き捨てていたカルデア幹部達、魔術協会その他のプライドが高いマスター候補30人などのカルデア内の不穏分子まで一掃して結果的にカルデアを浄化してしまう(一方の. ソロモン72柱 カルデアの観測機器「近未来観測レンズ・シバ」の名称は、未来視の能力を持つとされる彼女にちなんだもの(彼女の能力の元ネタは、王都へ向う途中の沼に橋として架けられた木が、後世にキリストを架ける十字架になると「予見」したことと思われる)。 2017年大晦日のスペシャルアニメ『MOONLIGHT-LOST ROOM-』にて、レフは「1999年にシバを開発した事で自分の運命は決まった」、自分の人生は魔神柱となる前もなった後も「この星をより良いものにする」事だとオルガマリーに語っている。

オルガマリーにべったりとされていたことをとても疎ましく感じていたという。そのため、カルデアスを爆破する際にわざわざオルガマリーの足元に爆弾を設置しており、彼女が肉体を失いながらも精神体で生き残っていたことを確認すると、今度は罵詈雑言を浴びせた挙句、カルデアスのエネルギー体に放り込んで精神と魂を抹消することで徹底的に嬲り殺した。

悪意と嗜虐性に満ちた外道にして悪党であり、TYPE-MOON史上でも稀に見る極悪人。

しかしそのように人心を酌むことをせず他者を侮り過ぎる点から、手駒の行動を制御しきれず結果として詰めの甘い部分が目立つ。 2015年に魔神柱として覚醒するまでは心の底から善人だった説、カルデアに入り込むためのブラフ説等が存在したが、亜種特異点Ⅳにおいて黒幕の口からある程度の答えが提示された。 カルデアの観測機器「近未来観測レンズ・シバ」の名称は、未来視の能力を持つとされる彼女にちなんだもの(彼女の能力の元ネタは、王都へ向う途中の沼に橋として架けられた木が、後世にキリストを架ける十字架になると「予見」したことと思われる)。 ハァイ、出ました~。シバの国を治める女王、と呼ばれておりました。”シバ”とお呼びください。 また、マシュ・キリエライトに対してはまがりなりにも親身になって魔術指導をしていたらしく、彼女はレフのことを憎み切れずにいる模様。, 「第一特異点《AD.1431邪竜百年戦争 オルレアン》」及び、「第二特異点《AD.40永続狂気帝国 セプテム》」でも黒幕として暗躍。 『お義父様と呼んでかまわないとも』とか宣いながら彼女に近づいてきたソロモン王の父親。 メディア・リリィの死、フォルネウスの崩壊からこの場での不利を察し、特異点維持を諦め神殿へ帰還しようとするも、信奉者であるアタランテに悲しい顔をさせた事、ギリシャの英雄を踏みにじった事がアルテミスの怒りを買い(曰く「ギリシャの神々的にアウト」)、まず片足を音もなく射抜かれ、それに気を取られた隙に悲鳴を上げる間もなく蜂の巣にされ、魔神柱になることもなく原形もとどめないほど体を破壊されるという、原作以上に悲惨な末路を迎える。

第一部の特異点F-《AD.2004年炎上都市 冬木》において主人公らの前に現れ、その本性を曝け出した。 Copyright © 2008-2009 Be-3 inc. All rights reserved. ある時、女王は、名高き賢者ソロモンの知恵を授かろうと、大量の献上品をたずさえてエルサレムを訪れた。ソロモンを試す三つの謎掛けはことごとく看破され、エルサレムの繁栄ぶりに女王は感服する。女王とソロモン王は互いに贈り物を交わし、そして再び帰路についた。

レイシフト先であるセイレム村にて、少女アビゲイルの家に仕える黒人奴隷の使用人ティテュバとして登場。 「魔術師」のサーヴァント。 略歴 1.

