Copyright © もくだいさんのOffice365至高のレシピ All Rights Reserved. Teams は、チーム メンバーとの会話を交わす場であるチャネルで構成されています。 チャネルは teams の内部に配置され、フォルダー内でのファイルの順序が変わります。 各チャネルは、特定のトピック、部署、またはプロジェクトの専用として機能します。 (相応しくない)コメントの削除 2.  - 講座内の Q&A Microsoft Teams PowerShell は、PowerShell コマンド ラインから直接 Teams を管理するための一連のコマンドレットです。Microsoft Teams PowerShell is a set of cmdlets for managing Teams directly from the PowerShell command line.  - 講座の事前・事後アンケート その横に … 返信の制御 機能的にはここらへんに留まります。そうするとシンプルなのかな?と思いきや、その設定方法や組み合わせが複雑だったり、設定項目から挙動が連想しづらかったりします。スレッドや返信の制御ができるという事は、しっかり … By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. When channel moderation is on, only moderators can start new posts.  - 連絡のやりとり Teams は、チーム メンバーとの会話を交わす場であるチャネルで構成されています。 チャネルは teams の内部に配置され、フォルダー内でのファイルの順序が変わります。 各チャネルは、特定のトピック、部署、またはプロジェクトの専用として機能します。 Teams の一般チャネルの "ファイル" タブ (= SharePoint Online のドキュメント ライブラリ内の "General" フォルダー) は、講師はファイルの編集ができて、他のメンバーは閲覧のみとなります。, "General" フォルダーのみ固有の権限にしてるので、他のチャネルのファイル タブや操作に影響はありません。, Teams はリリースされた時から、Office 365 の様々な機能をうまく活用したサービスだなー、と思っていました。特に第一印象としては、SharePoint Online と Groups のフロントエンド アプリという位置付けで考えてて、今回の設定の裏付けとしては、下記の Microsoft のドキュメントを参考にしていました。, How SharePoint Online and OneDrive for Business interact with Microsoft Teams 先週、 Microsoft Teams にチャネル単位で設定できるモデレート機能が展開されました。すぐに記事を書こうと思ったんだけど触れば触るほど意外と奥が深く…。記事の書き方が難しいなと思って保留していましたが、とりあえず何回かに分けて投稿しようと思います。 チーム メンバーのアクセス許可を設定する, Teams でのチームとチャネルの概要, すべてのページ フィードバックを表示, 以前のバージョンのドキュメント. 既定では、非プライベートチャネルは unmoderated であり、だれでも投稿、応答、投稿に返信できます。 チームの所有者は、チャネルに対してモデレーションロールを設定して、これを制御できます。 所有者は、チームメンバーをモデレーターとして追加することもできます。 https://microsoftteams.uservoice.com/forums/555103-public.

