先生、FX会社の信頼性を調べていたのですが、何やら難しい言葉がたくさん出てきてよく分からなくなりました。 もしかしたら信用リスクについて調べていたのですか?確かに難しい言葉も出てきますが、押さえるポイ ... FXのレバレッジについて基本は分かっているのですが、計算の仕方やどのくらいの資金を入れれば良いのかよく分かりません。詳しく教えてください。 分かりました。リスク管理にもつながる重要なキーワードなのでわ ... 株式などは複数の銘柄を保有してリスク分散することも多いですが、FXについてはどうなのでしょうか? FXにおいても運用する資金が大きくなればリスク分散も大切です。色々な形でのリスク分散があるので詳しく説 ... 毎月の利益目標を月利として決めたいのですが、どれくらいがいいでしょうか? 月利で目標を考えるのはいいですね。でもあまり最初から無理しない方がいいです。それでは説明していきましょう。   〜今 ... まもる先生、損切りについて調べていたのですが、「損切りはしなくてもいい」とアドバイスしているサイトも多くありました。実際のところはどうなのですか? そのような手法もありますが、私はおすすめしません。損 ... 元学習塾の有名講師で、退職後の現在はFX、株式投資、不動産投資などを中心としている。若い時にFXで1,000万近くの損失を出したこともあり、リスク管理、資金管理を徹底する大切さを誰よりも知っている。現在は時間もあるので、これからFXを始めようとしている学習塾時代の部下、まなぶに熱く説明している。元講師ということもあり、ついついアドバイスが授業形式になってしまう。とても穏やかな性格だが、リスク管理の話になると厳しくなる。, まもるの元部下。一回りも年が違うが、公私に渡り良き相談相手である。現在サラリーマンをしながらFXを始めてみようと決意。以前からFXで副収入を得ていたまもるに一から教えてもらおうと会社が終わると毎日まもるの家に押しかけて話を聞いている。後先を考えずに行動するところがあり、FXのリスクについてもあまり理解していない。素直な性格なのでまもるのアドバイスはしっかりと受け入れる。. FX中級者. 当ブログはFXに関する様々な情報提供を目的としています。私の個人的な分析、見解による資産運用、投資情報の提供ですので、特定の取引を推奨するものではなく、投資活動は自己責任で行ってください。当ブログの情報に基づいて被った損害、損失について、当ブログ及び管理人は、一切の責任を負えませんのでご了承下さい。. LINE: ×. menu.

ホーム. 【6】損切りができるようになるコツ. 二重あごです。あごの肉ってどうやったらとれるのー?これからの季節、タートルネックを着ると肉がのりまーす。ぐふふ。さて、fxです。絶対やっちゃいかんのって、損がでてるポジションの指値だけいれて寝ちゃうことですね。寝てるあいだに利益のってたらいいなぁって。 1,800円. 損切りした後というのは熱くなって取り返そうとする人がいたり、怖くなってトレードができなくなってしまう人など様々います。, 今回は損切りした後のトレードの影響とメンタルの関係とは?にフォーカスして話をしていきたいと思います。, ※規律を守って淡々とトレードできる人は問題ないと思いますので、”熱くなってしまう人”と”怖気づいてしまう人”について触れていきます, リスクリワード1:1以上のトレードをしていれば勝率が5割以上ならトータルでマイナスにはなりません。, そもそも目の前の損失を許容できていないのは、損失を全て排除しようとしていることに他なりません。, 勝率100%の人間などこの世にいませんので、1回1回のトレードに焦点をあてるのではなくトータルでの損益に焦点をあてるようにしましょう。, トレードをする目的として利益を上げることがまず第一の目的なのですが、ポジションを持つ際や持った後というのは、損益のことは忘れることが必要です。, 損失(金額やpips)を逆算して考えてしまうことで取り返そうと考えてしまうからですね。, 損切りした分を取り返すためにロットを増やす行為は資金管理を崩すことになりますし、プロスペクト理論という人間の心理からもどうしても大きな利益を得る可能性を無くすといった機会損失を招き、利益を失うことによる恐怖を助長して感情の起伏が大きくなります。, どうしても意志の弱い人は自分だけでは罰ゲームを実行しない可能性がありますので、第三者の監視のもとで行う必要があります。, 記録を付けることで負けパターンや勝ちパターンが把握でき、ルール通りと破った時では損益はどうなのか?もわかります。, 損切り後に怖気づいてしまう人はどんな行動をするのか?これは以下のような傾向が見られます。, 熱くなってしまう人と同様、損切り後に怖気づいてしまう人の原因に”損益勘定”が挙げられます。, ポジションを持てない、ロットを下げてしまうといった最大の原因は自信が無いことでしょう。, ポジションを持てなくなってしまったりロットを下げてしまう場合は圧倒的な検証不足が考えられます。