サーヴァントとなった今もその想いは変わらないようで、主人公らにとっても大切な人物に興味津々だった。 その視線から放つ魔力で主人公側のサーヴァントを一度に全員攻撃でき、特殊攻撃では火柱攻撃「覚醒」を使用する。 ウヴァル グシオン フラウロス 本人もビジョンの解釈違いで目論見を外して実際の事態に面食らうことがままあり、使用には消極的な様子。 良く言えば倹約家、悪く言えば守銭奴の根っからの商売人であり、言葉遣いも商売に関するものに置換されることがある。また常に何かしらのビジネスチャンスを模索し財テクに余念がないが、現状中々ブレイクしていない等、新たなお騒がせ要員の片鱗を見せ始めている。 合が発生しており、原因の調査中です。ご不便をおかけし、大変申し訳ありません。. (ただし、『2015年の時計塔』は『月姫』、『魔法使いの夜』よりの世界であり、月姫世界は死徒二十七祖が存在するかわりに英霊召喚が不可能な世界である。路地裏ナイトメアで月姫世界とFate世界の決定的な断絶が明らかになって以降、『FGO』世界と『2015年の時計塔』世界の間には分岐点となる地点はないものと考えられる。) カルデア爆破事件の犯人であり、2016年以降の人類史を焼却した張本人。 人理保障機関カルデアの顧問を務める魔術師。近未来観測レンズ「シバ」の開発者であり、天才的な技術力を持っている。 聖杯のバックアップを利用して無尽蔵にサーヴァントを召喚していたが、サーヴァントを道具扱いしていたことが災いしてか、多数の離反者と野良サーヴァントを生み出し、結果的に主人公側の戦力に利する形となってしまった。, 真名「レフ・ライノール・フラウロス」。

その後、 … 淑やかな口調、支配階級、露出強等、共通点が多く見られる他のキャスター 主人公たちとの直接対決の際には目玉が無数に付いた巨大な肉塊の柱・「魔神柱」に変化し、圧倒的な力を発揮する。 ハイ? ホントの名前ですか? う~ん、そこからは別料金ですねぇ, 『Fate/Grand Order』に登場するキャスターのサーヴァント。レアリティは☆4。 亜種特異点Ⅳクリア後にストーリー召喚に追加される

『禁忌降臨庭園 セイレム』にて、魔神柱ラウムの独自行動を察知した近未来観測レンズ・シバが、その内部に仕掛けられていたカウンター・システムによって自発的に召喚し、セイレムに送り込まれた。生き残りの魔神柱の存在を感知した彼女はカルデアに警告を発し、英霊召喚システムを暴走させて自分を触媒にキルケーをセイレムに送り込んだ。迅速な行動によってセイレムは妨害させられたが、妨害のための負荷によって大幅に能力が降下してしまう。 2. また、砂漠やラクダが大好きな生粋の砂漠民で、しばらくそれらに触れられないでいると情緒不安定になる。加えて「近未来観測レンズ・シバ」の名前の元ネタだったり、シバに仕掛けられたカウンターシステムによって一度は召喚されたことから、カルデアのシステムと強い繋がりをもっており、彼女の機嫌が荒れるとカルデアのシステムも不具合を起こすなどの弊害を産んでいる。

イシュタル 王国候補地の一つである東アフリカのエチオピアでは、女王はソロモン王と結ばれ、初代皇帝の母となった、とする壮麗な建国神話が残されている。 彼に対しては嫌悪感が先立つようで、嫌いながら軽くあしらっている。ただし彼がスルーするとそれはそれでムカつくという犬猿の仲。

一度は魔神柱フォルネウスや海域を漂う使者の怨念を駆使し、黄金の鹿号を沈没間際まで追い詰め、原作同様に英霊やカルデア陣営を嘲笑うも、聖杯の使い方を理解したドレイクによって船は復活、死霊たちも「嵐の王(ワイルドハント)」の逸話によって彼女の制御下になり、その事実に動揺するのを見ていたダ・ヴィンチに「英霊を知らなすぎる」と呆れられる。 2015年11月25日(水) 19:00~2015年12月11日(金) 13:59, 2015年12月16日(水) 06:00~2015年12月25日(金) 23:59, 2016年11月16日(水) 19:00~2016年11月22日(火) 14:59, 2017年10月25日(水) 19:00~2017年11月10日(金) 12:59, 2017年11月15日(水) 18:00~2017年11月24日(金) 12:59, pastportは、思いだす・つくる・くらべるをテーマに、誰でも簡単に年表が作れて、共有できるサービスです。自分の生い立ち、よく聞いてた音楽、あの頃見た映画、いろんな切り口で年表をつくりましょう。.



褐色 ケモミミ 角 エキゾチック 女王 商人 聖書にて彼女が感服した想い人。エチオピアの伝説では彼との間に子をなしたとされている。 そして結果論になるが、それは最後のレムナントオーダーで内部を観測、現代へのレイシフトを可能にした事でその機能を果たしている。 人間の父と魔神(ジン)の母の混血として生を受け、上記のような取引に律儀な性分は、母方の特性を色濃く受け継いだ生い立ちに関係しているのかもしれない。 Fate/Grand Order <非公式年表>とFGO特異点/イベント年表の比較 ... 「近未来観測レンズ・シバ」完成 ... 2015年8月19日(水) 16:00~2015年9月9日(水) 13:59.

