google_ad_width=120; NHKの受信契約を知らずにしている方も多いはず、友人やご近所さんの中にも受信料を支払いしていない人は結構多いはず、なんで私だけ払わないといけない??なんて考えると益々解約したくなりますよね?そんなあなたにNHKを解約する解約する手段の一例を… google_ad_height=600; 意外と知られていないことが多く、契約者でもまだ契約をしていない人でも知っておいた方が良いことがあるので参考にしていただければと思います。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 引っ越しも単なる移転となると「移転先でもNHKを契約してください」となるので解約することは困難になります。ではどのようにして引っ越しを理由に解約をしたらよいのでしょうか?, 例えば、「引っ越しで実家に戻る」というのはこちらにとって、とても都合の良い理由になるのです!, その場合は、まず最初の手続きとして、NHKの住所変更手続きページにアクセスして「2つの世帯が1つになる」の”世帯同居の手続き”を行います。, そこには氏名・連絡先・移転日や移転元の住所・移転先の住所などを入れることで簡単に解約手続きをすることができます。, 但し移転先の住所がないと解約はできません!当然移転先=実家となるわけですから、少なからず個人情報を知らせなくてはいけないというデメリットも生じます。一方、知らせたからと言って必ずしも実家に訪問されて調査される訳ではなので、「教えるくらいいいか」と思う方はそれで解約するのも1つの手と思われます。, しかし、NHKも移転を理由に解約をする手口には敏感なようで、契約者の移転先の住所を押えないと解約させない所はいささか納得がいかない所です。上記の様に引っ越しを理由に解約をしたとすれば当然今までの住居には次の住民が引っ越してくることをNHKも想定します。, なので、NHKの職員は新規契約の為に遅かれ早かれ訪ねてくることが考えられるので要注意です。もし解約理由を実家に帰るということにして解約し、その後も今までの住居に済み続けたとして、NHK職員が訪問してきた時にうっかり出てしまい「引っ越しの為の解約」について虚偽の申告が発覚するようなことがあれば、NHK不正解約・不正取り消しとみなされ詐欺罪(10年以下の懲役)に当たる可能性も十分に考えられます。, NHKの新規契約の取り方が、訪問してきて「入らないと訴訟になりますよ」とか「入って頂けるまで帰れないんですよね」など加入しないといけないような強硬姿勢で加入させている話も耳にするので、こちらも狡猾な方法で解約したからと言って法に訴えられてもフェアとは思えません。, 仮にこの場合のペナルティ-としては受信料の2倍の額が追加で請求として課されることもあります。実状、故意に嘘をついて解約をすることは重大な犯罪とみなされてしまうのでリスクも伴うことも承知しておかなくてはいけません。, しかしながら、今回の話はあくまで引っ越しをするという虚偽がばれた時の話で、嘘がばれる可能性はかなり低いと考えられます。そんな理由で訴えを起こされるケ-スは本当に少ないのでしょう。なので「引っ越しを理由に解約する」方法は面倒な手間をかけるよりは非常に手っ取り早い方法といえるのです。, 過去には平成25年には東京高等裁判所で放送受信契約の未契約世帯に対しての民事訴訟が行われて未払い者に対して支払い義務があると判決が下ったケ-スもあります。必ずしも訴訟に直結するわけではないですが、NHKの対応もこの判決以後はかなり強気な対応になっているようですから用心にこしたことはないようです。, Copyright ©  NHK受信料対策室 | Wordpress Thema SINKA, <管理人:アンテナ> ちょくちょくニュースとして話題にあがる”NHKの受信料”関係に関心を持ったのでこれをテーマに情報を体験談を含めまとめています。 NHKの受信契約を知らずにしている方も多いはず、友人やご近所さんの中にも受信料を支払いしていない人は結構多いはず、なんで私だけ払わないといけない??なんて考えると益々解約したくなりますよね?そんなあなたにNHKを解約する解約する手段の一例をあげて説明していきましょう。. NHK解約するために譲渡する場合実家にテレビを譲渡して解約しようと思っています。いろいろ調べたら相手の氏名、住所、連絡先を伝え受信料を払ってることが必須だと知りました。親にも連絡して情報を伝えることに関してokは貰えてるので