, 検証の結果、トータルでプラスになることが実感できているのであればポジションを持てなくなるほど自信は無くならないはずです。, そのため、1回1回のトレードが70%の確率に近づいているものだと考えるようにしましょう。, 1回1回のトレードが70%ということではなく、何回も何回もトレードした結果が70%なのです。, Midas FX公式メルマガでは一つ一つポイントを絞ってわかりやすくお伝えしています, ロット(取引枚数)が増えることでFXトレードにどんな影響が?適切なロットサイズの増やし方について, FXでポジションを持つ前の緊張状態を解消する方法とは?サークルオブエクセレンスを試してみよう, 無料のFX検証ツール Trade Interceptor(トレードインターセプター) ※現Think Trader(スィンクトレーダー)まとめページ, FX検証に便利なスマホアプリ・ツール『Trade Interceptor(トレードインターセプター)』とは?ダウンロード~各種アイコンの機能説明 Vol.1, MT4のチャートにローソク足確定までの残り時間を表示するインジケーター(RemainingTime). まもる先生、口座開設をどこにしようか悩んでいますが、GMOクリック証券が気になっています。よく聞くFX会社ですが、長所や短所などを教えてもらえますか? そうですね。一言で言えばオールラウンダーの会社で ... デモトレードの使い方、主に注文の種類やどのくらいの取引数量でトレードすれば良いのか分からないのですが、詳しく教えてもらえませんか? 分かりました。発注はFXの基本ですが、注文の種類を使いこなせていない ... 損失確定の注文があらかじめ設定したレートよりも少しズレて決済され、損失額が予定よりも少し大きくなってしまったのですが、これはどうしてですか? それはよく「注文が滑る」とも表現しますが、スリッページと呼 ... DMM FXで口座開設して本格的にFXを始めようと考えているのですが、資金はどのくらい必要何ですか? それは取引単位によって決まってきますが、どのくらいリスクをとるのかにも関わってきますね。詳しく説明 ... まもる先生、毎日チャートを見ていると決まった時間に動き出すことが多いということが分かりました。これはどうしてですか? よく気づきましたね。時間を意識してトレードすることは、稼いでいるトレーダーに共通し ... まもる先生、今チャートの勉強を始めたところですが、水平線を正しく引けるようになりたいです。 水平線ですね。シンプルだけど、マスターすることができれば、トレードする上でなくてはならないものになるでしょう ... Copyright© FXの正しい始め方ガイド , 2020 All Rights Reserved.

損切りした後の人の様々なタイプとは? 人間は不思議なもので損切りをするとその後のトレードに様々な影響が出る人がいます。 ・全く動じず規律を守って淡々とトレードできる人 ・熱くなってしまって損切りした分を取り返そうとする人 ・怖気づいてしまってトレードをするのが怖くなっ� 「損切り幅を広げるなんて、なに馬鹿なことを言ってるの?」「損切りは小さい方がいいんでしょう?」という声が聞こえてきそうですが本気で考えています。, 損切り幅を小さくしてしまうから頻繁に損切りになってしまうと思いませんか?それなら、なかなか損切りにならないところに逆指値を置いておけば、損切りする回数は大きく減らすことができるはずです。, 損切り幅を広げて、できるだけ損切りしない方法でも、今まで以上に勝てるなら最高ではないでしょうか?, でも、適当にやっていたら損失は大きくなる一方ですから、損切り幅を広げても勝てる方法を本気で考えてみました。, 適正な損切り幅を考える場合、まずは使う手法がスイングトレードなのか、デイトレードなのか、スキャルピングなのか、そして、利益はどの程度を狙っているのかが重要になってきます。, スイングトレードなのに10pipsで損切りとか、スキャルピングなのに100pipsで損切りなんてことはありえないはずです。, そんな中でもよく言われているのが、「適正な損切り幅は総資金の1~2%である」というものです。総資金が100万円で1%で損切りするなら1万円、適正な損切り金額は1万円ということになります。, なので、スイングトレードで100pipsで損切りする手法なら1万通貨、スキャルピングで5pipsで損切りする手法なら20万通でのトレードが最適ということになります。, これは資金管理の観点から見れば確かにその通りかもしれませんが、リアルトレードで順守しているトレーダーや、ブログで明言しているトレーダーの多くは、大きくは勝っていないように感じてしまいます。これは私の主観ですが・・・。, ちなみに私の場合は、総資金に対する%では決めていませんが、数値的には1%~7%程度の間でルールに従って損切りしていて、大きな問題もなく十分な利益を出すことができています。, こういったことから考えても、万人に共通する適正な損切り幅というものは存在せず、手法、トレードルールによって変えていくことが必要になることがお分かりいただけると思います。