今度は何度倒されても再誕しカルデアを窮地に追い込むが、今までの特異点で出会った英霊が敵味方問わず現れた事で形勢が変わり、逆に追い詰められることになった。 アビゲイル メインシナリオでは、1.5部の亜種特異点Ⅳ『禁忌降臨庭園セイレム』に「ミドラーシュのキャスター」の仮称で登場。 同じ守銭奴という点で意気投合した女神。 吐き気を催す邪悪 それは「シバには魔神柱群がゲーティアにとって不慮の行動を取った際に、それを監視・抑止する機能が備わっていた」という物である。つまり、レフがシバを作りカルデアにそのままにしていたのは怠慢ではなく、元々シバは魔神柱達が人理焼却のため以外の行動を取らないようにするためのセーフティだったのである。

が、自らが召喚したサーヴァントに、「黙れ」の一言と共に真っ二つに切り裂かれて絶命。



サーヴァントも単なる道具としか見ておらず、彼らのことも完全に見下していた。 ただし、上記の通り世界の未来を案じていたのも確かであり、「多彩で変化に富むがそれ故に不安定な人間の未来から、道端に転がる小石をどけるかの如く、事前に危険を排除できるようになれればいい」という考えで作り上げたようである。 自分の手を汚さずに他者が自滅する様を楽しむ卑劣漢で、"英霊"という存在も嫌悪している為、召喚したサーヴァントに対してもわざとその強みや矜持を潰すような運用をする事が多い。

Some text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.

オルガマリー・アニムスフィア ロマニ・アーキマン 復刻:ハロウィン・カムバック! 超極☆大かぼちゃ村 ~そして冒険へ……~ ライト版.

良くも悪くもギブアンドテイクに厳格で忠実な契約主義者。彼女にとって無償の善意など無く、全てが支払うべき対価の存在する商品であり、より多くを望むのであれば「ここから先は別料金ですよ?」と事前説明を怠らない。 どうやら人間ではないらしく、人間という存在を徹底して卑下して「ゴミクズ」呼ばわりし、人類史の焼却によってカルデアの外界にいた人類すべてが抹殺されても歯牙にもかけていない。

母方の血から彼女は「未来視」の能力を持っている。それによって彼女は近未来を見据える事ができ、そのためにポーズや演技を行うこともある。また彼女は親しくなった人物に自身の見た未来を語りたがらない。それだけ、彼女は未来視が今を生きる者にとってくだらないことだとも認識しているようである。 呼び出したサーヴァントに聖杯を与え、その人物に人類史を破壊に向かわせるよう仕向けていた。 ダビデ 「2015年の時計塔」においては、レフ・ウヴァル、ライノール・グシオン、フラウロスという三つの人格を持つ魔術師が登場し、彼は「冠位指定(グランドオーダー)」というものに縛られていた。「冠位指定」のために簡単に自殺できないでいたところ、現在を司る人格であるフラウロスが過去と未来しか見ようとしないレフとライノールを危険視して自らの人格の消滅を選び、人格同士の仲介人を失ったことで互いに相容れないレフとライノールはお互いを殺すための罠を仕掛けた結果、この魔術師という存在は死亡した。 この時の目を大きく見開いた大変素晴らしい笑顔は中々にインパクトがある。

本来のフラウロスは、他の二つの人格を危うんだりマシュを気遣ったりと善人であり、この三重人格のフラウロスとGrand Order本編のレフ・ライノールは同一人物である。 『禁忌降臨庭園セイレム』で仲良くしていた記憶からお互いに気安い関係。たまに彼女の想い人の話を振られてからかわれる仲である。, ミドラーシュとは、ヘブライ語で「捜し求めるもの」の意味。 そして、なおも聖杯の力に頼り、ローマ帝国を滅ぼそうと破壊神たるサーヴァントを召喚し、その全てを蹂躙するよう命を下す…… 哀れなり、レフ。, 真のソロモンが発動した第一宝具『訣別の時きたれり、其は世界を手放すもの』によって時間神殿が崩壊し始める中、尚も抵抗を続ける英霊たちに対し、自分たちにとっては痛みに満ちた歴史を重ねる人理を何故守ろうとするのかと叫ぶ。そこに現れた英雄王から「ソロモンの魔神たちは人類の悲しみしか見ていなかった」と指摘され、さらに「何故この様な結末になったのか答えを得たければ、自分たちを追い詰めたカルデアのマスターに訊け」と言われる。 その性格と才能から、所長であるオルガマリー・アニムスフィアから依存に近いレベルで信頼されており、何かにつけて頼られている。 CV:杉田智和

