『JNN NEWS』(ジェイエヌエヌニュース)は、キー局のTBSテレビ(旧:ラジオ東京テレビ→東京放送)をはじめとするTBS系列 (JNN) が放送している日本のニュース番組の総称。, この名称は、TBSテレビがテレビ以外の媒体でも配信をしているニュースの総称としても使われることがある。, 平日は情報番組の1コーナーとして放送されるほか、独立した番組として土曜日・日曜日の早朝と昼などに放送されている。, 20時54分のスポットニュースだけは例外的に「JNNフラッシュニュース」の題が使用される。, 1959年8月1日のJNN発足以来、TBS系列の全国ネットのニュース番組で、個別に番組名がついていない場合や、全国ネットの情報番組に内包されるニュースコーナーとして放送される(JNN NEWSと明確に名乗る場合)。特に週末昼のニュースは、50年以上にわたって放送されている。, 2009年3月30日から2010年3月28日まで、『総力報道!THE NEWS』の放送に合わせて、平日昼と週末朝・昼の『JNN NEWS』がTBSローカルニュースの『TBS NEWS』とタイトルを統合し、『THE NEWS』に改題。週末最終の『JNN NEWS』はスポーツニュース番組『S☆1』と統合されて「JNN S☆1 NEWS」(ただし番組内の呼称は「S☆1 JNN NEWS」)となり、単独番組としての『JNN NEWS』は一旦姿を消す。ただし、『みのもんたの朝ズバッ!』(以下、朝ズバッ!)、『情報7days ニュースキャスター』が口頭で「JNN NEWS」と呼称する慣習は残り、コーナー名として存続。2010年3月29日から旧『JNN NEWS』、旧『TBS NEWS』が元のタイトルに戻り、単独番組として復活した。同日の『はなまるマーケット』内の「はなまるニュース」までは「THE NEWS」のフォーマットを使い、新しいフォーマットでの放送は『ひるおび!』内「JNN NEWS」から。また、「S☆1 JNN NEWS」も「JNN NEWS」に改称された。, 『Nスタ』放送開始から2017年9月までは『THE NEWS』からの流れでVTR中のテロップ・書体が『JNN NEWS』『TBS NEWS』と共用となっていた。, 2015年9月28日からは編成上の音声がステレオに変更された。しかし当初はスタジオ音声はBGMや効果音も含めてモノラル音源の状態だったが、2017年10月2日からフルステレオ放送になった。, 2017年10月2日からJNNのニュースサイトは、『TBS NEWS』ブランドに統一され、『JNN NEWS』の新しいロゴが登場したが、JNN公式ロゴは存続し、JNN公式ロゴはリニューアル前のものを引き続き使用している[2]。このリニューアルに合わせて朝・昼の定時枠とNスタ・news23では右下にJNN公式ロゴの透かしが入るようになった。, 土曜日は『まるっと!サタデー』の内包番組として、日曜日は単独番組として、それぞれ放送されている。, なお、『まるっと!サタデー』については一部系列局で非ネットとなっており、これらの系列局では単独番組としての放送となる。また、当該番組内の『JNN NEWS』のテロップは、一部を除き同番組独自のフォーマットを使用している。6:59から1分間のエンディングがあるため、『JNN NEWS』は14分間での放送となる。, 1996年5月末の『JNNニュース オンタイム』終了後、週末は『JNN NEWS』として現在に至るが、2000年以降に気象予報士を起用した以外は、ニュース→CM→天気予報→ローカル枠→スポーツという構成は、まったく変わりない。, 2019年4月6日放送分から、週末朝の全国ニュース枠に『東京手話通訳等派遣センター』の協力による手話通訳放送が実施されている。, リアルタイム字幕放送を実施。平日は『ひるおび!・午前』内にて、週末は完全な独立番組として放送。なお、土曜日はTBSほか一部地域において『王様のブランチ』の一時中断番組として放送[3]。また、他地域でも自社制作情報番組の一時中断番組として放送している系列局がある。, 土曜日・日曜日はオープニングがあるが、平日はヘッドラインを伝えた後にオープニングCGを表示してから本編に入る。, 放送中に『NEWS23』・『世界遺産』・『Nスタ』(TBSのみ)・『報道特集』の番組宣伝がそれぞれ入る。