iOS12から、色んなアプリの作業を自動化するアプリworkflowがAppleの仲間になり、「ショートカット」というアプリとなって配信されるようになりました。しかもSiriからも登録した内容が実行できるという仕組みも出来て、活用方法が増えそうです。, 特に1番目のタスクが未実行のまま家に着いてしまうと、それはそれは大変なことに繋がります。絶対に実行しなくてはならない大事なタスクです。, そして、帰宅途中にドラッグストアに寄り、買い物リストに従って買い物をする。これも重要なタスクです。, あとはたすくまの操作。これを忘れて運転中に思い出した日にゃ、焦りが募ります。「しまったあああああ!」となります。, 今までこの3つのタスクをそれぞれやっていたところを自動化出来れば、タスク実行への敷居が下がるというもの。その思いで作ってみました。, ショートカットがまだたすくまやLINEに対応していないので、とりあえずLINEの代用としてメッセージに変更しました。そして嫁の強い要望により、メッセージをシンプルな「帰るぜよ」から「今から帰るね(ハートマーク)」と愛を込めた言葉に変更しました。僕は「帰るぜよ」を送ることそのものに愛を込めて自動化したわけですが、嫁に伝えるにはもっと分かりやすい言葉で表現する必要がありました。, 最後にやったのが、このショートカットをSiriに話しかけて実行出来るようにすることでした。, Siriへの登録も結構簡単で、そのショートカットの編集画面の中にあるボタンから、Siriの登録画面を出すだけでした。そこで録音すると、その単語で実行できるようになります。, いやーこれだけでも便利なんですが、2018年9月現在だと、アプリ側がURLスキームに対応していても、ショートカットに対応していないとそれが活かされないのが少し残念です。たすくまも、workflow時代はテキストにURLスキームを書いて実行できたはずなんですけどね、ショートカットになってからは出来ませんでした。, ショートカットに対応するアプリのコードの書き方があるのかしら?きっとこれから対応するアプリがどんどん増えると思います。, 今でも例えば「帰る」とSiriに話したら、現在地から自宅までをナビするとかなら、簡単にやれそうですね。(ひょっとしたらそれくらいは標準で出来るのか? iOS 12で加わったiPhoneの新機能「ショートカット」。いつも行う操作を自動化するアプリで、「メッセージの送信」「地図で自宅へのルートを検索」といった操作を自動化できます。, 「今週のできるネット」では、1週間によく読まれた記事を紹介していきます。今週はiOS 12で加わったiPhoneの新機能「ショートカット」の中級その2を公開。「地図で自宅へのルートを検索」する操作を設定します。, 【iOS12新機能】自宅への経路を1タップで! Googleマップも選べる「ショートカット」アプリ活用(中級その2), iPhoneでの一連の操作を自動化する「ショートカット」は、自宅へのルート検索にも応用できます。Apple純正の「マップ」だけでなく、「Googleマップ」にも対応しているので実用的です。, 【エクセル時短】新関数「IFS」を「IF」に戻すには? 使えないバージョンでの対処法を理解する, Excel 2016から使える新関数「IFS」(イフ・エス)は便利ですが、買い切り型のOfficeや古いバージョンでは動作しないのが難点です。「IF」(イフ)関数に戻す方法を見ていきましょう。, 【俺のメルカリ】価格設定は? コメント対応は? これさえ分かれば怖くない初出品の心得, オジさんの貯め込んだ"資産"がメルカリで売れる――とはいえ、初めての出品は不安も多いもの。「俺のメルカリ」第2回は、最初に押さえておきたいルールや、気になる価格設定のコツを紹介します。, 【Chrome70新機能】要チェック!「Chromeへの自動ログイン」をオフに変更する方法, グーグルのWebブラウザー「Google Chrome 70」では、ユーザーがYouTubeやGmailなどのグーグルサービスにログインした際に、Chromeにログインするかどうかを選択できるようになりました。Chrome 69で批判を浴びた機能に改良が加えられた形です。, 【Googleマップ新機能】交通状況やナビで通勤をサポートする「通勤情報」を設定しよう, Googleマップのアプリに[通勤]タブが加わり、毎日の通勤に関する情報がまとめて利用できるようになりました。