『Fate/Grand Order』に登場するキャスターのサーヴァント。レアリティは☆4。 亜種特異点Ⅳクリア後にストーリー召喚に追加される メインシナリオでは、1.5部の亜種特異点Ⅳ『禁忌降臨庭園セイレム』に「ミドラーシュのキャスター」の仮称で登場。 レフ・ライノールが作り出したカルデアの近未来観測レンズ『シバ』の名前の由来となった人物であり、ゲーティアの元となったソロモンとも深い関わりがある。 レイシフト先であるセイレム村にて、少女アビゲイルの家に仕える黒人奴隷の使用人ティテュ …

FGO(フェイトグランドオーダー)のアサシンクラスサーヴァントを紹介。レア度毎にサーヴァントを画像付き、評価込みで掲載しているので、FGO(FateGO)攻略の参考にしてください。 そして第1部のコミカライズ作品の一つ「turas realta」にてこちらはシナリオ構成の関係上、第2章セプテムでは現れなかったという展開になり、第3章オケアノスでの決戦において登場、ヘラクレスを倒し、アルゴー船を追う藤丸たちを乗せた黄金の鹿号を両陣営ともに転移させる。 セイレムでは「ティテュバ」として最初に登場し、直後に劇中劇で「シバの女王」として顔割れしてしまったため、キルケーと同じく「○○のキャスター」と呼ばれた時期は殆どなかったりする。イベントでは一応「ケモミミの女王」とぼかして表記されることも。 魔術師 Fate/GrandOrderの登場人物一覧 ソロモン72柱の魔神・序列64番の魔界の大侯爵。つまり本物の悪魔。 尚、人類を見下していたレフだが、ロマニに友情を感じていたのは確かだったらしく、ダ・ヴィンチちゃんの「ロマニは自分が召喚されるまで他人を一切信じていなかった」という言葉には僅かに動揺を見せた。 ちなみに好きなラクダはヒトコブ派。地元品種(主な生息域:アフリカ)だからか強いこだわりがあり、外来種に当たるフタコブ(主な生息域:中国)はせいぜい畜産資源扱いでむしろ風当たりがキツい。, 「シバの女王」。エルサレムの南方にある「シバ王国」を統治したとされる謎多き女王。 多くの謎と遺恨を残したまま、物語からあっけなく退場してしまった……。 担当声優の佐藤女史は『プリズマ☆イリヤ』での桂美々を経てのFateシリーズ参加となる。FGOもかなりやり込んでおり、FGOフェス2019へのイベント登壇をきっかけに「Fate/Grand Otaku」(高橋李依、田中美海、大久保瑠美、悠木碧らがFGOについて語るLINEグループ)に参加している。, Fate/GrandOrder サーヴァント キャスター(Fate) 物腰柔らかな紳士然とした人物で、モスグリーンのタキシードとシルクハットを着用し、いつもにこやかに微笑んでいる。ぼさぼさの赤みがかった長髪で鼻が高い。 この人実は馬鹿なんじゃないか?と思われても仕方ない行動が目立つ。, Fate/GrandOrder FGO(Fate/Grand Order)に登場する清少納言/キラキラのアーチャーの評価を掲載。スキルや再臨素材、声優、最終再臨や絆礼装なども掲載しています。FGO(Fate/GO)の清少納言/キラキラのアーチャー運用の参考にどうぞ。, 召喚に応じ、参上いたしました。アーチャーのサーヴァント、清少納言と申します。既に筆を置いた我が身ではありますが、この溢れる知識が役立つことも有りましょう。間違ってても責任持ちませんが。うふふふふ。えっと…挨拶ってこんなもんで良いかな?これからよろしくね、ちゃんマス!, ここまでしてくれたちゃんマスには、見せてあげるね。これがあたしの宝物達。一つ一つに思い出が詰まった、あたしの印。きっとこれからも増えていくだろうけど…一番大切なものはここには無いの。でも、今は寂しくないよ。一緒にいてくれてありがと、マスター。, 味方の火力とNPをサポートしつつ、自身も特攻宝具で火力を出せる点が優秀。主にイベントなど周回の場面で活躍する性能。スカディシステムは厳しいので、他のNP獲得持ちアーチャーと並べた編成がおすすめ。