そこで、わたしの考える「アイドル育成の正しさ」から、この度の「ジャニーズJr.内ユニットSnowManの増員」について、考えていきたいと思います。, 素材、つまり輝くスターになりそうな素質のある子、ダンスが上手な子、歌がうまい子、顔が可愛い子、そういった子たちを、おそらく年齢は10才~15才くらいがいいでしょう、とにかく集めます。. 2月4日、佐久間大介くん. ダンスレッスン、ボイストレーニング、演技レッスン、ときに先輩アイドルのサポート、見学...etc. | こんにちは、Snow Manを担降りした人です。 このブログも一周年を迎えております。 最初のブログから一年がたち、信じられないほどにSnow Manという名前を姿を見かけるようになりました。. 1月28日、宮館涼太くん.

昔馴染みにおめでとうといわれなんと返したらいいのかわからないなんてこともありました。 こんにちは! これから、Snow Manについて質問します; 準備は良いですか? では始めます; まず、Snow Manを好きになったきっかけは? 誰担? 私は佐久間担です! 副担はいる? 副担は誰? 深澤くんのイメージは? 2月11日、阿部亮平くん.

SnowMan増員発表のあと、 1月21日、渡辺翔太くん. ブログを報告する.

2月6日、深澤辰哉くん. こんにちはー!舘さまよりの箱推しのsnowman担です。と、何度挨拶したのかもう覚えていません。これは、成人したばかりのsnowmanを担降りする人間の叫びです。 レポートが、常に赤ペンだらけの人間なので読みづらいと思います。ですが、良かったら読んでって下さい。

できあがっているグループの形を壊す必要があるということは、彼らの活動が停滞しているからでしょうか?, 毎月アイドル雑誌に掲載され、外部の舞台への出演、事務所の舞台へのコンスタントな出演、オリジナル曲は増えるばかりで、横浜アリーナで単独ライブを満員にできるグループが、停滞なんてしているでしょうか?, Jr.として毎年同じ仕事をこなすことを停滞というのなら、それはグループではなくて、デビューさせない事務所に問題はあるでしょう。, シングルCDやアルバムCDが出せなければ、オリジナル曲は一年に一曲、がんばっても舞台ごとに一曲で一年に三曲とか、四曲とか。, めめの活動はわたしはあんまり見たことなかったけど、嵐のバックについてくれたり、なにより宇宙sixというグループで、もがいて、あがいて、絶対に売れてやると必死にがんばっている姿、見てたよ。FINE BOYSのモデルに決まった時はうれしくて、がんばれーって気持ちを込めて購入してました。, 「受け入れるのは難しいことかもしれないけど、俺たちは待ってるから、これからもSnowManについてきて欲しい」, こんな時代です、発表後、ファンやファンじゃない人が大騒ぎしていたことは、事務所にも、メンバー本人たちにも、わかっていることでしょう。, そしておそらく、どんなことが、こうしたブログや、ツイッターに書かれているのか、読んでいるでしょう。, kizu_atoさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 初めまして。殴り書きします。 使い方がよくわかりません。記憶も曖昧。 (*´-`)です。私のSnowManもとい宮舘担人生は少なくとも2011年より。 私が担当と歩んできた道はコチラ 無所Jr.

歌がうまいメンバー、ダンスが上手なメンバー、ボケ役、ツッコミ役......etc. 個性を持ち、輝き始めたアイドルのたまごたちを、求めるグループのコンセプトに合うか、選びます。, 持ちうる限りの手札、つまりアイドルのたまごたちの中から、求める要素を持った子たちを選び出します。, グループのコンセプトに合ったアイドルの卵たちをピックアップしたら、実際にグループを組んでみましょう。, 問題があればたまごたちを組み替え、ときに足したり、引いたり、"アイドルグループとして活動できる状態"を作り上げていきます。, この度のSnowManの増員、また滝沢秀明さんの「メンバーの組み換えやユニット結成も積極的にやっていこうと思います」という発言は、正しいことのように思える。, ジャニーズ事務所のいままでのJr.の扱いは、上記の「わたしが考えるアイドル育成の正しさ」とは、まったく異なるものだった。, 「ジャニーズJr.」はもはやブランドで、デビュー組と違うところといえばCDやDVDがリリースされないことくらいで、テレビ出演、外部舞台、映画、単独舞台、単独コンサート、グループごとのオリジナル曲だって何曲もあって、もう"完全な"アイドルグループだった。, だって彼らは、もうメンバー同士の相性も良く、むしろ固い絆で結ばれていて、整ったフォーメーションで舞うことができ、MCやメインボーカル/メインダンサー/芝居班...etc.個人のキャラクターや役割があり、横浜アリーナを単独で埋めるほどのファンが付き、グループの形を形成できていた。, わたしは、ABCに橋本良亮くんが加入した話については、当時をリアルタイムで追っていたわけではないので何も言えません。, でも、TravisJapanに松松が加入したことと、SnowManの増員がまったく別の出来事であることはわかります。, HiHiJetsに作間龍斗くんが加入したことと、SnowManの増員がまったく別の出来事だということはわかります。, それが、ひとり抜け、ひとり辞め、またひとり抜け、またひとり辞め、いつのまにか、5人になっていました。, 5人になったTravisJapanは、はっきりいって、もうグループの形を成してはいませんでした。, これはものすごく感覚的な話で、5人でもTravisJapanはやっていけたと考える人もいるでしょう。, また、9人時代が完璧な形だった、8人時代が...、7人時代が...、6人時代が...、それぞれあるでしょう。, しかしわたしは、TravisJapanではなくなっていったメンバーたちは、"削られた"のだと考えます。, きっと人間には見えない「TravisJapanのグループの形」があって、そこに当てはまらないメンバーは、去っていったのだと思います。, これは自然な流れで、川の石が下流に流れるにしたがって丸くなるように、グループ全体が磨かれたのです。, そして、穴の開いたパズルになったTravisJapanに、松倉海斗、松田元太というピースが加わり、「TravisJapanのグループの形」ができあがったのです。, HiHiJetsに関しては、まだできたばかりのグループなので、上記の「わたしが考えるアイドル育成の正しさ」に照らしても、3,選ぶ、4,組み合わせる、の段階にあると考えることができ、「グループの形」を作り上げるために、自然なことだったのではないでしょうか。, それから5年以上、彼らは、共に、増えることも減ることもなく、6人で、先輩のサポートにつき、学び、自分たち個々とグループを磨き上げ、横浜アリーナで単独ライブを満員にできるくらいになった。, これはもう、完全に、確実に、「SnowManのグループの形」できあがっていますよね?.

Snow Man(ジャニーズ)が好きな人に50の質問.