, 「損切りができない?」でも触れましたが、人間の本能として損切りはしたくないのが本音ではないでしょうか?, 私自身、本当は損切りなんてしたくありません。そんな気持ちから神技手法も生まれています。しかし、普通のトレード手法であるならば、損切りは必ず必要になります。, 勝ちたいならば損切りをしないという選択肢はないのです。あるとすればレバレッジ1倍でのスワップ狙いと特殊な手法だけではないでしょうか?, 損切りはできるだけ小さく確実に・・・なんていつも言っている私が「できるだけ損切りしない方法」なんて書いてしまうと怒られてしまいそうですが、できるだけ損切りしないでも勝つ方法は存在します。, 私は通常なら10回トレードすれば3~4回は損切りしていますが、これが10トレードに1回、20トレードに1回の損切りになったとしたら凄く楽だと思います。, 実際に私が公開している手法の一つでも損切り回数は激減して勝てるのですが、稀にある長時間トレードと資金効率がデメリットになっています。, そのデメリットを解消できたらと今考えているのが、スキャルピング寄りのデイトレードでありながら勝率8割以上になるであろう手法です。既に頭の中では完成して、あとは検証とデータ取りで完成に近づけるだけなのですが時間の関係で進んでいません。, もちろん、勝率が上がるということで損切り幅は広がることになりますが、いかに精神的に楽にトレードできて、安定してトータルで勝てるかという部分が重要になってきます。, 結局、できるだけ損切りしない方法を考えるなら、損切り幅を広げればいいだけなんですね。, ただし、損切り幅を広げただけではマイナスが増えることになってしまうので勝率を限界まで上げることが必要になってきます。損切り幅と勝率、このバランスを取ることができれば、できるだけ損切りしないでも勝てるということになります。, あなたが一定のルールでトレードしていることが前提となりますが、損切り幅を大きく広げても勝てる可能性をチェックする方法があります。, まず、自分のトレードの中で損切りになった履歴をできるだけ多く集めます。できれば200トレードくらいあればいいと思います。, そこで損切りしないで我慢して持っていた場合、建値に戻るまでに最大で何pips引かされたかをすべてチェックし記入していきます。, 例えば200トレードのすべてが300pips以内に建値に戻っていたとすれば、最大損切りを300pips強としてトレードしたとすれば、すべての損切りは避けられたことになります。200回の損切り分がすべて利益に変わってしまうわけです。, この最大損切りが人によって200pipsだったり500pipsだったりすると思いますが、次はもっと最善の損切りポイントがないかを探していきます。, どこまで引かされて建値に戻ったかをチェックしているわけですから、あとは適当なpips数で区切って、普通に損切りしていた方がいいのか、そのラインで損切りした方がいいのかを集計していくわけです。, そして、一番利益が最大化するポイントを見つけることができれば、その数値があなたのトレードでの最善の最大損切り幅になります。, これ、やってみると結構面白いんです。私もずいぶん前に自分の履歴をチェックして最善で最大の損切り幅を割り出したことがあります。そして最大損切り幅でトレードしたこともあり、しっかり利益を出せた時期もありました。, しかし、損切り幅を広げるということは長時間保有になってしまうこともあり、その間の機会損失の方が大きくなったためにやめてしまった経緯があります。これは私の使っている手法がスキャルとデイトレの中間という特性が原因でした。, 手法によっては使った方が利益が伸びる場合も多々ありますから、検証する時間がある方はチェックしてみれば面白いと思います。, スイスフランの暴騰、EU離脱問題でのポンドの暴落、相場ではたびたび驚くほど大きな変動が起きる場合があります。, これは、参加者全員の想定を裏切るほどの変動になってしまうことで、損切りが損切りを呼び更に大きな値動きになっていくのです。, 損切り幅が決まっていたとしても、ファンダメンタルズ的な要因での値動きの時は相場は行き過ぎる傾向が強く、想定以上の損失になってしまうこともあるためです。, また、損切り幅を広げたことにより長時間保有になってしまい、もうすぐ大きく動きそうな指標発表があるという場合なども、損切りしてしまった方がいい場合があります。, 損切りする値が決まっていたとしても、リスク管理の観点から損切りしてしまった方が良い場合もあるということになります。, 損切り幅を大きく広げて勝つなんて、一見無謀に見える行為ですが、しっかりとデータで裏付けされていれば勝てる戦略になります。, あなたのトレードルールに従って、最善で最大の損切り幅を算出し、その大きな損切りをしていくことでトータル利益が伸びるのであれば最高だと思います。, できるだけ損切りしたくないと考えている人なら、使えるのか使えないのか時間をかけて検証してみる価値はあるはずです。, FXオリジナル手法(人気ブログランキング)