, 【効果】味方全体の攻撃力をアップ(3T)[Lv]毎ターンNP10%獲得状態を付与(3T)毎ターンHP回復状態を付与(3T)[Lv], 【効果】自身に回避状態を付与(3回/3T)クリティカル威力をアップ(3回/3T)[Lv], 【効果】自身のQuickカード性能をアップ(3T)[Lv]NPを増やす[Lv]スターを10個獲得, スキル1の全体NP獲得状態はLvに関わらず10%なため、周回を考えるならスキル3を優先して上げよう。また周回だけを考えるならStep3で十分。高難易度を考える場合のみStep4を目指そう。, 清少納言は「人の力を持つ敵」「中立のサーヴァント」「シャドウサーヴァント」に対して特攻状態になれる宝具を持つ。2つ以上該当する敵であれば、非常に高い宝具火力を発揮することができる。, 宝具効果の特攻効果は1ターンなため、宝具後の通常攻撃にも特攻効果が乗る。自身でスター獲得とクリティカル威力アップも持つため、特攻対象には宝具後の追撃も高い火力を出すことが可能。, スキル1を使うことで味方全体の火力アップと、毎ターン10%のNPサポートが可能。ある程度NP関連の礼装が揃っているのであれば、孔明などNP付与のサポーター無しでの周回編成も実現しやすい。, 自身の宝具によるNP回収量は低め。味方全体NP獲得状態と、最大20%のNPチャージを持つがそれでも厳しい性能。スカディシステムで運用するならば、スカディ以外のサポートが追加で必要になる。, 1Waveでスター大量獲得からクリティカルで突破し、2,3Waveを清少納言とイシュタルの宝具で突破する編成。宝具の使用が2回で済むため素早い周回ができる。, 万葉集の訓読に携わった『梨壺の五人』のひとり、清原元輔を父に持つ。男性中心の社会において、型破りとものいえる行動力で自身の存在を世に知らしめた才女。一条天皇の皇后・中宮定子を生涯の主人とし、その最期の時まで寄り添い続けた。定子に捧げられた散文の数々は、その死後に『枕草子』としてまとめられている。, 絆レベルや幕間クリアで解放されるキャラ情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください, 身長/体重:157cm・46kg出典:史実地域:日本属性:混沌・善  性別:女性SAY! SHOW NOW GO ON!, 平安期の作家・歌人。男性が学ぶものとされていた漢文・漢詩に親しみ、その豊富な知識をもって男性達をやり込めるなど、当時の女性としては型破りであった逸話を数々残す。かの『紫式部日記』においても、紫式部が相当に彼女を意識していたことが読み取れる。中宮定子の女房として仕え始めたのは20代後半の頃。若き定子はひと回りも歳の離れた少納言を寵愛し、少納言もまた、美しく聡明な定子の期待に応え続けた。彼女はそんな宮廷での暮らしを面白おかしく書き綴り、散文の数々は後に随筆集としてまとめられる事となる。これが日本初のエッセイ、『枕草子』である。, 何が楽しいのかいつも上機嫌……かと思いきや、すぐにふて腐れたりする。猫のような気まぐれで周囲を振り回すが、基本的には楽しい事を最優先する新感覚パリピ系サーヴァント。「をかし(エモい)」をこよなく愛する、時代が早すぎたキラキラ女子。歌人の風格をどこに置いてきたのかという変わり様ではあるが、彼女の場合、現代の若者文化との親和性が高すぎた結果なのだろう。定子サロンにおいて年齢を気にしていたという歴史的事実からも、女子高生の姿で召喚に応じたことには、何ら不自然な点はないのである。カルデアにおける紫式部との仲は良好(本人談)。, ○歌仙の詩歌:B中古三十六歌仙、女房三十六歌仙に名を連ね、小倉百人一首に歌を採られながらも、清少納言は和歌を不得手と自嘲する。苦手意識もあるだろうが、古色蒼然としたルールが彼女の新しい感性と相性が悪かったともいえるだろう。それでも彼女の詠む歌は時に人々の心を打ち、時に不埒な男達を堂々と退けたのである。○逢坂の関:A函谷関は鶏の声で開けども、恋の関所はそう簡単に開かない。難攻不落のこの逢坂の関、最初に通り抜けるのは、はたして――。○星はすばる:B夜の闇が深いほどに、星の光は輝きを増す。すばる星、彦星、太白星、流れ星――。そしてまた、彼女が放つ光も星のように。