google_color_link="000000"; , 1・受信機の廃止等により、受信契約が不要となった場合、次の4つをNHKに届けなければならない。, 2・NHKにおいて上4つに該当する事実を確認できたときは、届出があった日に解約されたものとする。, Sign in|Report Abuse|Print Page|Powered By Google Sites, 読めば、上記のようにNHKに届けて、NHKがそのことを本人に確認すれば解約成立となるはずです。ところがどういうわけかNHKは色々と余計なことを要求してきます。, 「(4)に該当する事実を確認できた」とするためには、リサイクル券の提出や、譲渡先の個人情報が不可欠になるという理屈なんでしょうか?もう一度、受信規約9条を読み直してみて下さい。どうです?ずいぶんと無理のある拡大解釈、越権行為だと感じませんか?, にて現金を渡して処分を委託する事が義務付けられました。「廃棄証明(リサイクル券)」はその際に発行される, 書かれていないNHKの勝手な要求にすぎないので、徹底的に拒否してかまいませんが、さっさと解約を完了させたい人は「実務的観点」から、, 彼らはリサイクル券など発行しないし、そんな業者の名前などいちいち覚えてられません。, ようです。しかし、廃棄証明(リサイクル券)の提出同様、そんな個人情報をNHKに言わなくてはならないという明確な根拠はありません。, 放送法どころか、規約にすら明文規定がない要求など、本来、徹底的に拒否するべきですが、さっさと解約手続きを終わらせたい人は、「実務的観点」から、, プレゼントしておきましょうw。FBやtwitterでの友達ですから、電話番号など知りませ, まあ実際には、そんな凝ったことをしなくても、実家や友人宅などで、受信契約をしている家があるならば、「実務的観点から」自分のテレビも所有して貰うことにして、そこの電話番号を教えとけばすむ話ですけどね。そのうちまたテレビが恋しくなれば返してもらえばいいでしょう。, 「ふれあいセンター」に、テレビを知人に譲渡したという事由で解約を申請した際に、譲渡先の個人情報の提出要請を, 「規約には曖昧なことしか書いてないのに第三者の連絡先まで要求するのは拡大解釈だし職権濫用だと思います。そもそも自分以外のプライバシーを含む個人情報を、むやみに第三者には教えられません。そんなの当たり前でしょ?。また、, こちらの意に沿わない使い方をされる可能性もあるし、情報の管理体制がどうなっているかも不明なため漏洩の危険性もあります。そうならないという保証があるんですか?もしそうなった場合、あなたが責任をとるんですか?」, 「なんと言われましても譲渡先のの住所と電話番号を聞かないと解約できないことになってますので…」, と言って一旦電話を切ったということです。そして、翌日電話をかけてきた営業所の職員は、開口一番あっさり, と言ってきたそうです。「営業所の正職員はオペレーターよりはるかに手強いに違いない」と身構えていた主婦は拍子抜けし、「昨日のオペレーターとのバトルは一体なんだったのか?」と呆れたそうです。(この主婦から当サイトBBSに相談があったのは営業所から折り返し電話が掛かってくる前日でした), この報告例から分かることは、NHKは、解約希望者にテレビの廃棄証明の提出やテレビの譲渡先の電話番号の申告を拒否されても、居住地域の, 廃棄証明の提出や、譲渡先の電話番号を教えろなどという要求は、実際は、何の根拠もない曖昧でいい加減なもので、結局は、気の弱い人や情弱な人に解約を諦めさせるためのコケ脅しにすぎず, 「内容証明」がどういうものかも理解せずに、NHKに対して軽いノリで「あ、じゃあ内容証明で解約申請しますけどいいですか?」みたいに言って、NHK職員に軽くあしらわれる人がいるようです。「内容証明」を使った解約に興味を持った人は、面倒臭がらずに必ず、, 「『ないようしょうめい』って何?」とか思ってるような人は、こういうことには関わらないのがベタ-です。, 「リサイクル券を発行しない業者にテレビを引き取らせた」と言ったところ、対応したNHK職員が「ほんとですか?違法ですよ、それ」などと言ってきて、思わず動揺して向こうのペースになってしまった、などという情けない報告もありましたが、そんなカマかけで一々動揺してるような気の弱い人は、このページに書いてあるような方法を使うべきではないでしょう。もちろん廃家電業者に引き取らせることは違法でもなんでもないし(違法なら廃家電回収業者は取り締まられてるはず)、仮に家電リサイクル法や廃棄物処理法もしくは自治体のゴミ条例などに抵触する部分があったとしても、そんなことNHKにはなんの関係もない話で、大きなお世話です。そんなことを言われたら「ハァ?何法の何条に触れてるの?仮に違法だとしても、それがなんだと?NHKさんが『この人ゴミの捨て方間違ってますよ』と警察に届けるとでも?」と切り返しましょう。, 「テレビを実家に送った」と言ったところ、NHK職員に、「じゃあ、テレビを送った宅配便の半券を提示して下さい」と言われ、動揺してNHKのペースにはまってしまった、などという情けない報告もあります。もちろん、「そんなもん捨ててしまってありません」と言えばそれまでだし、そもそも、そんなものを提出しなければならない法的根拠は一切ありません。, こんな陽動作戦で一々動揺して切り返すこともできないような機転の効かない人は、そもそもこのページに書いてあるような方法で解約を目論むなど、止めておいた方がいいでしょう。.