電車の状況がわかる情報やナビ機能もあり、スムーズな通勤をサポートします。. All rights reserved. 2019.01.02 19:00; 43,244 iOS 12で加わったiPhoneの新機能「ショートカット」。いつも行う操作を自動化するアプリで、「メッセージの送信」「地図で自宅へのルートを検索」といった操作を自動化できます。 Copyright ©document.write(new Date().getFullYear()); Impress Corporation. iOSの「ショートカット」は、複数の操作やアプリを必要とする一連の作業を予め登録しておくことで、いつでも最短ワンタップで作業を自動化できる時短アプリです。いつもやっているルーテイン操作・作業をまとめて実行することができます。, 「ショートカット」は「アクション」という特定の機能を実行する単一ステップから構成されています。, その単一ステップである「アクション」を追加・組み合わせることで、一連の一つの「ショートカット」を作成することができます。, 例えば「プレイリストを再生」するというショートカットには、2個の連続するアクションから構成されています。, このように、ショートカットアプリには、300以上のアクションが用意されていて、カレンダー、マップ、ミュージック、写真などの標準アプリやその他対応アプリと自由に組み合わせて作成することができます。, しかしながら、ショートカットを初めていちから作成するには、少々ハードルが高いです。 そんな初心者向けに「ギャラリー」と呼ばれるところに既成のショートカットが用意されていますので、まずは、それを「マイショートカット」(自身が作成したショートカットを保存する場所)に登録して利用して見ることをおすすめします。, ちなみに「ギャラリー」の中に使えるショートカットが見つかったら、タップするだけで「マイショートカット」に登録することができます。, その後、必要に応じて自分に合った形にカスタマイズすることで、ショートカットをより理解できるようになると思います。, ギャラリー画面を下にスクロールすると既成のショートカットが並びますが、その最初にある「必須ショートカット」の中から「プレイリストを再生」を選択します。あるいは「すべて表示」をタップすると「必須ショートカット」を縦に一覧表示され、その一覧の中からも選択できます。, 「プレイリストを再生」のショートカットを追加し、再生するプレイリストを選択します。, 再生したいプレイリストを選択します。今回は「プレイリスト№1」を選択します。 (プレイリストは予め「ミュージック」アプリで作成しておきます。), 実際のプレイリストの再生は、マイショットカットに追加されたショットカットをタップすると再生できますが、ウィジェットにも追加できますので、ここからタップすれば、1タップで再生することができます。, ショートカットは「アクションという特定の機能を実行する単一ステップから構成されている」と説明しましたが、実際そのアクションの中身を分析してみましょう。, 「マイショートカット」に登録した「プレイリストを再生」の右上のをタップすると「プレイリストを再生」のショートカットは、以下の通り、2個のアクションから構成されていることがわかります。, それでは、今登録した「プレイリストを再生」のショートカットをいちから作成してみましょう。 その前に、今ギャラリーから作成したショートカットと同じものを作成しますので、一旦削除してくから作成しましょう。削除方法は「プレイリストを再生」ボタンを長押しするとアプリと同様な選択メニューが表示されますので、それで削除してください。, 検索欄からアプリ名やアクション名を入力しても選択できますが、今回は下記のメニューから選択しましょう。今回は「メディア」からアクションを選択します。 「メデイア」アイコンをタップします。, 「プレイリストの曲を取得」の「プレイリスト」をタップします。 次に再生するプレイリストを選択しますが、ギャラリーから作成したのと同様に「プレイリスト1」を選択します。 複数ある場合は「毎回尋ねる」を選択すれば、複数のリストから選択することもできます。 選択後、をタップして「②アクション」を追加します。