また、TBSとローカル枠の差し替えを行わない一部系列局では、2018年9月末まで土曜版の最終項目で『時事放談』に関するニュースを扱っていた。, 2016年10月29日土曜日放送分から、土曜日には気象予報士による全国天気のコーナーが設けられるようになり、そのあとにローカルニュースという構成になった[4]。日曜日はこれまで同様、天気コーナーはない。, 『グッとラック!』内で「最新ニュースラック!」として放送。かつては報道フロアから放送していたが、『ビビット』以降はスタジオの進行アナウンサーがキャスターを兼ねるようになったため生放送のスタジオから報じている。2010年10月1日までは本編に内包されていたが、同年10月4日より2014年3月28日の「はなまる」終了まで、本編のエンディングを早め、ニュースは独立して放送する形に改められた(コーナーオープニングでは画面右上に「はなまるニュース」アイコンを、エンディングでは画面右下に「製作著作 TBS+JNNシンボルマーク"ジーン"」を各々表示。放送終了後の9:52から始まり、9:55ちょうどに終了していた。なお、「ビビット」内の『JNN NEWS』の項目フォーマットは、独自のもの[8] を使用していたが、2017年10月2日から『JNN NEWS』の項目フォーマットのものに統一された。, 『はなまるマーケット』放送時代の2009年3月27日までは番組の非ネット局がある関係でJNN排他協定の規則上、「JNN NEWS」として扱われておらず[9]、「はなまるニュース」として放送されていた。『THE NEWS』がスタートした2009年3月30日からは最後まで非ネットだった山陰放送と宮崎放送でのネットを開始したことにより、JNN協定が適用され、JNN NEWSとして放送されるようになった。, 『ひるおび!・午後』に内包、臨時特番編成時は休止の場合あり。この時間のニュースでは「JNN」の透かしロゴは入らない。, 『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(CBC制作)内で放送。TBS報道フロアから3〜4項目を報じた後、報じたニュースを基に名古屋・CBCスタジオとクロストークが行われる[11]。この番組はCBC、TBSほか一部地域での放送のため、「JNN NEWS」として扱われておらず、「東京から最新のニュース」として放送しているが、項目フォーマットはJNN NEWSのものを使用(CBCスタジオとのクロストーク時のみ独自のものを使用)している。『ゴゴスマ』休止時には放送そのものが無い。, 『新・情報7days ニュースキャスター[12]』内で放送。同番組総合司会の安住紳一郎(TBSアナウンサー)が2〜3項目を報じる。この時間帯のニュースは前身番組の『ブロードキャスター』時代から放送されている。項目フォーマットは独自のものを使用している。, 判明している範囲で記載。ワンコーナーとして放送された枠の歴代キャスターは当該番組の項目を参照。, 参考として、下表では、2010年度から2012年度までの年末年始の出演者を掲載する。, 岩手日報IBCニュース(IBC岩手放送) - 河北新報ニュース・TBCニュース(東北放送), BSNニュース(新潟放送) - 信毎ニュース・SBCニュース(信越放送) - UTYニュース(テレビ山梨) - SBS静岡新聞ニュース・SBSサタデーニュース(静岡放送) - CBCニュース(CBCテレビ)- チューリップテレビNEWS(チューリップテレビ) - MROニュース(北陸放送), BSSニュース(山陰放送) - RSKニュース・RSKエリアトピックス(RSK山陽放送) - tysニュース(テレビ山口) - KUTVニュース(テレビ高知), RKBヘッドラインニュース(RKB毎日放送) - NBCニュース(長崎放送) - 熊日ニュース(熊本放送) - OBSニュース(大分放送) - MRTニュース(宮崎放送) - MBCニュース(南日本放送) - RBCフラッシュニュース(琉球放送), 青森テレビ - テレビユー山形 - テレビユー福島 - 中国放送 - あいテレビ(現在は単独での放送枠なし), 『王様のブランチ』で放送されていたWEATHER BRUNCHから移行。そのため『王様のブランチ・第1部』のWEATHER BRUNCHは廃止された。, 通常は10:25からネットするが、特別編成等でひるおび!を11:30からネットする場合は当該枠を『ひるおび!