, 『枕草子・春曙抄』ランク:D++ 種別:詩歌宝具レンジ:1~20 最大補足:50人エモーショナルエンジン・フルドライブ武芸や陰陽の術ではなくただ書き綴る事だけで辿り着いたひとつの境地。感情の泉の湧き出すに任せ、自著『枕草子』の内に構築した心象風景を現実世界へと具現化させたもの。すなわち──固有結界である。清少納言によって塗り替えられた世界は、『いつか、どこかで見た懐かしい風景』となって、結界内に取り込まれた相手の心に侵食する。哀愁、ノスタルジィ、いとあはれ──湧き上がってくる強い感情に心をかき乱され、ほんの一瞬でも戦いを忘れてしまったのなら。この場を支配した彼女から放たれる、強烈(で理不尽)な攻撃を避けられはしないだろう。なお、『枕草子春曙抄』は北村季吟により江戸時代に制作された注釈書のタイトルではあるが、自著にこめた想いが時を越え、後の世においても人々に愛されていた事は清少納言にとって僥倖であった。彼女は『春曙抄』を過去と未来を繋ぐ象徴の言葉とし、また、春はあけぼの(春曙)の段を抜き出した(抄)かのような自身の宝具を見事表現した言葉として、自らの宝具名を『枕草子・春曙抄』へと昇華させている。, 清少納言は本来、サーヴァントとして『英霊の座』に登録される存在ではない。『枕草子』を綴り終えた彼女は、潔く宮廷を去った。恩讐さえ捨て去り、華やかな人生を思い返しながら、ただひとつの星を胸に抱いて生きていく──それは同時に、もうひとつの星が消える事でもあった。彼女は人理を守るべき守護者たりえなかったのである。だが、ある事件において行われたイレギュラーな召喚が『清少納言』にひとつの転機を与える事となる。信頼できる人々と心を通わせ、様々な経験を経て──自ら封じていた歌人としての自分と、新たな可能性を併せ持つ事となった彼女は、ついに『英霊の座』へと迎え入れられたのだ。かくして、召喚は成された。たとえ、彼/彼女がまだ『なぎこ』と共に過ごしたあの騒がしい日々を体験していなくとも──清少納言は再び彼/彼女に出会えるその時を、心から待ち焦がれていたに違いない。, どーよちゃんマス!かわいい+かわいい=もっとかわいいの極み!はぁ〜こんなのもう犯罪じゃん…かわいすぎ罪やで…!やばい…あたしちゃん捕まっちゃう…ちゃんマスぅ…週に1回…面会に来てよねぇ, はい変わったー!…って変わってないじゃーん!え?変わるのはこの次?そういうのは早く言ってよ〜, ぐえぇぇ…はぁ〜まさかまたこいつを着る日が来ようとは…いいよいいよ!こいつを引きずって、カルデアの廊下ピッカピカにしてやるもんねぇ!…えっ?意外と似合ってる?えっへへ、ありがと!, 絆レベルで解放される絆礼装の情報を掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください, バレンタイン礼装のイラストとフレーバーテキストを掲載しています。ネタバレが含まれるため、注意してください。, 清少納言からのバレンタインチョコ。タマゴの中から出てきた紙には、ただひと言だけ。『言はで思ふぞ』───言葉にしなくても、あなたの事を想っています。かつて、傷心の日々を送る清少納言の元へと届けられたメッセージ。世界で一番元気が出る、最強の呪文。なお、チョコの味は普通。, ©TYPE-MOON / FGO PROJECT※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。▶Fate Grand Order公式, いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。, 特攻対象に対しての火力が非常に高く、周回するクエストの敵次第で優先的に使いたいサーヴァント。高難易度でもこの火力を発揮したいところですが、対応力が低く使える場面は限られる印象です。, 素材に余裕があれば上げておきたいスキルレベル。Step1よりもそのサーヴァントの特徴を引き出せる。, そのサーヴァントの理想となるスキルレベル。一部を除き無理に目指す必要は無いが、手持ちの素材が十分であれば目指す価値はある。, 清少納言(アーチャー)装備時のみ、自身がフィールドにいる間、味方全体のNP獲得量を10%アップ&クリティカル威力を10%アップ.