- 2017 年は、OneDrive の Log あつめ – CollectSyncLogs.bat Teamsの新機能のページで2019年8月30日に更新があり、モデレーションの機能が追加されたことが発表されました。どのような機能なのかを解説いたします。Microsoft Teamsの新機能のページ以下のページで実装された新機能の情報が通 Teams は何かのプロジェクトチーム単位で作成し、プロジェクトチーム内の大きなタスクや議題単位でチャネルと作成します。ほかにもアナウンスメント専用のチャネルなどもあるでしょう。そういった時にメンバーに投稿してほしくない場合、「モデレーション機能」を利用して投稿することができるメンバーを限定することが可能です。, チャネル設定機能は、チャネルごとに「モデレータ」という役割を設定し、その人だけが「投稿を開始」出来るようにします。, 設定項目に「 誰でも投稿できます。投稿が全員に通知されることを示すアラートが表示されます (大規模なチームに推奨) 」とあります。これは特定のメンバーのみ投稿を許可しているということで、何かしらの「アナウンスチャネル」という意図で運用されることを想定していると思います, 一般チャネルに設定して投稿画面を確認したところ、アラートは通知される人数も込みで表示されています。, このオプション、本当に大規模な組織、チームの場合は「自分とモデレータが返信できる」は使用したほうが良いでしょう。アナウンス投稿についての質問や建設的ではない議論が続いたら嫌ですもんね。, 逆に少人数のチームでは、全員が返信できるようにしておいて、例えば総務からのアナウンスに対して返信(質問)をできるようにしておけば、同様の疑問を持った人がいてもメンバーとの過去のやり取りを読むことで個別問い合わせをする必要が無くなりますからね。, 個別質問を受け付けた投稿者は、アナウンスメントにFAQを追加するのはもちろん、一番最初の投稿を編集してFAQを追記すると読みやすくなるでしょう。, 個別のチャネルでは、作成時点ではゲストに投稿を許すかどうかだけのオプションがあります。, 「一般」チャネルはチームの所有者のみがモデレーターでしたが、個別のチャネルではモデレータを(チームの所有者は外せない)追加することができます。, これにより、チャネルの管理者(プロジェクトリーダー)=モデレータを指定し、投稿内容をコントロールすることができます。, 投稿そのものは、モデレータ(+チーム所有者)だけが投稿することができます。その投稿に対して返信をメンバーに許可するか?を指定することになります。, プロジェクトチームの情報共有の場所として Teams を利用するわけですが、Teamsのすべての投稿についてPMが責任を負うのはちょっと大変です。プロジェクトタスク(チャネル)の内容によってはリーダーを決めてその人にタスクのコントロールをしてもらう必要もあるでしょう。, ちなみにモデレーション機能を使うとチーム所有者以外にはだれも投稿できないチームを作ることができますが、それは無意味なので辞めましょう。, SharePoint のニュース機能のほうが、ビジュアル的にも検索しやすさも優れています。, もちろん SharePoint のニュースが投稿されたら、Teamsの特定のチャネルにニュースへのリンク付きで自動投稿することが可能です。. このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。. 3.既定の設定があります. ョンが有効になっている場合、モデレーターのみが新しい投稿を開始できます。. - 2016 年は、OneDrive for Business の Troubleshooting の基本 また、このあたりのチャネル毎にアクセス権を変えたいとかのリクエストは、Microsoft の Teams の User Voice にもあったので、こんなことしなくても (Slack みたいに) UI から個別に管理できるようにしてほしい!って人は、ぜひ Vote しましょう! Support for Private Channels (相応しくない)ユーザーをブロック 3. でも、Teams からの設定だけでは、下記のようにメンバーのアクセス権を細かく設定できません。, 今回は例として、一般チャネルの "ファイル" タブのアクセス権を、講師 (所有者) は編集可能にして、受講生 (メンバー) には読み取りのみのアクセス権にできるようにしてみます。, まずは、"ファイル" タブを見ると、右端に "SharePoint で開く" ボタンがあるので、こちらをクリックします。, すると、次のように SharePoint Online のドキュメント ライブラリが開きます。, そして "このドキュメント ライブラリに対する権限" を開くと、下記のようにドキュメント ライブラリの権限が表示されます。, この "要素技術実習 IoT on LPWA (これはサイト名) メンバー" の中には、チームを作成した時に作られる Office 365 Group アカウントが入っています。これを、"(サイト名)メンバー" から "(サイト名) 閲覧者" に移してあげればよさそうですが、これをやってしまうと SharePoint Online でメンバーがアクセスする他のサービスの利用にも影響ができてしまいます。 - 2015 年は、PowerShell を使って、Office 365 で利用しているすべてのサイト コレクションの使用容量を表示する, 今年は、Teams をメインの社内のコラボレーション ツールとして使ってきたので、その時に基本機能のとして提供されていなかった、チャネル毎にアクセス権を変えてみたので、その共有です。, 私は社内でエンジニアの教育を担当することが多く、その際の受講生とのやり取りをすべて Teams でやってきました。, - 講座で使うファイルの共有 technology. _layouts/15/ の後ろに "sitemanager.aspx" を直接入力します。, すると、ちょっと懐かしいような、モダンじゃない UI の "サイトのコンテンツと構造" が表示されます。, "General" フォルダーにマウスカーソルを合わせて ▼ をクリックして、"権限の管理" を選択します。, あとは、このフォルダーのアクセス権を固有のアクセス権にするために、権限の継承を中止します。, これで、このドキュメント ライブラリ内にある、一般チャネル用の "General" フォルダーに固有の権限をつけることができます。 https://docs.microsoft.com/en-us/microsoftteams/sharepoint-onedrive-interact, 今年の OTA Hirofumi さんの投稿で紹介されていた、 Microsoft Ignite 2018 BRK3118 – Microsoft Teams architecture update を観て、Teams の Logical Architecture と High Level Architecture は、関係性がわかりやすくてすごく参考になりました。また、他の機能のアクセス権を変更する時にどのあたりを確認すればよいかわかるのでこれは、当面のリファレンスになりそうです。, また、このあたりのチャネル毎にアクセス権を変えたいとかのリクエストは、Microsoft の Teams の User Voice にもあったので、こんなことしなくても (Slack みたいに) UI から個別に管理できるようにしてほしい!って人は、ぜひ Vote しましょう!, Support for Private Channels >チャンネルの管理] をクリックします。, [モデレーターはだれですか] の下で、[管理] をクリックし、チームメンバーをモデレーターとして追加または削除します。, [チームメンバーの権限] の [モデレーション] をオンにした後、許可するアクティビティの横にあるチェックボックスをオンにします。 以下のオプションがあります。, Teamshttps://docs.microsoft.com/en-us/microsoftteams/manage-channel-moderation-in-teamsでチャネルのモデレーションを管理, Microsoft Teamshttps://docs.microsoft.com/en-us/microsoftteams/limits-specifications-teamsの制限事項と仕様, 注:  Teams でチャネルのゲストのアクセス許可を設定するには、次の操作を行います。 アプリの左側にある [ Teams ] を選択します。 チーム名に移動し、[ その他のオプション ] > [ チームを管理 ] の順に選択しま …