, 「②アクション」を追加したら、右上赤枠の をタップして、次の画面でショットカット名を入力します。入力後、アイコンをタップして、アイコン・色を変更します。, 「カラー」から赤を選択すると、現在のアイコンが赤に変更されます。 次に「グリフ」を選択して、アイコンを変更します。「完了」を押して次の画面へ。, 詳細画面で変更されているかを確認し、修正する場合は先ほどの手順を繰り返すことで変更できます。「完了」を押して完成です。 マイショートカットに作成したアイコンが追加され、ウィジェットにもアイコンが追加されました。, 以上で、簡単ですが、ショートカットが一連のアクション(単一ステップ)で構成され、時短したい操作のアクションを予め設定しておくことで、最短ワンタップで実行できるショットカットが作成できることが理解できたのではないかと思います。, このショートカットは1タップでプレイリストを再生するのみで、停止・リピートなどのコントロールはできません。その場合は以下の方法を組み合わせることで対応可能です。, ただ、ワンタップで再生・停止もできれば一番よいですが、そのショートカットのカスタマイズは現在研究中です。いい案がありましたら、コメント欄でお知らせください。当ブログでもご紹介します。, 先ほど作成したショートカットを利用する場合、iPhoneとペアリング・接続して、ショートカットをワンタップすることで再生することになりますが、そのワンタップを省略できないか。, それを解決するのが「オートメーション」という新機能です。これはiOS13.1以上より利用可能となります。, 「オートメーション」とは、自分の行動をトリガーとしていろいろなショートカットを起動できる機能です。, 具体的には、指定した操作や位置情報、日付、時間などの条件にあわせてショートカットを自動的に実行させます。例えば「家を出るとWi-FiをOFFにする。」とか「12時になったらお昼休みを通知して1時間後にアラームを慣らす」といったルーチンにしていることを自動化することができます。, ショートカットで設定できる「オートメーション」のトリガーは下記一覧の通りとなります。 これらのトリガーを条件にしてショートカットを作成することでさらに自動化することができます。, それでは、先ほど作成したショートカットにトリガーを設定して、オートメーションを作成して見ましょう。, そのトリガーは「Bluetoothヘッドフォンを接続した時」で、その時にお気に入りのプレイリストを再生するショートカットを作成します。, 「新規オートメーション」の「個人用オートメーションを作成」をタップします。次にトリガー一覧の中から「Bluetooth」をタップします。, 設定画面に従って、接続するBluetoothデバイスを選択・設定し「次へ」をタップします。, 「アクションを追加」をタップして、先ほど作成した「プレイリストを再生」するショートカットと同じ設定でアクションを追加します。, 下記の通り、Bluetoothデバイスが接続した時に、プレイリストを再生する「オートメーション」が完成です。, 実際動かし見ましょう。 Bluetoothヘッドフォンをペアリングし、接続完了すると、ショートカットアプリから下記の通知があります。, 通知をタップすると、再度ショートカットを実行するかと聞いてきますので、再度タップすると、ようやく再生が開始します。, 以上、オートメーションを使用すると、トリガー条件によりアクションが実行されますが、トリガーによっては、上記の通り、ショートカットからの通知により、確認のステップが入ってしまいます。, これでは、自動化と言っても2タップも必要になり、この点は残念なところです。 Bluetoothヘッドフォンを接続してから、ウィジェットにある「プレイリストを再生」ショートカットをタップするのとあまり変わりませんね。, この点ついては、Apple社の公式サイトに掲載されている「ショートカットユーザガイド」に下記の通り、通知確認なしでオートメーションが実行できないトリガーがあることが記載されています。, Bluetooth接続も確認なしでオートメーションが実行できないトリガーの一つなんですね。残念!, パーソナルオートメーションには、作動したときにユーザに確認を求めることなく実行できるものがあります。, 1.「ショートカット」で、「オートメーション」☑をタップします。 2.