 - その他, そんな時、講師と受講生の立場からすると、講師が共有するファイルやサンプル コードなどは、みんなが使うものなので読み取りのみで、編集はさせたくないわけです。 この設定は、SharePoint Server 発行インフラストラクチャがアクティブ化されたサイトコレクション機能である場合にのみ使用できるのですが、URL 直打ちでも利用できます。

Team owners and moderators can add and remove other moderators. 既定では、非プライベートチャネルは unmoderated であり、だれでも投稿、応答、投稿に返信できます。 チームの所有者は、チャネルに対してモデレーションロールを設定して、これを制御できます。 所有者は、チームメンバーをモデレーターとして追加することもできます。 適切なトピックへの誘導 あたりを想像していました。実際は、 1. 既定では、非プライベートチャネルは unmoderated であり、だれでも投稿、応答、投稿に返信できます。 チームの所有者は、チャネルに対してモデレーションロールを設定して、これを制御できます。 所有者は、チームメンバーをモデレーターとして追加することもできます。 モデレーターを設定すると、たとえば、お知らせチャネルや特定のトピックに関連するチャネルなどを作成する場合に役立ちます。, チームメンバーが既存のチャネルメッセージに返信できるかどうか、また、ボットとコネクタがチャネルメッセージを送信できるかどうかを制御します。, 注: 既定では、チーム所有者はチャネルモデレーターであり、削除することはできません。, チャネルに移動し、[その他のオプション] をクリックして [チャネルの管理

Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. Why not register and get more from Qiita?

> します。, [新しい投稿を開始できるユーザー] で、[ゲスト以外のすべてのユーザーの投稿を開始できるユーザー] の横にあるボタンをクリックします。, 特定のモデレーターに名前を付けたり、チームメンバーをモデレーターとして含めるには、[モデレーション] をオンにします。, チャネルのモデレーションがオンになっている場合、モデレーターのみが新しい投稿を開始できます。, チャネルに移動して、[その他のオプション] をクリックし Help us understand the problem. でも、このあたりで権限を変えればできそうな雰囲気ですね。, そこで、もう一度 SharePoint Online のドキュメントを見てみると、ドキュメント ライブラリには、Genral (一般) というフォルダーと、その他チャネル毎にフォルダーができています。 コメントの承認 4. これは完全に僕の勝手な主観ですが、モデレーターって言うと何となく 1. チーム メンバーシップTeam membership Microsoft Teams が組織全体に対してアクティブ化されると、指定されたチーム所有者は、共同で作業する従業員をチームに参加するよう招待できるようになります。When Microsoft Teams is activated for your entire organization, designated team owners can invite any employee they work with to join their team. この、フォルダー毎にアクセス権を管理すればよさそうです。, そこで、ライブラリ内の個別のフォルダー毎にアクセス権をつけるために、[サイトのコンテンツと構造] という設定サイトを使います。 チーム メンバーをチャネルのモデレーターとして追加する方法を含む、Microsoft Teams でモデレート用にチャネルを設定する方法について説明します。 Microsoft Teams では、チーム所有者が組織内のユーザーを名前に基づいて追加することが簡単に行えます。Microsoft Teams makes it easy for team owners to … What is going on with this article? Teams の通知について何も変更しなかった場合、@メンション、ダイレクト メッセージ (チャット)、およびチーム リストに表示されるチャネルやチームのすべての新しい会話や @メンションについて、デスクトップ通知とアクティビティ フィード警告の両方が送信されます。 (テナント名).sharepoint.com/sites/(サイトコレクション名)/_layouts/15/sitemanager.aspx, OneDrive for Business の Troubleshooting の基本, PowerShell を使って、Office 365 で利用しているすべてのサイト コレクションの使用容量を表示する, https://docs.microsoft.com/en-us/microsoftteams/sharepoint-onedrive-interact, BRK3118 – Microsoft Teams architecture update, https://microsoftteams.uservoice.com/forums/555103-public, "(サイト名) 閲覧者" グループに、メンバーグループに入っていた Office 365 グループを追加。, you can read useful information later efficiently.